スポンサーリンク

山本KID徳郁 病名 何ガン 激やせ【胃がん】【総合格闘家】死去

シェアする

山本KID徳郁の病名は何ガンだったのか【総合格闘家】死去

総合格闘家の山本KID徳郁さんが癌のため死去しました。

報道では食道系の癌ということでしたが、食道系のがんとは、どうのような癌なのか調べてみました。

胃がんの可能性が高いのではないかと推測します。

がんの種類

スポンサーリンク

山本KID徳郁の病名は何ガンだったのか

正式には発表されていませんが、食道系のがんということです。

食道系のがんを調査してみました。

食道がん

過度の飲酒歴や喫煙が指摘されているのが食道がんです。

山本KID徳郁さんがどれほどお酒や喫煙をされていたかは定かではありませんが、がんを誘発する行為として良くはないようです。

リンパ節に転移することもあるということなので悪化すれば周辺の臓器に影響があるでしょう。

  • 食道がんは、下咽頭(食道入口部に近い部分)から胃に至る28㎝くらいの長さの、食道の粘膜に発生するがんです。

  • 食道の壁の構造(下図)は、内側から外側に向かって粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板、固有筋層となっており、がんは進行するとこの順に深く組織を侵します。リンパ節や他の臓器に転移することもあります。

  • 日常生活での誘因として、過度の飲酒歴や喫煙が指摘されています。飲酒との関連では、アルコールの代謝に関わる酵素の欠損が、食道がんの原因として重要であることがわかってきました。少量の飲酒ですぐに顔が赤くなる人が、だんだん慣れてきて飲酒量が増えると、食道がんになる危険性は通常の人の何十倍にもなるといわれています。

  • 粘膜内の浅いがんであれば内視鏡で治療できますが、粘膜層を超えると食道の切除と周辺のリンパ節廓清、及び胃や大腸による代用食道の作成といった大がかりな手術が必要となります。進行度により、放射線や化学療法も選択肢となります。 

胃がん

胃がんは、胃壁の内側にある粘膜の細胞が癌化してできる悪性の腫瘍です。日本人では肺がん、大腸がんに次、死亡数が多い。

2:1で男性に多く、男女ともに60歳が発症のピークという。

胃癌は進行すると胃壁の中に入りこみ、外側にある漿膜やその外側へと組織を深く広く侵していく。その度合(深達度)により早期がんに分類される。

早期胃がんは、その大きさやリンパ節への転移の有無に関係なく、深達度が粘膜内またはその下にある粘膜下層までにとどまるものと定義されている。

それ以上に達しているものを進行がんといい、日本は世界的にみても手術にすぐれ、近年の有効な抗がん剤の開発も相まって、胃がんの治癒率は明らかに改善している。

進行がん=末期がんではない。

胃癌に関しては、進行がすすんでいても、末期がんとはならず、治る確率も高くなっており、がんによる死亡数も減っているということですね。

大腸がん

大腸がんは動物性脂肪やタンパク室の過剰摂取といった、食生活の欧米化が影響すると考えられています。発生年齢は60代が多く、70代、50代と続くそうです。

山本KID徳郁さんは40台前半だったので、大腸がんの発生確率は低いとは思いますが、格闘技選手だったということなので、動物性脂肪やたんぱく質の過剰摂取という可能性は多いにあると考えます。

  • 大腸は食べ物の消化吸収が行われた残りの内容物を最終処理する消化管です。全長は約1.8mで口側から盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に分けられます。これらの部位に発生したがんを大腸がんと呼びます。

  • 日本では毎年約6万人が罹患し、胃がんに次いで発症の多いがんです。近年、患者数が急速に増えており、動物性脂肪やタンパク質の過剰摂取といった、食生活の欧米化が背景にあると考えられています。ただし若年者の大腸がんでは、遺伝的な素因もあるようです。罹患の頻度に性差はなく、年代別では60代がもっとも多く、70代、50代と続きます。なお、部位別では、日本人は直腸とS字結腸に多く発生します。

がんの種類

がんの種類が多種多様で特定することができませんでした。

死亡率の高い膵臓がんの可能性を疑いましたが、食道系のがんということなので、膵臓がんではなく、胃がんなどの可能性が高いと思います。

がんの種類

 

関連:

山本KID徳郁 病名 死因は胃ガン 何ガンだったのか「総合格闘家」

山本KID徳郁 激やせ 末期がん 車椅子だった 死因 は胃がん【死去】

山本KID徳郁 インスタグラムで癌を報告していた。死去・死因はガンか

山本KID徳郁 激やせ 車椅子の画像 死去 死因は癌か

山本KID徳郁 死因 がん 死去 41歳 激やせ原因 癌 闘病 公表8月に告白