スポンサーリンク

ビットリージョンは破綻している。D9と同じ状況に

ビットリージョンは破綻している。

超大型案件のD9が飛んだことで、集団訴訟や運営が逮捕など騒がれていますが。D9が、ビットリージョンとほとんど同じ状況なのは、気づいているでしょうか。

もし、ビットリージョンを信じて止まないなら、一生このグループからは出れないと思います。

スポンサーリンク

トーマスなどいなかったのでは

元々、トーマスという人物はいなかったのではないかと思います。ポンジスキームを建てる時は誰か代表がいないと出資者が疑います。D9は実在の人物を使用。ビットリージョンは実在しない人物を使用だったと。

そもそも金融のプロがポンジスキームをしらないわけもなく、そういった詐欺にかかわって自分の経歴に傷のつくことをするでしょうか。しないでしょう。

OTTOCOINの存在

ビットキングダム、D9、ビットリージョンともに、最期は同じ結末に陥ってしまうようです。

ビットキングダム→新コイン 【将来ビットコインに変換できるとか】

ビットリージョン→新コイン(将来ビットコインに変換できるとか)

D9→ベットコインクラブ(サイト内で運営できるとかなんとか)

Divvee→未だに勧誘している(利益を回収した人がでてこない)

結局、どれも出金できない状況は同じです。

プレミアムレーン

いまだに存在が確認できません。

3枚のパスポート購入

パスポート購入しなくても、OTTOCOINの変換処理の申請はできるようです。それで、3枚のパスポート購入の意味はなんだったのでしょうか。運営の資金集め?

まとめ

高額の資金を投入している方が多いです。その被害人数が、推定3万人以上。

ずっと信じていた方が気持ちは穏やかかもしれません。

XEM&NEMのネム太郎

NEM&XEMのネム太郎
NEM&XEMのネム太郎
NEMブロガー&ゲストハウス経営のネム太郎です。月間10万回以上読まれている当ブログ(http://bitregions.com/)の管理人。 2016年にHYIPのビットリージョンという詐欺にあいまして(爆)100万円を失い、2018年はコインチェックハッキング事件に巻き込まれました。2018年に注目している仮想通貨はネム(XEM)とリップル(XRP)。短期トレードはたぶんしません。('ω')ノ イケダハヤト氏のtwitterにリツイートが趣味。