スポンサーリンク

マリカー 裁判 結果 判決 任天堂 勝訴 負けた「公道カートレンタル」 損害賠償は一千万円

シェアする

マリカー 裁判 結果 判決 任天堂 勝訴 負けた「公道カートレンタル」 損害賠償は一千万円

公道カートレンタル会社の「マリオ」などのキャラクターの衣装を貸し出し、その映像を許可なく会社の宣伝に利用したのは違法だといsて、任天堂が中止と1千万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が27日、請求の大部分を認める判決。

マリオというキャラクターを勝手に利用したのが良くなかったのかな。

それで公道をカートで走るって、迷惑すぎし止めてほしいよね。

スポンサーリンク

マリカー 裁判 判決

マリカー 裁判の判決は、任天堂が勝訴した。

  任天堂によると、同社は平成29年2月に「マリカー」(現MARIモビリティ開発、東京)を提訴。地裁判決は、衣装の貸し出しなどが不正競争行為に当たると判断した。  任天堂は「知的財産の侵害行為には今後も必要な措置を講じる」、MARIモビリティ開発は「主張が認められなかった部分は遺憾。内容を精査して対応する」とのコメントを出した。

マリカーの衣装も貸し出し禁止に

マリオのコスチュームなどのレンタルも禁止となりました。

公道でマリオのコスチュームをして迷惑行為をされたら、任天堂のイメージが悪くなるわな。

マリオカートは禁止になっていない

公道カートのレンタルサービスに伴う知的財産の利用

マリオのコスチュームをレンタルして、業務を行うことが知的財産の利用行為に違反するというわけだね。マリカー事態を禁止するわけではないようだ。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

マリカー 裁判 判決に関してツイッターでは

勝手にマリオカート宣伝しなくても、任天堂のマリオは既に世界中で人気ですよ。

クッパ姫は訴訟しないでほしい(‘ω’)ノ