スポンサーリンク

町田市鶴川の高齢者住宅 殺人事件と断定「関初枝さん」ココファンまちだ鶴川

シェアする

町田市鶴川の高齢者住宅 殺人事件と断定「関初枝さん」ココファンまちだ鶴川

殺人事件と断定。

スポンサーリンク

町田の高齢者住宅 殺人事件と断定「関初枝さん」ココファンまちだ鶴川

21日午前6時10分頃、東京都町田市鶴川のサービス付き高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」(3階建て)で、入居者の男性(70)から「泥棒が入って女房が死んでいる」と110番があった。警視庁町田署員が駆けつけたところ、1階室内のベッドの上で、入居者の関初枝さん(69)が頭から血を流して倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。

関さんの頭には鈍器で殴られたような痕跡があり、警視庁は殺人事件と断定し、町田署に特別捜査本部を設置。タンスの引き出しが開けられ、衣類などが散乱していることから、金品が奪われた可能性もあるとみて捜査している。

 同庁幹部によると、関さんは約3年前に夫婦で入居し、隣同士の部屋に住んでいた。毎朝午前6時に夫が関さんの部屋を訪れていたが、出てこなかったため、鍵を開けて入ったという。前日は夜9時まで夫と一緒にいたといい、その後、就寝中に襲われた可能性が高いという。

ココファンまちだ鶴川

頭髪の中からねじのようなものが見つかっていた

頭髪からネジのようなものが見つかったという情報がありました。犯人は鈍器のようなもので殴られた後が10センチ程度あり、頭の骨が陥没するほど強く殴られたということです。

金銭目的の犯人がわざわざ鈍器で頭を狙って、殺害しようとするでしょうか。

計画した殺人で物取りに見せかけているようにしか思えませんが。

犯人は老人ホームの中の住人ではないかと思ってしまいます。

特に第一発見者の夫が怪しいと誰もが思うでしょう。

警視庁は22日も現場で検証を行っていますが、これまでの調べで、関さんの頭には鈍器のようなもので殴られた長さ10センチほどの傷があり、頭の骨が陥没するほど強い力で殴られたとみられています。

その後の調べで、頭髪の中からねじのようなものが見つかっていたことが、警視庁への取材でわかりました。

警視庁によりますと、ねじのようなものの材質は明らかになっていませんが、黒色で、大きさは数ミリ、形状は円柱型で、十字型の溝があるということです。

警視庁は、犯人が関さんの頭を殴る際に使った凶器の部品の可能性もあるとみて特定を急いでいます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180922/k10011640371000.html

老人になって殴られて死ぬなんて、残念すぎる。。

関連:

関初枝 殺害事件 犯人 情報 ココファンまちだ鶴川 現場 状況【殺人事件】