スポンサーリンク

ビットリージョン最新情報 OTTOCOINは売らないでください。

ビットリージョン最新情報です。OTTOCOINを売らないください。

OTTOCOINが市場に出回って、リージョンメンバーが売りに走るとOTTOCOINの価値が下がる。

投資家に注目されなくなり、価格の暴落の恐れがあるそうです。

スポンサーリンク

OTTOCOIN

ビットコインに変換できるようになったらの話ですが、暴落が予想されます。

推定、日本人3万人がこぞって投げ売りするでしょうから、投資家が目を向けることはないかもしれません。

つまり、投げ売りできても返ってくるのは、ほんのわずかなもの。

ビットリージョンが動くことが優先

そもそもビットリージョンが動いていないのでは、話になりません。

AssignedのままのGH組がOTTOCOINに参加できていません。

リージョンバンク、マイクロバンクともにアカウント凍結状態では何もできない。

まとめ

仮にOTTOCOINがビットコインに変換できたとしても、暴落のさなか、返ってくるビットコインはほんのわずかなもの。囚人のジレンマからは逃げられない。

XEM&NEMのネム太郎

NEM&XEMのネム太郎
NEM&XEMのネム太郎
NEMブロガー&ゲストハウス経営のネム太郎です。月間10万回以上読まれている当ブログ(http://bitregions.com/)の管理人。 2016年にHYIPのビットリージョンという詐欺にあいまして(爆)100万円を失い、2018年はコインチェックハッキング事件に巻き込まれました。2018年に注目している仮想通貨はネム(XEM)とリップル(XRP)。短期トレードはたぶんしません。('ω')ノ イケダハヤト氏のtwitterにリツイートが趣味。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク