スポンサーリンク

ビットリージョンが破綻するかもしれない?!分散投資で他のHYIPに登録参加は有効か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

ちまたの噂ではビットリージョンが破綻するかもしれないって騒がれているみたいですよ。そりゃ大変だ、大変だ。誰が流したデマか知りませんけど構造を知っていたら破綻しない理由がわかります。

ビットリージョンズの登録について

ビットリージョンが破綻するかもしれない?!

ビットリージョンが破綻するかもしれないから他のHYIPにも登録を促すサイトがあります。こちらのサイトの趣旨はどのHYIPが破綻するかわからないから5~6つぐらいのHYIPに分散投資して投機しておきましょうといった感じです。

ビットリージョンが破綻するとか、詐欺にあったとかいうデマが流れたそうですが流す方の利得を考えれば誰が流したかは検討がつきます。同じくビットリージョンを推奨しているBさんも色々と、この事については言いたい事があるようですが喧嘩はしたくはないようです。

勧誘サイトは、参加登録者を増やす事によって多くの紹介登録料を期待できます。新たに参加した方々に資金を追加投入してもらえばペアリングボーナスが入りますのでアップラインの方はそこそこ儲かるという仕組みです。早いタイミングで紹介コードを教えてもらい登録すれば新規参加者もで儲かる可能性はあります。

ポンジスキームのHYIPはギャンブルか

ポンジスキームのHYIPは元本回収できるまでは、ただのギャンブル場です。面白いと思う人だけ参加すればいいですね。間違ってても私財を売り払って全額投資とかは止めてください。1万円が2万~10万円ぐらいになったらラッキーです。そんなもんです。元本がふっとんでなくなる確率も高いですので、そこはしっかり自己責任でやりましょう。参加するのも勇気、やらないのも勇気です。

HYIPで分散投資のメリット、デメリット

分散投資にはメリット、デメリットがあります。メリットは有事の際でも元本を残せることです。サイトが破綻してしまっても残りのサイトで元本を回収してしまえば継続して投資を続ける事ができます。デメリットは、各サイトに元本がバラけてしまうため複利の効果が減少してしまうことです。預けたり引きだしたりする手間の回数も増えますので手数料も多くなります。管理も難しくなります。

分散投資についてですが、HYIPで言えば1つのサイトが潰れたら全部ビットコインがなくなっちゃうから他のHYIPサイトにバラバラにもっておきましょうという事です。この理屈は間違ってないです。ただし、それなりのビットコインもしくは資本を持っていないと分散できないですよね。そして、分散したとしても各サイトに預けたり引き出したりするのに手数料がかかりますから、手数料分を配当でカバーできるだけの数が必要になります。

例えば、5bit所有で5サイトに分散投資した。各サイトに1bitの分散投資で配当は日利1%と仮定する。ビットコインを預ける手数料を0.05bit,引き出しに0.05bitで往復0.1bitと仮定する。1か月後(30日経過)にサイト一つが飛んだとする。元本4bit+残った配当1.2ビット(0.3bit×4サイト)-0.4bit(4サイト往復手数料01bit×4サイト)=4.8bit

全部で5bitの分散投資で1サイトが30日いっぱいで飛んでしまった場合を想定すると4.8bit残りました。預けるビット数が今回の5bit想定より少なくなれば、預入引き出し手数料の割合が増えますので残るbitの割合は減ってしまいます。

残念ながら元本が減ってしまいましたが5bitそのまま全部なくなる事と比べれば、リスク分散も悪くないと思います。むしろ元本が残ることは良いと思います。全部吹き飛んだら目もあてられませんしHYIPからも撤退になるでしょう。

確かに残りますが、私ならポンジスキームのHYIPとわかっていながら1bit以上を各サイトにいれる事はしないです。各サイトのルールもあり、預けてから15~30日間は引き出しができないルールがあるわけです。1サイト飛んでしまった間に次の違うサイトが飛んでしまう可能性もあります。これは危なくないですか?

まとめ

分散投資はサイトが破綻すると仮定した上で有効である。サイトが破綻すれば元本は減少するが他サイトに分散した元本は残る。ただし、連続してサイトが破綻してしまえばその分の元本および配当も消失してしまう。

著者は、ポンジスキーム方式ではなくマッチング方法を使用したビットリージョンをこのブログでおしております。オシHYIPです。なぜならば、サイト側が急に破綻する理由がサイトの運営のメリットに全くならないからです。ビットリージョンは個人間で仮想通貨のやりとりをしていますので、運営自体は取り引きにノータッチです。パスポート(ビットコインを預けたり引きだしたりする)の手数料が収入になっています。サイトを閉鎖すれば運営の稼ぎがなくなるわけですから、運営自体としても閉鎖したくないですよね。ポンジスキームのHYIPは突然閉鎖して、ビットを持ち逃げします。だから、閉鎖が急にきます。おわかり頂けたでしょうか。

著者のおしHYIPのビットリージョンはこちらから登録できます。

※登録する前にはcoincheckでアカウントを作る必要があります。さくっと作っておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなどの暗号通貨はコインチェックで購入可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットリージョン2ch

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする