スポンサーリンク

堤義道 画像 あおり運転 岡崎市の解体業 懲役3年6か月の判決

シェアする

堤義道 画像 あおり運転 岡崎市の解体業 懲役3年6か月の判決

スポンサーリンク

堤義道 画像 あおり運転 岡崎市の解体業 懲役3年6か月の判決

愛知県日進市の東名高速道路で今年2月、あおり運転をしたうえ模造刀で男性を突き刺してけがをさせるなどし、傷害などの罪に問われた岡崎市の解体業・堤義道被告(34)に対する裁判が25日、名古屋地裁で開かれ、懲役3年6か月の判決が言い渡されました。

東名高速上でトレーラーの男性運転手の右膝を模造刀で突き刺す

 起訴状などによると、堤被告は今年2月21日未明、東名高速上でトレーラーの男性運転手の右膝を模造刀で突き刺すなどして全治6週間のけがを負わせた傷害などの罪に問われています。

須田健嗣裁判官

非常に危険で悪質。

須田健嗣裁判官は、堤被告が模造刀を使い暴行を加えた行為に対し「非常に危険で悪質」と述べ、「理不尽きわまりない行為」と断じました。

シェアする

スポンサーリンク