スポンサーリンク

遺憾砲は聞き飽きた・遺憾砲発射の菅氏 遺憾砲とは?韓国が責任転嫁 徴用工訴訟の大統領発言【まとめ】

シェアする

遺憾砲は聞き飽きた・遺憾砲発射の菅氏 遺憾砲とは?韓国が責任転嫁 徴用工訴訟の大統領発言【まとめ】

日本って、いつも遺憾!遺憾!って言ってるよね。

遺憾はいかんよ。伝わらないよ。

スポンサーリンク

遺憾砲とは

つまりは日本政府の弱腰の声明である。攻撃したいという意図があるにも関わらず、外交上難癖をつけられた時や、トラブルがあった際に日本の政治家が発す【遺憾の意】。

 

日本「遺憾砲」と朝鮮「無慈悲な鉄槌」ネットでの扱われ方 日本政府による意見表明でよく使われる「遺憾の意を表する」という言葉がある。「 … 実は「」はネットではお笑い用語の一つで、「遺憾砲」とは、外交上難癖をつけられた場合や、トラブルが発生した際に日本の政治家が発する「遺憾の意」を意味する。2018/12/11

遺憾砲発射

遺憾砲は聞き飽きた

韓国側の責任を日本側に転嫁しようとしている意図があり、極めて遺憾だ!と菅義偉官房長官は記者会見で発言した。

菅義偉官房長官が記者会見で発言

韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り、文在寅大統領が日本が問題を拡散していると発言したことをうけて「きわめて遺憾だ」と発言した。

 

韓国側の責任を日本側に転嫁

韓国のお家芸ですが、国内の政治が悪くなると必ず日本の歴史関係を批判してきますね。

徴用工問題は日韓請求協定で解決済

徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で解決しているというのが日本側の主張。

 

請求権協定

請求権協定は司法府を含む当事国全体を拘束していおり、韓国側が協定違反の状態を作りだしている状態と菅氏は発言。

 

韓国政府が具体的措置を取っていない

原告側による差し押さえの措置が進んでいるというからびっくり。

菅義偉官房長官は11日の記者会見で、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟を巡り韓国の文在寅大統領が「(日本が)問題を拡散させている」と発言したことを批判した。

「韓国側の責任を日本側に転嫁しようというものであり、極めて遺憾だ」と述べた。

徴用工問題は1965年の日韓請求権協定で、解決済みというのが日本政府の立場。菅氏は韓国側の対応について「請求権協定は司法府を含む当事国全体を拘束するもので、韓国側が協定違反の状態をつくり出している」と強調した。

「韓国政府が具体的措置を取らず、原告側による差し押さえの措置が進んでいるのは極めて深刻だ」と非難した。

まとめ

遺憾の意とは、残念であるという気持ち。わが国が保有するミサイル兵器。