スポンサーリンク

大本萌景 2ちゃんねる 農業アイドルグループ「愛の葉Girls」自殺 LINE【文春】

シェアする

2ちゃんねる 大本萌景 アイドルグループ「愛の葉Girls」自殺【文春】

アイドルグループ愛の葉Girlsの大本萌景さんが自殺した事件で文春が報じた内容が2ちゃんねるに掲載されていました。

スポンサーリンク

大本萌景 2ちゃんねる 農業アイドルグループ「愛の葉Girls」自殺 LINE【文春】

1: 2018/05/20(日) 09:14:00.51 ID:CAP_USER9
・3月、農業アイドルだった大本萌景さんが自宅で首を吊り亡くなった 
・母親は文春の取材で、娘が高校生活との両立で悩んでいたことを明かした 
・事務所に相談しても、スタッフは高圧的な態度で聞き入れなかったという 

2018年3月、愛媛県松山市を活動拠点にする農業アイドル「愛の葉Girls(えのはがーるず)」メンバーだった大本萌景(おおもと・ほのか)さん(享年16)が、自宅で首を吊り亡くなった。 

「愛の葉Girls」はご当地アイドルブームが盛り上がりをみせていた2012年12月に、“歌って、踊って、耕すアイドル”としてデビュー。JAや自治体が主催するイベントなどで精力的に農業の魅力をPRする活動を続けてきたが、萌景さんの死を受けて、3月末で活動を自粛。デビュー以来、レギュラーメンバー・研修生を含めて10人以上が卒業や活動を辞退するなどして、最終的には5人編成となっていた。萌景さんの死から約2カ月。まだ心の整理がついていないという萌景さんの母親が、現在の思いを初めて語った。 

事務所スタッフと萌景さんのLINEのやり取り 
no title

マネージャーと母親のLINEのやり取り 
no title

■ももクロが大好きで、アイドルに憧れていた 
■全国区のアイドルになりたい 
■アイドル活動と高校生活の両立で悩んでいた 
■事務所スタッフからの高圧的なLINE 
■母親から連絡しても、取り合ってもらえなかった 
■今学校をやめると、私になにも残らなくなります 
■もう1回、高校1年からやり直そうとしていた 
■とにかく事務所の言うことは「絶対」 
■「1億円を払うように言われた」という娘の言葉 

あとから聞いて本当にショックでした。契約書には「ペナルティ料」の項目があり、規定違反や義務の不履行、タレント活動への事前連絡なしの不参加、遅刻の場合などにギャランティの50パーセント、または100パーセントをカット、足りなければ事務所から請求する旨が記されています。「1億円」というのは、Sさんが「違約金」をにおわせた発言だったと思えてならない。生前、「『何があっても萌景は辞めさせん』と社長(Sさん)に言われるよ」とも本人から聞いていました。 

■足元に置いてあった携帯には 
■娘が最後の会話で洩らした「怖いけん、行きたくないよ」 

あの日、私は外出する予定があって、9時40分頃に家を出ようとしたとき、萌景がパパッと走ってきました。「ねえママ、今日イベント行かんとだめ?」と聞いてきて、私は、Sさんとの電話のことを何も知らなかったので、「今日やれることは、やったほうがいいと思うよ。今日のことはちゃんとやっていこう」という話をしたら、娘が前日のように暗い顔をして「社長(Sさん)に会うのが怖いんよ。怖いけん、行きたくないよ」と言ったんです。これが、萌景との最後の会話になってしまいました。亡くなる日の朝、萌景が「怖いんよね」って言ったとき、本当だったら側におるべきだった。もっと気づいてあげるべきでした。その言葉がどれだけ深い言葉だったのか。毎日、毎日そのことばかりを考えています。 

事務所に書面で事実確認を求めたところ、一連の経緯について説明し、S氏が萌景さんに全日制高校へ進学することを勧めたが、3月20日、T氏が責任を持った大人になってほしいとの思いから「お金を貸すことはできません」との趣旨の発言をし、その話し合いの後に母親に電話をかけ、萌景さんからS氏に電話するよう促してほしい旨を伝えた事実を認めた。だが、「Sが大本さんに対して『1億円を支払うように』と述べた事実はありません」と回答した。 

2018年5月19日 21時30分 文春オンライン 
http://news.livedoor.com/article/detail/14739332/ 

愛媛県を拠点に活動するアイドルグループに所属していた少女が自殺

少女の自殺が所属事務所のパワハラや過重労働が原因として、遺族は事務所側に9200万円の損害賠償を求める訴えを起こす。

愛媛県を拠点に活動するアイドルグループに所属していた少女が自殺したのは、所属事務所のパワハラや過重労働が原因として、遺族が事務所側に計約9200万円の損害賠償を求める訴えを12日に松山地裁に起こすことが分かった。

少女は松山市の大本萌景(ほのか)さん=当時(16)

自殺した少女は、

大本萌景(おおもとほのか)

16歳

「愛(え)の葉(は)Girls」のメンバー

リーダーだった。

少女は松山市の大本萌景(ほのか)さん=当時(16)。平成27年から農業の魅力を伝えるご当地アイドル「愛(え)の葉(は)Girls」のメンバーで、リーダーだった今年3月、自宅で自殺しているのが見つかった。

hプロジェクト」脱退の意向を伝える

hプロジェクトに脱退の意志を伝えると、LINEでブン殴るというメッセージが送られてきたという。完全に脅迫ですね。。

弁護団によると、グループの拘束時間は早朝から未明にわたる日もあり、学業との両立に悩んだ大本さんが、所属会社の「hプロジェクト」に脱退の意向を伝えると、スタッフからLINE(ライン)で「次また寝ぼけたことを言い出したらブン殴る」などのメッセージが送られたという。

辞めるなら1億円払え

通信制高校から全日制を受験して転学って。家にお金がなかったから頑張っていたんでしょうね。お金を貸す約束も破られて、1億円払えって言われて、真に受けたかもしれません。

責任感の強い子だったんだろうな。

また、社長が学費を貸すと約束したため通信制高校から全日制を受験し転学することを決めていたのに、合格後の今年3月20日に貸し付けを撤回された上、社長に「(グループを)辞めるなら1億円払え」と告げられたという。大本さんは翌21日に自殺した。

パワハラや労働環境、社長の裏切りで、精神的に追い詰められた

弁護側はパワハラや労働環境、社長の裏切りで精神的に追い詰められていたと主張している。

LINEの内容からも、パワハラの内容が読み取れるので自殺の原因は社長にあるような気がしますが。

 弁護側は「パワハラや労働環境、社長の裏切りで、精神的に追い詰められた」と主張している。

 11日に東京都内で記者会見した母親の幸栄(ゆきえ)さん(42)は「社長には娘にどんなことを言ってきたか説明してほしい」。姉の可穂(かほ)さん(19)は「何が萌景を追い込んだのか真実を知りたい」と語った。

 社長は11日、取材に「追い詰めていたとは感じていない。これまでもあったことを伝えてきたし、これからもそうするつもりだ」と話した。

まとめ:2ちゃんねる 大本萌景

2ちゃんねるには、LINEの大本萌景さんと社長のやりとりが掲載されていました。

事務所社長のパワハラが原因で自殺したかどうか裁判で決定する。

大本萌景さんのブログ

 

関連:

大本萌景 ブログ 愛の葉Girls 農業アイドルグループのメンバーがパワハラで「自殺」