スポンサーリンク

1Satoshi 単位 ビットコイン最少単位 Satoshi(サトシ)

シェアする

satoshi nakamoto

ビットコイン単位に「satoshi」という日本人の名前みたいなものがあるの知ってますか?

そして、通貨の単位には、いくらか種類があることを。

有名なのはBTCという単位になりますが、1BTCと書いて「1ビットコイン」と呼びます。

「BTC」の他にも「XBT」といういい方もできますよ。

その他にも、ビットコインの最少単位「satoshi」や「mBTC」「μBTC」などの単位も存在します。

それでは、順番に「ビットコインの単位」について記載していきます。

「ここで問題」

さて、ビットコインで利用されている単位で【1satoshi】サトシはいくらでしょうか?

BITCOINの最少通貨単位は「satoshi」ですが、

仮想通貨取引ではBTCで換算されて表示されるため、Satoshiという通貨単位を見ることはほとんどありません。

そんなに小さい仮想通貨の単位「サトシ」は日本円でいくらになるの?という疑問が多いようですね。

【ネタバレ】

  • 1satoshiはビットコインの最少単位
  • 1BTC=100万円なら1satoshiは0.01円
  • satoshiは、1ビットコインの1億分の1
スポンサーリンク

ビットコインの単位:satoshi

Satoshiとは、ビットコイン(BTC)の最少単位のことです。

厳密にいうと、0.00000001BTC=1Satoshiとなります。かなり小さい単位でゼロが何個ついているのかわかりにくいてですね。

ビットコインの技術論文の著者である「satosho nakamoto」の名前が由来となっています。日本人の名前が使われていますが、案外、日本人ではないような気がします。

ポケモンの主人公の名前も「サトシ」ですよね。

ビットコインの開発者はかなりの日本アニメ好きではないのかと推測できるのですが、真相はどうなんでしょうか。

実際に。Satoshiを使用してみるとわかりやすいかもしれません。

XBT

BTCはビットコイン(BITCOIN)の頭文字を取った呼び名。

ISO 4217で特定の国籍に依存しない場合に、先頭にXを付けることからきています。

ビットコインの単位を示す場合は(BTC)を利用することが一般的ですが、ブルームバーグなどの一部の金融情報のメディアではビットコインの単位を「XBT」と示すところもあります。

XBTを利用している海外サイト

XBT - Bitcoin rates, news, and tools
Get Bitcoin rates, news, and facts. Also available are BTC services like cheap money tranfers, a XBT currency data, and more.

XBTの「BT」はビットコインの頭文字ですが、Xはどこにも所属していないという記号の意味です。

通常の通貨の単位は頭文字の2文字が国を表します。

例えば、日本円のJPYの「JP」はJAPANの頭文字のJP。Yは円のyenのYです。

ドルはUSDと表記されますが、「US」はUSAの頭文字でDはdollerのDです。

USDやJPYなど法定通貨と交換されるようになってから、面倒なことになってきたので、頭文字に「X」をつけるようになりました。

この表記方法は、国際基準ISO4217で決められており、頭文字は国を表し、最後の1文字でその国の通貨を表すことになっています。

ISO4217 http://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_4217

また、国の通貨ではない場合は、銭湯はXで記載されることになっており、例えば、金(GOLD)はXAUと表示されmさうす。

ビットコインは特定の国などが管理していないP2P(個人間取引)でなりたっているもので、ISOに従うと、非中央集権の通貨となっているので「X」がついているということです。

ただ、馴染みのないところが多いようで、従来のBTCを利用しているということです。

参照:

Satoshiの単位について!ビットコインの通貨単位「サトシ」1Satoshiって日本円でいくら?
ここではビットコインで使われている通貨単位BTCや「サトシ」(Satoshi)について詳しく解説しています。そもそもサトシってなに?1Satoshiは日本円でいくらなのという疑問にもお答えしていきます。

参考(英語サイト)
Bitcoin: XBT or BTC?
http://cointext.com/bitcoin-xbt-or-btc/

mBTC(ミリビットコイン)

1mBTC=0.001BTC

千分の1のビットコインの単位です。

決済や送金で1BTCからしか使えないというのでは、ほとんどビットコインホルダーが利用できませんよね。

1BTCを1000の1で表記すると、0.001BTC=1mBTCという単位です。

1BTCが日本円のレートで100万円ならば、1mBTCは約1000円となります。

μBTC(マイクロビットコイン)

1bits(μBTC)=0.000001BTC

μBTC(マイクロビットコイン)とはmBTCをさらに小さくした、BTCの100万分の1の単位です。1BTCの1/1,000,000の単位です。

1マイクロビットコインは1bits(μBTC)という単位でも表記可能です。

1BTCが100万円とすれば、1μBTCは1円となります。

satoshi(サトシ)

1satoshi=0.00000001BTC(最小単位)

ビットコインで最少単位です。一億分の1の単位になります。

口座登録やプレゼントキャンペーンなどで利用されることが多いです。

価値が微小な草コインを購入する時に利用することが多い単位となります。

In January 2018, 1 Euro cent is worth approximately 83 satoshi.

satoshi の英語で解説

1Satoshi:JPY(日本円)価格はいくら?

仮想通貨ローンチ

具体的にはビットコインの価格は常に変更しているため、いくらということは明言できません。

1Satoshi(サトシ)は0.00000001BTCということは前述していたとおりです。

1BTCの一億分の1が1satoshiになるので、1BTCが一億円の価値があれば、1satoshiは1円となります。

現在は、1BTCが100万円前後となっているので、1satoshiは0.01円と考えてよいでしょう。日本では、1円以下の支払は一般的にはありえないため(1円以下の通貨がない)、ビットコインの価値が1億円以上を超えない限り使う機会はないかもしれません。

将来、ブロックチェーン技術が進歩して、ビットコインの価値が1億円を超えた時にはじめて、satoshiという通貨単位が市場で使われるかもしれませんね。

実際にsatoshiが使われている市場いえば、「草コイン」と呼ばれる価値の小さなコインを購入する時でしょう。

ドージコインは草コイン?

ドージコインは草コイン?

こういった「アルトコイン」は市場にまだ出回ってないことが多く、つまり価値すらついているかどうかの段階なので、小さな単位が必要です。

そういった「草コイン」購入の際にsatoshiを使って更に小さな仮想通貨を買い、その通貨と更に交換するという形になります。

最近までXPやTRXといった草コインだった仮想通貨トークンが、市場で爆発して価値のある通貨になることもありますから、侮れないでしょう。

というわけで、実際に使用されている例としては、「草コイン」と呼ばれるアルトコイン(オルトコインとも呼ぶ)ものを購入する際に利用されているということです。

アルトコインをBTC建てで換算した時に、

現在、1XPという仮想通貨トークンは100satoshiで換算さでます。

というよなうな使い方ができますね。

1 Euro cent is worth approximately 83 satoshi.

In January 2018, 1 Euro cent is worth approximately 83 satoshi.

2018年1月の時点で、1ユーロセントは約83satoshi の価値がありました。

計算方法

satoshi 換算

1BTC=1,000,000の場合、1Satoshi=0.01円となります。

0.00000001BTC=1Satoshi

つまり、1BTCの一億分の1が1satoshiということです。

計算方法としては、自分の知りたいBTCを1億倍すれば、satoshiで換算できるということですね。

実際にsatoshi で計算する場合には、satoshiを円換算/BTC換算するツールがあるので、そちらを利用してトレードすることになるでしょう。(後述で詳しく説明しています)

いちいち一億倍しているトレーダーはいないと思いますよ(‘ω’)ノ

そして、ビットコイン(BTC)のプロトコル(原案というべき)上ではSatoshi単位で扱われるます。主要なAPIでもSatoshiで表示することが多く、桁を間違えやすいので注意しなければなりません。

しかし、実際に仮想通貨取引をする場合に置いて、Satoshiの単位を目にすることは少なく、ほとんどの場合は0.001BTCとして記述されることがほとんどです。

546Satoshi以下の支払いはdust【ダスト】

将来は、1Satoshi以下の単位も扱える可能性もあるそうです。および543Satoshi以下の支払いはdust(ダスト)と呼ばれており、通常は承認されないということです。

SatoshiはBitcoinの最少単位であり、小さすぎて「ゴミ」扱いされてしまうぐらい小さいものということです。

1円分の価値:satoshiはいくら?

価値satoshi

ビットコインの価格が日々変動するので、1円分のsatoshiも変動します。

現在は、1BTCが100万円程度なので、

1円分のsatoshiは約100satoshiとなります。

1BTCが200万円だった時を考えてみると、

1円分は200satoshiとなります。

勘違いしやすいのが、1satoshi=1円と思っている方が多いようですが違います。

satishiは日本円(JPY)よりも通貨単位が小さいので1円=1satoshi ではありません。

1ビットコイン(BTC)の1億分の1が「1サトシ」

サトシ

1BTCの価格が日本円で100万円とすれば、1satoshiは0.01円の換算になります。

現在は100万円程度だと仮に想定すれば、1satoshiは0.01円となりますね。

将来において、BTCが1000万円になれば、1satoshiは0.1円となる。

草コインと呼ばれる価格の小さい(まだ価格がほとんどついていない仮想通貨トークン)を購入する場合は、satoshiよりも単位が小さくなってしまうため、Doge(ドージ)コインといった他の仮想通貨に交換して購入する場合が多いようです。

satoshiよりも更に小さい単位の仮想通貨を購入するって考えると、まるで微生物にでも交換しているような感じですね。

satoshi「BTC単位」で草コインを購入

通常のビットコインを購入する取引では、ほとんど使用されないsatoshi単位です。

草コイン」とよばれる非常に価値の小さい仮想通貨(上場してまだ価値がついていない仮想通貨トークン)を購入する場合は、satoshiを使うことがあるようです。

イケダハヤト氏がやたら薦めていた草コインなどの価値の小さい仮想通貨トークンは、

バイナンス】などの海外の仮想通貨取引所では盛んに売買されています。

バイナンス

最近まで流行っていたXPと呼ばれる草コインは、プロブロガーのイケダハヤト氏が流行らした仮想通貨トークンとしては有名ですよね。

日本では取扱いが微妙な匿名通貨であったり、本当に価値があるのかどうかわからないICOした仮想通貨トークンも沢山あるんです。

コインチェックのハッキング事件でNEMが流出してしまい、国内では匿名通貨や詳細不明な仮想通貨トークンは取扱いができなくなってしまいました。(匿名性の高い通貨、例えばモネロやダッシュなどの仮想通貨を取扱いすることは、国内取引所ではできなくなりました。)

コインチェック記者会見

草コインの要は、【流行るかどうかというところが焦点】なので、将来利用できなくても高いところで売り抜けられたらそれでOKという投資も多いと思います。

※ビットコインでさえ、まだまだ利用されているところはほんのわずかです。

話がそれましたが、

そういった非常に価値が小さい仮想通貨を購入する場合は、satoshi単位を使いますので、購入する際はゼロの数を間違えないようにしましょう。

【草コイン購入するならバイナンスでどうぞ】

1satoshi以下の草コインは「shit coin」クソコイン

草コイン XP

誰か開発者かわからないような怪しいコイン、詐欺コインは「シットコイン」【shit coin】と呼ばれており、価値がほとんどない【草コイン】とも呼ばれています。(それでも売買があったりする)

草コインは、1円の数千分の1の価値があったりするものもあるので、博打好きな投資家は好んで買っている。(一生価値がつかない場合も多い)

ADAコインという仮想通貨は元々、草コインと呼ばれていた【shit coin】でしたが、実際は多数の取引所に上場して、しっかり価値がついた一例です。(奇跡!)

その他にもVergeコインと呼ばれる仮想通貨も草コインだったようです。(怪しすぎて大金つぎこめませんけどね。)

有名取引所に上場すれば、数万倍という価値に跳ね上がる可能性もある草コインですが、ネットの中のゴミクズとなる可能性も高い暗号通貨トークン。

100円で10000通貨買えたりするのでお得感はありますが、価値がないものを沢山もっていても将来はどうなることやら。

夢のある暗号通貨とは言えますが。。

宝くじを買ったつもりで楽しむというなら、一手ありかもしれません。

実際は、価値のつかない草コインがほとんどというところなので、あまり大金を入れ込まない方が賢明ですね。。

【草コインという宝くじを購入するならバイナンスでどうぞ】

Satoshi Nakamoto BTC(satoshi)の開発者

開発者の名前が「ナカモトサトシ」ということを前述しましたが、

このサトシという単位は1BTCの1/100,000,000の単位(1億分の1)です。

つまり、1BTCが一億円になった場合において、やっと1円になるというわけです。

2018年の5月現在で、1BTCが80万円程度なので1円以下ということになります。(小さい単位なのであえて計算はしませんが)

satoshi nakamoto

ナカモトサトシと思われた人物だったが、否定された。

ナカモトサトシ」が作成したビットコインの最少単位「satoshi」ですが、実際に仮想通貨の取引所で見かけることは、ほとんどありません。(BTC表記で十分足りているため)

インターネットでsatoshiをよく見かけるのは、取引所の口座作成や販売所でのプレゼントキャンペーンでしょう。

参考にGMOコインで口座を作成すると、20000satoshiが貰えるキャンペーンを紹介しておきます。GMOコインで新規で口座作成すると、ビットコインの最少単位satoshiで仮想通貨が貰えます。

口座作成するだけで、ただで仮想通貨をもらえますので、さくっと口座作成しておきましょう。

サトシナカモトは正体不明

ビットコインを開発した【サトシナカモト】が人物なのか、それとも組織なのか。正体は不明のままです。

サトシナカモトを語るクレイグ・ライト氏が有力と思われていましたが、本物かどうかは確定していません。

ビットコインの論文をさらっと読んでみましたが、関数がでてきたり、専門用語がでてきたりして完全に理解することは不可能です。。

サトシ・ナカモトをWikipediaで調べる

サトシ・ナカモトはビットコインのプロトコルと、そのリファレンス実装であるビットコインコア(Bitcoin Core/Bitcoin-Qt)を作成したことで知られる人物もしくはグループ名。

2008年からmetzdowd.com内の暗号理論に関するメーリングリストに電子通貨ビットコインに関する論文を発表し始める。

2009年にはビットコインのソフトウェアをネット上に発表し、ビットコインの最初の採掘を実行し、運用が開始された。

ビットコインが生まれてから約10年程しか経ってません。

ナカモトサトシは、他の開発者とともにビットコインのシフトウェアのリリースを寄与。

2010年半ばまで寄与は続いた。

次第にソフトウェアのソースコードリポジトリの管理などをギャビン・アンドレセンに任せるようになる。その後にプロジェクトまでを引き渡した。

Bitcoin.orgなどのドメインの管理をビットコインのコミュニティ内のメンバーに譲渡。

2013年、ナカモトサトシが保有するビットコインの量は約100万BTCだという推測がビットコインの開発者Sergio Demian Lernerによって発言。

大量のビットコインを保有するナカモトサトシがビットコインをすべて売却したら、ビットコインの相場はえらいことになりそう。

公式には漢字表記は存在しないが、中本史という表記でされることがある。

サトシ・ナカモト(Wikipedia)

ビットコインの論文

ビットコインの論文(日本語)

ビットコインの論文(英語)

Satoshiを円(JPY)に換算(計算)する

satoshi 換算

satoshiが1BTCの1億分の1の価値というのはわかったけど、いちいち計算してられないですよね。

しかも、仮想通貨ビットコイン(BTC)の変動は激しく、いったい1satoshiがいくらなのか、さっぱりわからない!計算するのがめんどくさんいと思う方に朗報です。

ななななんと、数字を入力するだけでsatoshiを日本円に、日本円をsatoshiに返還してくれるサイトがあるってよ(‘ω’)ノ

こんな神サイトあったなんて知らなかったわ!という方はばんばん使ってください。

Satoshiを円と円に変換JPYからSatoshiに – aWebAnalysis.com

aWebAnalysis.com

satoshi 換算 JPY

satoshiをJPYに換算したり、JPYをsatoshiに換算することができます。

入力した時のビットコインのリアルレートを自動で読み取ってくれるので、数字を入力するだけでOK.

試しに100satoshiを入力してみたところ、0.81599401と換算されました。

100円で入力してみたところ、12,254satoshiと換算されましたよ。

BITCOINリアルタイムでの価格

コインのリアルタイムレート

ビットコイン(BTC)のリアルタイムレートの表示もされます。

Satoshi,BitcoinJPY換算表

satoshi 早見表

実際に利用する時は、数万satoshiや数十万satoshiという数で取引すると思います。

そういった際は、satoshi,Bitcoin円JPY換算表を使うと便利です。

一瞬で自分が取引しようとしているBTC換算がわかりますから、草コインを購入しようとする時は、コピー&ペーストで利用するといいですね。

あまりに沢山のゼロが並ぶと、手入力では桁数を間違えるミスをしてしまいそうです。

自分が購入しようとするsatoshiの単位を決めたら、そのまま数字だけ入れ替えて買付もしくは売却しましょう。

Satoshiを円と円に変換JPYからSatoshiに – aWebAnalysis.com

BITCOIN日本語情報サイト

satoshiを円に換算

こちらのサイトのBTCコンバーターでも、satoshiから日本円(JPY)の換算が可能です。

ビットコイン単位換算

 

20000satoshiプレゼントキャンペーン!「GMOコイン」

GMOコイン

GMOコインで口座を作成するとGMOコインで20000satoshi プレゼントキャンペーン!を行っています。

1BTC=約100万円とすると、20,000satoshi=0.0002BTC≒200円に。

20000satoshiは日本円で換算すると現在200円程度で微々たるものですが、口座は何個あっても問題ないのでさくっと、200円もらっておきましょう。

GMOコインで20000satoshi プレゼントキャンペーンの記事はこちら!

1Satoshiをまとめると

というわけで、1satoshiはビットコイン(BTC)の最少単位で現在は0.01円程度となっています。

1BTCの1億分の1の価値があり、最少単位の「satoshi」はBITCOIN開発者の「Satoshi Nakamoto」から由来しています。

将来、1BTCの価値が1億円になれば、1satoshiは1円の価値になるということです。

日本円(JPY)よりsatoshiの通貨単位が小さいので、1円=1satoshiではありません。

1BTC=100万円とすると、1satoshiは0.01円になります。

未来が楽しみになりますね(‘ω’)ノ

関連:

【ザイフ】ZAIFトークンが暴騰中。取引所でトークンの買い方と今後の将来性2018

【NEMハッキング】コインチェックの仮想通貨XEM流出事件のまとめ

1satoshi(ビットコイン単位)を日本円に換算(BTC単位)

1ビットコインいくら?

 

【NEM(XEM)が購入できる国内取引所】

【モナーコインが購入できる取引所】

【仮想通貨FXができる取引所】

【草コインが購入できる海外取引所】

【ほったらかしで投資したい!勝手に積立】NEM太郎も実践中!