スポンサーリンク

ビットリージョン(bitregion)は破綻しているかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7
ビットリージョン破綻

ビットリージョン(bitregion)最新情報です。OTTOCOINのウォレットに着金があったという報告がどんどん上がっています。ですが、それは本当に「着金」なのでしょうか。

超ネガティブな意見なので、ビットリージョン肯定派の方は読まない方がいいです。大部分のメンバーが投資したお金を取り返したいです。それは、著者も同じです。

スポンサーリンク

OTTOCOINのウォレットへ着金報告

OTTOCOINへの「着金」報告が沢山あがってきました。ビットリージョンも前進したということでしょうか。果たして、本当に着金なのでしょうか。

BRシェアからOTTOCOINに数字のデータが移動しただけ

BRシェアに入っている数字は、ただのデータだということをずっと記載してきました。PHとGHが当事者間のやりとりで取引が完結しているならば、なぜBRシェアにビッコインが残るというのでしょうか。

日利1%で増えたと思い込んでいるただのデータを保有しているということではないでしょうか。

今後の予想

OTTOCOINをビットリージョン内で売買できるようになるということですが、もしそうなれば交換時にパスポート手数料が発生するのではないかと予想しました。運営は、まだ既存のメンバーから搾取できると思っています。

OTTOCOINからビットコインの変換

運営が一度もプール金を介入しなかったことは、既存のメンバーが知っていいると思います。GH渋滞が起こった際も、それは投入されませんでした。

それでは、OTTOCOINの「データ」からビットコイン「暗号通貨」の変換時に誰が支払いをするのでしょうか。

運営が機能していない

AssigenedのGHは未だ戻りません。パスポート購入も反映されません。カスタマーの返答もありません。その事に関してアナウンスもありません。

まとめ

「着金」と思いこんでいるのは、BRシェアからOTTOCOINコインにデータが移動しただけではないかと思います。ビットリージョンは既存のメンバーから更にパスポートを使用させる方法が考えているのでは。

ビットコインに変換できる可能性は、0ではないです。運営がプール金をばらまけば。

XEM&NEMのネム太郎

NEM&XEMのネム太郎
NEM&XEMのネム太郎
プロブロガー&投資家のネム太郎です。月間10万回読まれている当ブログ(XEM&NEMのネム太郎@仮想通貨とBitcoin)の管理人です。 HYIPのビットリージョンという詐欺にあって、100万円を失いましたが(爆)ブログを作成し仮想通貨投資&ブログから広告収入を得ています。 2018年に注目している仮想通貨はネム(XEM)とリップル(XRP)。短期トレードはしません。ガチホ(ガチガチのホールド)です。お金より時間の方が大事です。 イケダハヤト氏のtwitterにリツイートが趣味。2020年までに総資産を10億円(相当)が目標!日本円に戻さない予定です(笑)税金払いたくないし、政治家の養分になるのはご免だ。NPO「プランインターナショナル」も広めてます。 「働いたら負け」が口癖。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなどの暗号通貨はコインチェックで購入可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットリージョン2ch

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする