スポンサーリンク

ビットリージョン(bitregion) 最新情報 ビットキングダムと重ねて考察

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5
ビットリージョンとビットキングダム

ビットリージョン(bitregion)最新情報です。OTTOCOIN始動まで8日になりました。誰も予測できない展開です。ビットリージョンと同時期に始まったHYIPの情報がありましたので記載します。ソースがはっきりしないのでAとしていますが、おそらくビットキングダムの事だと思います。

スポンサーリンク

ビットリージョン(bitregion)とビットキングダム重ねて考察

全く先が読めないビットリージョンですが、同時期に始まったA(仮ビットキングダム)というP2P型の仕組みが似ているので重ねて考えてみます。こちらのサイトもP2Pが限界に達しGH過多になったようです。

ビットリージョンとビットキングダムが同じ道を歩んでいる

ビットキングダム

そのため運営が独自通貨を発行しました。

Aウォレット(BRシェアと同じようなストック)の単位が、そのまま通貨(Aコインとします)にかわり、レートがオープン時、1A=60ドルだったようです。

PHGHには、Aコインが使われてマッチングなしてコインの売買が成立し、ビットコインに変えることができ着金が可能になったようです。

この動きにより運営側は、ビットコインが入り、それをAに変換するために通貨発行益という

利益があがるとのこと。

ビットキングダムは膨大すぎて、システムを変更した

ビットリージョン bitregion

しかし、GHが膨大(会員数が30万人以上だそう)で一旦停止し、もとのマッチングシステムの変更されたようです。

そして、新たに元の名前から全く別の名前に変更して再スタートしました。

ビットキングダムのコインは限定的になった

bitcoin

現在は、そのAコインは、期間限定で、配当として、ビットコインで受け取る期間が設けられております。

また、マレーシアの取引所に上場しており、コイン交換可能。トランザクションも毎日上がっております。

ビットリージョンはビットキングダムの失敗を見ている

ビットリージョンbitregion

ビットリージョンがビットキングダムの失敗を見ています。同じ過ちを繰り返さないために、

個人間のオットーコイン売買のマッチングも取り込んだのではという推測があがっています。

まとめ

ビットリージョンは、(仮)ビットキングダムの失敗も踏まえてシステムを構築している。

OTTOCOINは、個人間で売買取引もできるマルチコインの模様。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう