オンラインカジノならジャックポットシティカジノ【JACKPOTCITY】

シェアする

お久しぶりでお元気ですか(‘ω’)ノNEM太郎です。

最近の仮想通貨市場は冷え切ってしまって、全然盛り上がってないですね。。

NEM太郎の塩づけになったままのNEMやイーサリアムはどうなってしまうのでしょうか。

2017年のどきどきはまた2019年以降に再来するんでしょうかね。。(‘ω’)ノ

今回は、あの時のわくわくを一時でも味わいたい方に、オンラインカジノをご紹介します。

その名も、ジャックポットシティ

オンラインカジノとは?

ネット上で遊ぶ仮想賭博場です。

オンラインカジノonline casino)は、コンピュータネットワーク上で仮想的に開帳される賭博場(カジノ)である。

Wikipedia

違法性について

日本国内では、オンラインカジノ遊技者の中から逮捕者がでている。。違法なのか?(日本国内で遊戯)

国内からではなく、海外で遊んだらが法律に抵触しないということかな。

最近ちまたで話題のカジノ法案が通れば、オンラインカジノに関する法律も変わるかもしれませんね。

それまでは、オンラインでカジノ遊戯をすることは自己責任ということになります。

2016年2月に決済手段「NetBanQ」の運営者が逮捕されたことに関連して数名のプレイヤーが千葉県警による家宅捜索を受け(後述)、さらに2016年3月10日、日本国内から日本国外のオンラインカジノで賭けをしたとして、京都府警察単純賭博罪により3名を強制捜査の上逮捕している(後述)。2017年1月末現在、日本国内から日本国外のオンラインカジノで賭けをした場合の可罰性についての裁判例はない。これまで逮捕および家宅捜索を受けたプレイヤーのほとんどは略式起訴を受け入れているが、略式起訴を受け入れずに裁判で争う姿勢を見せたプレイヤーに対しては、検察はこれを不起訴処分としている。

日本政府国会答弁にて「犯罪の成否については、捜査機関が収集した証拠に基づいて個々に判断すべき事柄であることから、政府として、お答えすることは差し控えるが、一般論としては、賭博罪・賭博開張図利罪が成立することがあるものと考えられる」と述べている。[1]

オンラインカジノは違法とも合法ともされないグレーゾーン。

海外サーバー上にオンラインカジノに関しては議論がすすんでいない。。

結局のところ、すべて自己責任ですね。

結論から言ってしまうと、日本ではオンラインカジノは違法とも合法ともとれないグレーゾーンにある存在と言えるでしょう。日本国内での賭博は禁止されていますが、海外のサーバー上にあるオンラインカジノがそれに当てはまるかどうかについては、まだまだ議論が進んでいないからです。

とはいえ、ニュース等で聞いたことがある人もいると思いますが、オンラインカジノ関連での逮捕者もすでに出ています。一方でカジノ法案によりカジノをめぐる状況自体が変わるのではないかという見方もあります。完全に違法とは言い切れないものの、合法でもない。これが現在のオンラインカジノの状況です。遊ぶ際は、その点も踏まえて、自己責任で楽しむようにしてください。

ジャックポットシティとは?

ジャックポットシティとは、オンライン上で遊べるカジノゲームです。

初回は、1600ドルの初回ボーナスがあるということなのでお得に遊ぶことができますよ。

ジャックポットシティ

まとめ

結局のところ、オンラインカジノは自己責任で遊ぶもの。

カジノ法案が成立すれば、オンラインカジノに関しての法律も変わるかもしれないので、法律が成立してから遊ぶ方が安全ということになりますね。

繰り返しになりますが、オンラインカジノは自己責任。

遊ぶも遊ばないもあなた次第(‘ω’)ノ

ジャックポットシティ