スポンサーリンク

杠共芳 滋賀 切断遺体(ゆずりは・ともよし)容疑者(68)を死体損壊、死体遺棄両容疑で逮捕

シェアする

杠共芳 滋賀 切断遺体(ゆずりは・ともよし)容疑者(68)を死体損壊、死体遺棄両容疑で逮捕

スポンサーリンク

杠共芳 滋賀 切断遺体(ゆずりは・ともよし)容疑者(68)を死体損壊、死体遺棄両容疑で逮捕

焼肉屋だったからバラバラするの簡単(‘ω’)ノ

滋賀県草津市の農業用排水路などで今年8月に切断された遺体の一部が見つかった事件で、県警草津署捜査本部は3日、同県守山市古高町、焼き肉店経営、杠共芳(ゆずりは・ともよし)容疑者(68)を死体損壊、死体遺棄両容疑で逮捕した。「違います」と容疑を否認している。県警によると、遺体は杠容疑者の知人で草津市芦浦町の無職、中川直さん(当時69歳)と判明。県警は殺人容疑も視野に捜査を進める。

 中川直さんを殺害:草津市下笠町の葉山川の斜面などに一部を遺棄

山の中に切断遺体を廃棄。。

 逮捕容疑は、8月上旬~同月11日ごろ、鋭利な刃物などで中川さんの遺体の首や手足を切断したうえ、草津市下笠町の葉山川の斜面などに一部を遺棄したとされる。

 事件を巡っては8月11日、同市志那町の排水路で遺体の胴体、南西に約350メートル離れた葉山川沿いの斜面で下半身などが相次いで発見された。頭部と両腕は見つかっていない。

 県警は先月12日、中川さんのキャッシュカードで8月中旬から複数回、現金計約70万円を引き出したとして杠容疑者を窃盗容疑で逮捕。遺体の遺棄にも関与した可能性が強まり、聴取を進めていた。杠容疑者は「過去に中川さんと同じ建設現場で働いていた」と説明しているという。【諸隈美紗稀、成松秋穂】

殺害した後にキャシュカードから現金を引き出すって。

どんだけ鬼畜。

 

シェアする

スポンサーリンク