スポンサーリンク

三つ子 松下園理 不妊治療 母親 ワンオペ育児で投げ落とした夜 次男死亡に実刑判決

シェアする

三つ子 松下園理 不妊治療 母親 ワンオペ育児で投げ落とした夜 次男死亡に実刑判決

次男死亡に実刑判決が下された。なんて悲しい事件なのでしょうか。育児ノイローゼで子供を放棄したり、殺害してしまう親は少なくありません。今後はこんな悲しい事件が起こらないように、国全体でフォローしてもらいたいもんです。

スポンサーリンク

松下園理被告とは

生後11か月の三つ子の次男を床にたたきつけ死なせた母親。

傷害致死に問われ、一審で懲役3年6か月の実刑判決。執行猶予つかないんですね。

そうなってしまうと、他に残された子供達はどうなってしまうんでしょうか。

責任能力に事実誤認があり、量刑も不当だとして、執行猶予付き判決を求めて結審。

判決は9月24日に言い渡されそうだが、実刑となってしまった場合は、残された子供達は施設

に送られるのだろうか。

生後11カ月の三つ子の次男を床にたたきつけて死なせたとして傷害致死罪に問われ、一審・名古屋地裁岡崎支部が懲役3年6カ月の実刑判決を言い渡した松下園理被告(31)の控訴審第1回公判が2日、名古屋高裁(高橋徹裁判長)であった。弁護側は「責任能力に事実誤認があり、量刑も不当だ」として、執行猶予付き判決を求めて結審した。判決は9月24日に言い渡される予定。

 

不妊治療の末

不妊治療の末に授かった次男であったが、松下園理被告の動悸や吐き気が襲ったことをきっけに次男をベッドから抱き上げ、隣の和室へ移動し少し勢いをつけて畳の上に投げ落とした。再び次男を畳の上に投げ落とし、約2週間後に搬送先の病院で息を引き取った。

きっと、泣き止んだ時には、少し落ち着いた気持ちになったんでしょうね。静かになった次男を見て、どんな思いで母親は過ごしていたのでしょうか。静かになった瞬間に気持ちが落ち着いたという供述をしていることから、育児へのストレスの度合いがうかがわれる。

子育てって、大変なんですね。

子ども部屋に寝かせていた次男(当時11カ月)が、泣き始めた。2018年1月11日夜のことだ。幼子の泣き声で、松下被告を動悸(どうき)や吐き気が襲った。次男をベッドから抱き上げ、隣の和室へ。少し勢いをつけて畳の上に投げ落とした。泣き続ける次男を再び投げ落とすと「気持ちが少し落ち着いた」。次男は約2週間後、搬送先の病院で息を引き取った。

三つ子の母親としての松下園理被告

松下園理被告は、子供達と離れて、実家で暮らしているようだ。自ら証言台に立ち、「次男に、命を奪ったこと、長い未来を奪ったことにごめんねという気持ち」と涙を流して語ったという。

母親と言えど、子供の命を奪う権利はないですが、必死だからゆえに思いたった衝動的な行動に出てしまうことはあったのかもしれません。

松下被告は一審判決後、子どもたちと離れ、実家で暮らしている。この日の控訴審で自ら証言台に立ち、現在の心境などについて「次男に、命を奪ったこと、長い未来を奪ったことにごめんねという気持ちです」と涙ながらに語った。

 

次男の遺骨に謝罪する松下園理被告

松下園理被告は次男の遺骨の一部を手元に置き、毎日触りながら謝罪する日々を送っているという。弁護側は、飛行が多忙で過酷な多胎育児によってりかんしたうつ病の治療にとりくんでいるという点や、2人の子供と面会を重ねて母子関係を再構築しつつある点を挙げて、執行猶予付き判決を求めている。

自分が誤って殺してしまった次男の骨にむかって、毎日謝罪しつづける人生って辛すぎですね。出産後の女性は攻撃的になりやすく、イライラしやすくなっているという事も重なったことで、自制心が壊れてしまったのでしょう。

うつ病発症とはなると、もうその時点で正確な判断ができなくなってしまっているので、故意に次男を殺害してしまったとはいえないでしょう。

次男の遺骨の一部を手元に置き、毎日触れながら謝罪する日々を送っているという。弁護側は、被告が過酷な多胎育児によって罹患(りかん)したうつ病の治療に取り組んでいることや、2人の子どもと面会を重ねて母子関係を再構築しつつある点を挙げ、改めて執行猶予付き判決を求めた。

 

愛知県豊田市で床にたたきつけて脳挫傷により死亡

一審の判決によると、松下園理被告は昨年の1月に愛知県豊田市の自宅で次男が泣いていたことに腹が立ち、床にたたきつけて脳挫傷により死なせた。

松下園理被告が、うつ状態で心身耗弱であった状態で、行政から適切な支援が得られなかったとして執行猶予を求めてた。

地方裁判所は完全に責任能力があったとして実験判決を言い渡している。

一審判決によると、松下被告は昨年1月、愛知県豊田市の自宅で、次男が泣いていたことにいら立ち、床にたたきつけて脳損傷により死なせた。弁護側は「被告は犯行時、うつ状態で心神耗弱であった上、行政などから適切な支援が得られなかった」と執行猶予を求めたが、地裁岡崎支部は「完全責任能力があった」として実刑判決を言い渡した。

 

懲役3年6ヶ月の実刑判決

多胎育児の末、次男を殺傷してしまった松下園理被告には3年6か月の実刑判決が下されました。弁護側は「多胎育児の過酷さを考慮すべき」控訴。

 

実刑判決が出てしまうと松下園理被告は子供と会えなくなる

実刑判決が出てしまうと子供が成長する大事な時期に母親と会えなくなってしまいます。残念ながら次男は死亡してしまいましたが、残された子供達にまで辛い思いをさせたくはないでしょう。

刑事罰としては、一人の人間を死亡させてしまっているという点で実刑判決は打倒かもしれませんが、残された子供達の状況を考えると執行猶予を付けてあげたいと思うのが、個人的な意見です。

「このまま実刑判決が出てしまうと、5歳半過ぎるまで(子供と)会えなくなってしまうんですね。(幼児期に)全く母親の顔も知らないで育つということが、(残された)2人のお子さんにとって、やっぱり良いことだとは思えないんですよね。2人のお子さんのために執行猶予を付けてほしいと思います」

 

出産直後は愛知県の実家へ

出産直後は愛知県の実家にア里帰りしたが、飲食店の両親を頼ることはできなかったという。

5月に半年間の育休をとった夫が自宅にもどったが、子育ての協力はしようとしたものの、うまくいかなかったという。

それでも、慣れたらなんとか手助けぐらいはできそうな気がしますけど。

出産直後は愛知県内の実家に里帰りしたが、飲食店経営の両親を頼ることはできなかった。5月に半年間の育休を取得した夫が待つ自宅に戻った。おむつの取り換えに失敗したり、だっこをすると子どもが泣いたりする夫を、次第に頼らなくなった。

多胎育児とは

多胎育児の現状に詳しい教授によると、不妊治療の普及が影響して、双子とか3つ子以上でできやすくなっているという。生殖医療体外受精で20人に一人はそうったケースになるという。珍しいものでもないという。

多胎育児の現状に詳しい、石川県立看護大学の大木秀一教授は、不妊治療の普及が影響しているとみています。

石川県立看護大学 大木秀一教授
「不妊治療の際に、双子とか3つ子以上ができやすい。
(不妊治療について)データがあるのは、生殖医療、体外受精ですけど、大体20人に1人。
それほど珍しいものではない。」

一方で、多胎育児を支える仕組みづくりが進まないことから、大木教授は、母親たちが育児にストレスを募らせていると言います。

増える“多胎児” 育児の現場|けさのクローズアップ|NHK おはよう日本
 

 

自治体のサポート、民間団体は?

名古屋市では有料ヘルパーを派遣する制度があり、豊田市では松下園理被告の事件を受けてヘルパー制度を設けたという。

名古屋市では、有料でヘルパーを派遣する制度があり、豊田市では、松下被告の事件を受けてヘルパー制度を設けました。

 また、全国的に多胎育児の支援に積極的なのは滋賀県の大津市で、通算で100時間、無料でヘルパーの派遣サポートを受けることができます。

 自治体の支援は地域差がありますが、全国各地に民間の多胎家庭を支援する「地域多胎ネット」という団体があり、相談をしたり、アドバイスを受けたりすることができます。

 

産前・産後ヘルプ事業について

名古屋市に関しては、妊娠中か出産6か月以内であれば、火事や育児が困難な方に対してヘルパーを派遣して、お手伝いしてくれる援助する事業がある。

妊娠中又は出産後間もない時期で体調がすぐれないため、家事や育児が困難な方に対してヘルパーを派遣して、調理、洗濯、掃除などの家事や授乳のお手伝いなどの育児を援助する事業です。

ヘルパー事業は、名古屋市に住んでおり、妊娠中または出産後の体調不良である状態であれば、利用することができる。

名古屋市内にお住まいで、妊娠中又は出産後の体調不良等により、家事や育児が困難であり、かつ、昼間に家事や育児のお手伝いをしてくれる人が他にいない方。

※里帰り出産の方や、昼間にお父さんや祖父母の方などお手伝いをしてくれる方がいる場合は、対象外です。

※祖父母の方などが同居する場合でも、その祖父母の方自身が、ご病気などにより家事・育児の手伝いができない状況にあれば対象となります。

名古屋市:産前・産後ヘルプ事業(子育て)(暮らしの情報)
産前・産後ヘルプ事業について

 

多胎出産の場合は1年以内で利用可能

松下園理被告のような多胎出産の場合は、1年以内にヘルパー派遣も可能だということなので、育児が大変な多胎出産の母親となった方は積極的に利用して頂きたいものです。

妊娠中(母子健康手帳交付後)から出産後6か月以内(多胎出産の場合は1年以内)

地域多胎ネット

子供が双子や3つ子以上の多胎だった場合に利用できるゆるやかなネットワークが存在します。

各地域の「地域多胎ネット」も掲載しています。
「地域多胎ネット」とは、多胎の妊娠・出産・育児を、多胎家庭の当事者、研究者、医療、保健、福祉、行政、教育・保育・子育て支援者などが 連携して支援するための、ゆるやかなネットワークです。現在数か所の都府県や地域で発足し、活動しています。

全国にある多胎のサークル等 | JAMBA|一般社団法人 日本多胎支援協会
日本多胎支援協会は、日本中どこでも多胎児を安心して産み育てることができる社会の実現をめざして、保健,医療,福祉,保育・教育,子育て支援,行政など、地域の様々な社会資源と連携し、より幅広くきめ細やかな活動をしながら、多胎支援の輪を広げていきます。

 

産後うつ病とは?

産後うつとは、赤ちゃんを産んだばかりの母親に現れる症状。

辛くて後ろ向きな感情やネガティブな発想が多くなるようですね。症状はは朱さん後というわけではなくて、出産後にも出てくる可能性もある。赤ちゃんが生まれた1~3週間後に症状がでることが一般的。人によっては、数か月や1年後に発症する場合もあるという。

ということで、産後にうつ状態になる可能性は、いつでもどこでもあるということです。

産後うつの割合は7人に1人の割合ということなので、かなり確立的には多いですね。

700人中100人、7000人であれば1000人が発症するわけですから。

産後うつがいつまで続くかということですが、長い場合は1年程度続くこともあるようです。人によって3~12か月と期間は違うようなので、ゆるゆると時間が過ぎることを願って生活するしか方法はなさそうですね。

産後うつは赤ちゃんを産んだばかりのママに現れる病状です。産後、ママには、辛くて後ろ向きな感情や考えが長く続くことがあります。産後うつの主な症状や兆候は後に詳しく説明します。産後うつ は出産後に出てくる症状ですが、必ずしも最初の出産後と言うわけではなく、いずれの出産後にも出てくる可能性がある症状です。赤ちゃんが産まれた1~3週間後に症状が現れるのが一般的ですが、数ヵ月後や1年後に発症する場合もあります。

産後うつは一般的なの? ママが思っているよりもずっとよく起こることです。7人に1人の割合でこの症状を経験しています。産後うつと後に診断されたママのおよそ半分が妊娠中に発症しているのです。もしママが産後うつの症状を感じたり、産後うつだと診断されたりしたのであれば、似たような状況のママもいると思ってください。そう思えば少し気が楽になります。

産後うつはいつまで続くの? ママの状況やお医者さんの治療により、いつ症状が治まるか変わってくるでしょう。出産後、数週間後に症状がピークを迎えるママもいれば、3~12ヶ月ほど続くママもいるでしょう。早めに治療を受けることにより、ママの症状に合った方法で治療し、症状を解決していくことができるでしょう。

産後うつとベビーブルー は違うものです。ベビーブルーはそれほど深刻ではないけれども落ち込んだり悲しくなる症状、不安を抱えたり眠れなくなったりすることです。これらの軽い症状は出産後2~3日後に現れて、数週間後には治まっていきます。ベビーブルーでは気分がひどく落ち込みますが、休むことで治まっていきます。産後うつはまれに発症する産褥期精神病と呼ばれる気分障害とも別のものです。産褥期精神病では幻覚や妄想などさらに深刻な症状が現れます。

産後うつの主な兆候とは
出産を経験したママたちの中には、産後うつという病状に苦しむこともあります。産後うつの主な症状とは?新米ママでもできる対処方法をまとめています。

 

理想的な親子関係、母子関係の条件

理想的な母子関係とは?親は子供に関して完全な保護者ではあるが、その当然と言われる状態にストレスを抱えすぎて、八方塞がりになってしまいがちではないでしょうか。特に出産前出産後の産後うつの状態の母親からすれば、親として当然の行動をするべきなのに、できていない状態の母親としての自分に対して憤りやイライラがつのることも多いでしょう。

子育てが辛いと思ったら親に相談して手伝ってもらったり、手伝ってくれる身内がそばにいない場合は上述の産前・産後のヘルパー事業に相談して育児を手伝ってもらいましょう。

理想的な親子関係の条件があるとすれば、第一の条件は、お子さんに対して、完全に保護者であることであります。お子さんのありのままをご両親が受け入れるということ。つまり、そのお子さんが「良い子でも悪い子でも、とにかく親は親であり、お子さんを見捨てることなく、困ったときには全面的に受け入れる」という姿勢を示してあげることが望まれます。このことは、親の視点からは、親が子供を愛するのは当然と思っていても、お子さんに対し表現しなければ判らないことが多いのです

第二の条件は、お子さんの自主性が芽生えてきたら、「自主性を重んじる」。ある一定の年齢にきたら、「信じて見守って待つ」という姿勢が必要です。ご両親の好みや価値観でお子さんを支配するのではなく、お子さんの要求に応じ、意見を尊重し応えてあげる事が重要であります「かわいい子には旅をさせろ」と言いますが、小さな失敗は経験させてあげることも必要なのです。軽く転ぶことで、お子さんは痛い経験を通し、次から転ばないようにします。しかし、一度も転んだことのないお子さんは、転んだら痛いと云う事がわからないので、何故足元に気をつけなければならないのが判らない可能性があります。

第三の条件はコミュニケーション。頭ごなしに叱ったり、注意するのではなく、子どもの言い分に耳を傾ける必要があります。一見理不尽に見える同じ行動でも、背景にあるお子さんの気持ちによっては、同じ行動でも意味するところが異なり、肯定すべきことも多いと思われます。お子さんの意思を良く聴いて(尋問ではなく傾聴)尊重できると良いと思います。

第四の条件は、お子さんが自分は役に立っているという実感を得る機会を奪わない事です。お子さんから、親御さんに対し、何か手伝いたいという申し出があったら、遠慮せず、喜んで依頼しましょう。人は皆、誰かの役に立ちたいと思っています。「そんなことをしてもらったら悪い」などとは思う必要はなく、親御さんに「喜んでもらった、役に立った」という実感が、お子さんの自己評価を高め、自らの存在感を確立して行くのに役立つのだと思います。

第五の条件は、自分の型に当てはめようとせず個性を尊重することです。戦後60年以上経ち、平和な社会で、私たち親がおちいりやすい落とし穴として、自分の子どもはこういうようにカッコよくと自分の理想の型にあてはめようとすることであります。しかし、全く同じ人間だけが集まっている社会など不自然きわまりなく、ヒトのDNAは皆異なり、お子さんにはそれぞれの個性があり、個性にあった生き方をするのが最も幸福なのです。お子さんの意思を尊重する事が重要です。

ここまで読まれて、乳児期にほったらかしだった。と悔やんでいる保護者の方がおられるでしょうか?―今からでも遅くありません。お子さんが甘えたそうにしたら乳児期に戻ったつもりで甘やかしてあげて下さい。一時的に我侭なお子さんになるかもしれませんが、どんなに甘えさせてあげたいと思っても、満たされれば、さっさと離れていってしまいます。お子さんが、親を求める時期はほんの僅かです。完璧な育児などなく、いま育児中の皆様にはお子さんとの今の時を大いに楽しんでくださることを切望します。

温かい心を育むために|理想的な親子関係を築くには

 

まとめ

不妊治療のかいあって3つ子を出産した松下園理被告ではあったが、育児のストレスからうつ病を発症し、次男を床にたたきつけて死亡させた事件。実刑判決が下され、懲役3年6か月の刑が下される。執行猶予を求めて弁護側が再審を求む。

名古屋では産前産後のヘルパー事業もあるとのことなので、育児ストレスから少しでも楽になるように地方自治体の力も利用するべきだろう。

子供ができなくて困っていた母親からしたら、出産できたことは幸せだったのだけれども。母親自身がうつ病をかかえながら、3つ子の面倒をみるってそれは無理ゲーな世界だったんだろうな。辛すぎる事件です。