スポンサーリンク

疑って疑って疑え!!ビットリージョンが破綻するかブログで検証してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 5

やっぱりビットリージョンも詐欺なんじゃないの?そう思うのは当たり前。なぜなら詐欺の方が世の中は多いからです。真実を見極めるのもあなた次第。疑って疑って疑った方が確信につながります。

ビットリージョンが破綻するかどうか参加されている方もこれから参加される方も気になるところだと思います。何点か疑問になるところをピックアップして考えてみましょう。

①ポンジスキーム詐欺が原因で破綻

②PHもしくはDHの発生がなくなって破綻する可能性について

③もし破綻するとすれば時期はいつか

今回は3点にしぼって考えてみました。

①のポンジスキーム詐欺かどうかですが、ビットリージョンはbitcoinの寄付PHと寄付されるDHのマッチングだけを行いますので当事者間での取引に限定されています。管理はパスポートの消費0.05ビットのみで運営費を賄っていますのでポンジスキーム詐欺にはあたりません。この点においてはクリアしています。ポンジスキーム詐欺が原因で破綻はありえません。

②破綻する可能性について

会員数の増加が止まったら破綻するのではないかという疑問が出てくると思いますが、ビットリージョンのPHとDHは新規会員登録がなくなったとしても成立します。もし運営に資金がなくなって破綻してしまう要素を考えてみると1点だけありました。誰もPHもしくはDHもしなくなってパスポートの消費がゼロになる事です。これにいたっては会員数が増えている限りPHは必ず続きますので問題はないでしょう。まだ日本語対応もしていない状況です。日本語対応すれば、激的に会員数が増えるに違いありませんのでしばらくは心配ないといえます。

逆に言えば、日本語対応した時点で何らかの変化があると推測できます。他にはDHする人がいなくなるという可能性も考えみましたが誰も増えたビットコインを引きださないという事もありえないと考えます。ある程度増えたビットコインは、確実に引きだされます。理由を1点あげますと原資を回収できるまでに至った場合、ほとんどに参加者はDHするからです。万が一なくなる可能性を考えてDHする人と利益を確定したい人がDHすると思います。その他はPHしたままを継続するでしょう。PHで上限30ビットまで増えた登録者は、追加アカウントを作るはずです。ここでさらにPHが増えますので、永続的に続く仕組みができあがるわけです。PHとDHがなくなって破綻する可能性はなくなります。

③破綻する理由を考えればきりがないです。管理の横領やサーバーに対するハッカーの攻撃、サーバーダウン、ビットコインの暴落などサイトの資金運営方法と関係のないところにもリスクはあるかもしれません。もし破綻するという未来が予測できるとすれば、後発で始めた方のリスクが大きいのは確かだと思います。1番目で始めた人と1000番目で始めた人では原資の回収している時期が違うからです。

まとめ

ポンジスキーム詐欺で破綻はないがリスクは常にあるものです。これは確実性の高い投機です。しっかり理解して登録参加しましょう。

ビットリージョンに早めに登録して原資を回収できるまで増えたら、さっさと利益確定分をぬいてしまって利益のみで運営しましょう。そうすればリスクは90日+10日のみです。

ビットリージョンに早期登録して日利1%の配当をゲット!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなどの暗号通貨はコインチェックで購入可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットリージョン2ch

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする