スポンサーリンク

大谷翔平 手術 トミー・ジョン手術 右肘のじん帯再建手術

シェアする

大谷翔平 手術 トミー・ジョン手術 右肘のじん帯再建手術

大谷翔平手術で完治か。早く戻ってきてね(‘Д’)

初めて手術を受けた人の名前がトミージョンなんだって。

考案したのは、1974年にフランク・ジョーブ

トミージョンじゃないんかい(‘Д’)

スポンサーリンク

大谷翔平 手術 トミー・ジョン手術 右肘のじん帯再建手術

エンゼルス・大谷翔平投手(24)が1日(日本時間2日)、ロサンゼルス市内の「カーラン・ジョーブ・クリニック」で右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。

 ビリー・エプラーGM(43)がエンゼルスタジアムで会見し「大谷選手の手術が本日行われ、無事に成功した」と説明した。

 同手術は通常、投手での復帰には12~16カ月を要する。DHならば、送球プログラムのリハビリが省かれ「4カ月半~半年の間に本格復帰できる」とする医師の見解もあるが、大谷の全治について同GMは「今すぐ判断することは難しい」と話すにとどめた。エ軍の来年の開幕戦は3月28日(日本時間29日)だが、「打者・大谷」としては間に合う計算だ。

 大谷の執刀医であるエラトロッシュ氏は、肩、肘、膝の手術の権威として知られ、トミー・ジョン手術を考案したジョーブ博士のクリニックの中心的存在。ドジャースのチームドクターを務めているが、他球団の選手も執刀し、今年は通算125勝の右腕クエトら大谷も含め9人の大リーガーのトミー・ジョン手術を担当した。

トミー・ジョン手術とは 側副靱帯再建術

腕の前腕部の取り出して、ひじに移植する手術。

言葉で言うととっても簡単。

「トミージョン手術」の画像検索結果

トミー・ジョン手術は、肘の靱帯断裂に対する手術術式。 1974年にフランク・ジョーブによって考案され、初めてこの手術を受けた投手トミー・ジョンにちなんでこう呼ばれている。投球の際にひじの側副靭帯に大きな負担がかかる野球の投手が受けることの多い手術である。野球以外ではやり投など投擲系の競技者も受けることがある。

トミー・ジョン手術 - Wikipedia

 手術はまず、右の前腕部にある「長掌筋腱(ちょうしょうきんけん)」を取り出すことから始まった。「人間が四足歩行だった時に発達していた腱」(古島さん)で、取っても生活に支障がないという。これをひじに移植する。いわば「新たな靱帯」だ。ひじの骨に穴をあけ、20センチ近くある長掌筋腱を通して固定する。全身麻酔で行われた手術は約1時間に及んだ。

トミー・ジョン手術を受けた球児「痛み我慢しなければ」:朝日新聞デジタル
 「トミー・ジョン手術」。松坂(中日)やダルビッシュ(カブス)らも受けた、「ひじの内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)再建手術」の通称だ。6月、ある高校生投手が受けたトミー・ジョン手術に立ち会った…