スポンサーリンク

Divvee(ディビー)が危険か詐欺か登録検証してみる。口座がないのにデビットカード??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ディビーDivveeが詐欺かどうか気になっている方が多いみたいですね。すごく多いです。良く考えて見て下さい。まだ始まってもいないし、全然始まる様子がないアプリにお金出すのって危なくないですかね。

ちまたで流行っているDivvee(ディビー)はご存じでしょうか。アプリを登録評価するだけでお金ががんがん入ってくるサービスが近日開始予定とのことです。まだ始まってないのですが危険か詐欺かどうか検証してみようと思います。

  • ネットでは、アプリをダウンロードして評価するだけでおこずかい収入が!
  • 1日たったの30分の作業でOK
  • 毎日送られてくる20アプリの評価をして、週に1回SNSで拡散します。
  • 1ヶ月以内に直接10人をアフィリエイトすると生涯20App配信されます。

この時点でだいぶん煽られている感じはありますがビジネスなので当然ともいえます。一週間に一回SNSで拡散するというのものの拡散できなかった場合の対処などあるのでしょうか。不労所得を煽って拡散希望という感じにとれますが果たしてどうでしょう。

要はアプリのダウンロード数を増やしてランキングを無理やりあげちゃおうっていう不正を助長する方法です。今後グーグルがだまっているとも思えませんし、長く続くサービスでもないと思います。開発者自身も長くは続かないと断言しているようです。

まずは、一つツイッターからのコメントを見つけました。

怪しいと思うので正常だと思います。これだけではわかりませんのでfacebookからもグループを見つけました。

コメントが日本語ではないので翻訳してもらうとわかるのですが、皆さん怒っています。怒りマークが連発しています。この時点で詐欺かどうかとはまだわかりませんが何か怒っています。たくさんの不満があるという事はわかりました。

Divveeは紹介制で会員を増やしているようなので、検証のためにとある方から会員登録してみました。ブログのネタのために25ドルの登録料を払ってみての検証結果の報告をしていきます。

最新情報ですが、Divveeの誤った広告や広がり方をしているので本家から拡散を止めるようにとお達しがあったとの事です。それを理由にスタートしないという可能性はでてきました。最悪の場合は、はじまらない可能性もでてきました。

2016年11月1日にスタートを予定していたアメリカ合衆国ユタ州 発祥のビジネスです。

※現在のところサーバーの問題でサービス開始が遅れています。
登録及びメンバーのダッシュボードなどのシステムは動いていますが、アプリの評価はまだ始まっていません。12月にはベータ版テストがスタートするということです。

怪しいポイントを検証!ポイント3点でまとめてみました。

①Divveeに関する情報を本部が消したがっている

②登録料の支払はプリカをすすめている勧誘が多い

③出金方法は?お金はどうやってもらえるか?デビットカード支払い?景品交換?

①はおそらく本部が口コミでぼちぼち広げるはずだったのにSNSで収集がつかなくなってきたのでやめてくれってことだと思います。誤った情報が散乱するのを避ける為ということになっていますが参加条件はSNSで拡散する事だったはず。twitterやインスタグラム、LINE,Facebookでボチボチ広める予定だったのでしょうか。

②ですが、若年層をターゲットにしているからだろうと思います。もしくは、18歳以下はクレジットカードを作成できないためです。日本ではVプリカをコンビニで購入できますから、中学生や高校生が恰好のターゲットになっているようです。この年代は正義よりもお金がほしいですから、なりふりかまわず広める傾向があって拡散するにはいいカモです。狙っている年齢層はわかりますね。

③が一番の謎ポイントですが、デビットカードで支払いという事になっています。アメリカの口座も作らず、デビットカードが使用できるなら100ドル払ってもほしい人が山ほどいるんじゃないでしょうか。クレジット機能がついているとの事ですが口座がないのにデビットカードの使用は可能なのでしょうか。どんなに勧誘してもお金が引き出しできないなら意味ないですよね。

出金の方法は?

Divveeのデビットカード

会員にはDivveeより無料でデビットカードが送られてきますので、そちらを使ってATMよりコミッションを出金するかたちになります。

アメリカの口座がないのにデビットカードが使えると思いますか。

口座がないのにデビットカードは使えない。

アウトです。

まとめ

詐欺の場合は、どんなに勧誘してもお金は入ってきません。捨てたつもりで入会してからデビットカードの到着を待つか万が一のデビットカードが到着した方の情報を待つかどちらかになりそうですね。参加も不参加も自己責任になりますが、25ドルの勉強代と思ってVプリカで支払いをすればVプリカのブログのネタにはなります。不当な請求は限度額以上はありえないので、その点は安心かもしれません。

登録参加するならちゃんと出金が確認できるサイトでお金の運営をしましょう。今現在で著者が薦められるものはビットリージョンのみです。高配当だからといっていつ破綻するかわからない詐欺サイトにお金を預ける事はやめましょう。マイナービズやビットキングダムなどのHYIP(ハイリスク、ハイリターン)は数えきれない程ありますが元本が回収できないものや異常に配当が高いものは、気をつけるべきだと思います。まずはどうやってお金(もしくは仮想通貨)がサイト内で回っているのか理解してからはじめた方が良いですね。

ビットリージョンでブログ著者と一緒に頑張ってみる方はこちらから

全力でサポートいたします。

(注)著者は検証のため25ドル払いました。(泣)見極める目をつけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなどの暗号通貨はコインチェックで購入可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットリージョン2ch

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. bitregions より:

    ビットリージョンテスト。

  2. 宮原 より:

    初めまして宮原と申します

    ビットリージョンとはどんな仕組みですか?

    • Kei より:

      こんにちは!キャッシュギフティングという方法を利用したMLMの一種です。
      いわゆるマルチです。ですが、ビットリージョンは勧誘を必要としません。
      現在、預けていたビットコインの引き出し渋滞中なので参加するのは少し待った方がいいかもしれません。
      渋滞あけてから参加する人が多いと思います。

  3. Koji Robert Kobayashi より:

    はじめまして、小林と申します。

    Divvee についてブログを拝見させていただきました。

    まず、私自身Divvee には2016年11月から関わっており、
    Divvee アメリカ本部の内部の関係者とも間接的ではありますが関わっています。

    あなたの記事について、以下の点に注意喚起と通達を致します。

    1.
    Divvee の事業内容が古く、誤った記事を掲載しています。

    こちらに関しましては、正しい情報に改変するように求めます。

    もしあなたが正しい情報を得ることができない場合、記事の閲覧者に間違った情報を伝えることに繋がります。

    これは、Divvee を誠実にビジネスとして参加されている方達の足枷であり、妨害行為とみなします。即刻記事の削除を依頼いたします。

    以上ご精査の上、賢明なご判断頂けますでしょうか。

    ご理解を頂きありがとうございます。

    小林

    • Kei より:

      ご連絡ありがとうございます。それでは、間違った情報を正す根拠となる情報の提供をお願いいたします。
      特に支払いについてデビットカードの件については明確にして頂くとこちらも助かります。
      口座がなくてもデビットカードで支払いができる方法を明示して頂ければこちらに記載させて頂きます。
      どうぞ宜しくお願いいたします。追記いたします。