安室奈美恵 ラストライブ 音漏れ 【動画・映像】会場外にもファン1万人【引退】

シェアする

安室奈美恵 ラストライブ 音漏れ 会場外にもファン1万人【引退】

安室奈美恵のファンがすごくいっぱい。

音漏れに関して言うと、ほとんどきこえなかったようですww

安室奈美恵(40)のラストステージとなる「WEハートNAMIE HANABI SHOW前夜祭~IハートOKINAWA/IハートMUSIC~」が15日、沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行われた。

会場がある、ぎのわん海浜公園には、プラチナチケットをゲットできなかったファンが、“音漏れ”など少しでも会場の雰囲気を感じようと、1万人近く駆けつけた。

関東から来た主婦の金子洋子さん(39)と会社員の庄司朗子さん(39)は「チケットは花火大会を含めて当たらなかったけど、近くから感謝を伝えたかった」と声をそろえた。安室の登場時間には雨もぱらつく時間もありながら、会場方向に耳をそばだてた。

安室奈美恵 ラストライブ 音漏れ

会場周辺には3500人ものファンが待機したという。観光業は潤ったかもしれないね。

会場周辺には、安室の声を少しでも聴きたいと願うファンが全国から集結した。だが、会場に入れるのはわずか3500人。この日はチケットがなければ敷地内にも立ち入れない厳戒態勢。漏れ出る声を聴こうと期待する“音漏れ参戦”のファン1万人以上が、隣接する公園にひしめき合った。

千葉県野田市の中学生田中美渚(みなみ)さん(15)と母裕子さん(45)もその一員。前日に沖縄入りして会場を下見し、公園内のベストポジションを探した。美渚さんは「声が少しでも聴ければ、ケジメがつけられる」と気持ちの区切りを何とか付けようとしていた。だが音はほとんど聴こえず、耳をそばだてる姿が見られた。

地元沖縄のファンにも特別な思い

地元沖縄のファンにも特別な思いがある。那覇市から来た与那嶺若葉さん(35)は「彼女は沖縄出身で一番最初にビッグになった人。安室ちゃんがいたから沖縄の女の子は勇気をもらえた」と語った。

 90年代半ば、東京・渋谷の街を自身のファッションをまねた“アムラー”と呼ばれる若い女性であふれさせ、ミリオンセラーを連発。沖縄らしさを強調することはなかったが、安室の存在で「沖縄=カッコいい」という図式ができた。那覇市の名渡山純子さん(28)は「内地(本州)の人たちに、沖縄を良いイメージで伝えてくれた」と感謝する。

ラストライブの経済効果

ラストステージが故郷にもたらす経済効果は大きい。経済評論家の荻原博子さんは「交通費や宿泊費、飲食費だけでなく、観光に落ちるお金も大きい。安室さんグッズも買うでしょうし、20億円以上の経済効果があるかも」と試算した。

 2000年の沖縄サミットでイメージソングを歌うなど、沖縄を象徴する存在でもあった歌姫。名渡山さんは「同じ沖縄県人で良かった」としみじみ語った。

安室奈美恵の音漏れに関してツイッター

https://twitter.com/chiari14495142/status/1040987941898604544

安室奈美恵の音漏れはほとんど聞こえず。

一体何をしに行ったかわからない安室奈美恵のファン達でした。。