スポンサーリンク

ビットリージョン(bitregion)BRシェアとOTTOCOINの謎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7
雨

ビットリージョン(bitregion)に対していくつか疑問がありましたので、こちらに記載します。

BRシェアに残っている数字は、ビットリージョンが残しているただのデータです。

スポンサーリンク

BRシェアの数字の謎

BRシェアに残っている数字は、ビットリージョンが管理しているただの数字です。リージョンバンク内のPHとGHは既に完結されており、実質的なビットコインは、この世に存在していないはず。

OTTOCOINへの変換

実在しないBRシェアの数字をOTTOCOINへ変換できるのは、ビットリージョンがBRシェアとOTTOCOINを管理しているからだと考えました。そうなるとOTTOCOINからビットコインへ変換する時に、ビットリージョンは実在しなければならないビットコインの支払いをしなければならなくなります。

OTTOCOINからビットコインへの変換

リージョンメンバーがOTTOCOINからビットコインに変換するとすれば、リージョン側からメンバーにビットコインを支払う必要がでてきます。ビットリージョンは、プール金からすべての変換費用を支払うでしょうか。

ビットリージョンが支払いをしなければ

ビットリージョンがメンバーに対して変換する相当のビットコインの支払いをしなければ、OTTOCOINからビットコインに交換はできないでしょう。

もし変換が可能であれば

変換が可能になれば、すべてのメンバーはビットコインへの変換に殺到し、再び渋滞になるのではないかと考えました。この状態は、現在のGH渋滞と同じではないでしょうか。

ビットリージョンが利益目的なら支払いはしない

ビットリージョンが利益目的ならビットコインへの支払いはしないと予測します。利益をばらまく理由がないからです。もし、ビットリージョンがボランティア団体の要素があるなら、プール金を使用してメンバー達の変換に使用する可能性があります。

OTTOCOINからビットコインに変換する費用

ビットリージョンが支払いをしないのであれば、OTTOCOINからビットコインに変換する費用をメンバーから再度集めるしかありません。

まとめ

BRシェアとOTTOCOINの数字はビットリージョンのデータ。ビットコインへの変換は、誰かが支払いをしなければならないのでは。

XEM&NEMのネム太郎

NEM&XEMのネム太郎
NEM&XEMのネム太郎
プロブロガー&投資家のネム太郎です。月間10万回読まれている当ブログ(XEM&NEMのネム太郎@仮想通貨とBitcoin)の管理人です。 HYIPのビットリージョンという詐欺にあって、100万円を失いましたが(爆)ブログを作成し仮想通貨投資&ブログから広告収入を得ています。 2018年に注目している仮想通貨はネム(XEM)とリップル(XRP)。短期トレードはしません。ガチホ(ガチガチのホールド)です。お金より時間の方が大事です。 イケダハヤト氏のtwitterにリツイートが趣味。2020年までに総資産を10億円(相当)が目標!日本円に戻さない予定です(笑)税金払いたくないし、政治家の養分になるのはご免だ。NPO「プランインターナショナル」も広めてます。 「働いたら負け」が口癖。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなどの暗号通貨はコインチェックで購入可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットリージョン2ch

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする