スポンサーリンク

ビットリージョン破綻の行方は最新コインが語る!GHの未来

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7

ビットリージョン破綻するのかどうか、アンチもアンチじゃない人も

毎日気になって仕方がないと思われます。運営の新たな一手について予想してみました。

プレミアレーン存在するならばGH渋滞は少し解決する

プレミアレーンの存在が確認されたとしたら、どうなると思いますか。

ほとんどの人がGHを完了させるために、こぞってパスポートを購入すると思います。

つまり、運営が言うようにパスポートをいますぐ購入しなくても、

パスポートを3枚購入した人達がGH渋滞からぬけていくので、いずれにしても

渋滞は少し解消されると思うのです。

おそらく、パスポート購入渋滞が起こるでしょう。そうなってしまうと再び

購入した人達で差がなくなってしまい、また渋滞が起こるでしょう。

結局、状況は何も変わらないのでは。

OTTOCOINが真実ならばcoincapmarketに掲載されるはず

ビットリージョンが新コインOTTOCOINの作成を表明しましたが、実際つくられるかどうか怪しいと思っている方も少なくないはず。作成されたとしても、ビットリージョン内でしか使用がなければ、市場での価値はいったいどうなるんでしょうか。予想できません。

仮想通貨の存在を確認することができるcoincapmarketというサイトがありますが、OTTOCOINの作成が完了した場合、こちらのサイトでもチャートで確認できるようになるはずです。

OTTOCOINの存在を確認できるかどうかで、これからのビットリージョンの信頼性も変わってくると思います。破綻するのか破綻しないのか。新コインの存在が、ビットリージョンの未来を左右すると思われます。

まとめ

OTTOCOINがcoincapmarketに掲載されたならば、ビットリージョンが再生される可能性も大きくなる。掲載を確認してから動いても、遅くはないのでは。

XEM&NEMのネム太郎

NEM&XEMのネム太郎
NEM&XEMのネム太郎
プロブロガー&投資家のネム太郎です。月間10万回読まれている当ブログ(XEM&NEMのネム太郎@仮想通貨とBitcoin)の管理人です。 HYIPのビットリージョンという詐欺にあって、100万円を失いましたが(爆)ブログを作成し仮想通貨投資&ブログから広告収入を得ています。 2018年に注目している仮想通貨はネム(XEM)とリップル(XRP)。短期トレードはしません。ガチホ(ガチガチのホールド)です。お金より時間の方が大事です。 イケダハヤト氏のtwitterにリツイートが趣味。2020年までに総資産を10億円(相当)が目標!日本円に戻さない予定です(笑)税金払いたくないし、政治家の養分になるのはご免だ。NPO「プランインターナショナル」も広めてます。 「働いたら負け」が口癖。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなどの暗号通貨はコインチェックで購入可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットリージョン2ch

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする