スポンサーリンク

性の喜びおじさんが汚言症・トゥレット症候群の病気の可能性大【発達障害】まとめ

シェアする

性の喜びおじさんが汚言症・トゥレット症候群の病気の可能性大【発達障害】まとめ

ちょっと前に流行った性の喜びおじさんですが、ちょっと変わった人という認識だったけど実は病気の可能性が高いということがネットでわかりました。

スポンサーリンク

性のよろこびおじさんの汚言症・トゥレット症候群の動画

汚言症

汚言症とは、卑猥な言葉や罵倒する言葉を不随意的に発する症状。周りにいる人を不快にするので、ぼっち率は高い。卑猥語多様癖。

音声チックの一種で、チック症と同じく、突発的な急なリズムで症状がくりかえされ、個人によって症状の内容は違ってくる。

汚言症(おげんしょう、英:Coprolalia)とは、卑猥語罵倒語(汚言、醜語、糞語、猥言、猥語)を不随意的に発する症状。猥褻語多用癖。複雑音声チックの一種であり、チック症の身体症状と同じく、突発的かつ急なリズムで繰り返される。その内容は人によって個人差がある。

トゥレット症候群の重篤な多発性チックの症状として最も特徴的と考えられていたが、今日では決定的な診断基準ではない。むしろトゥレット症候群の中でも少数派だがあまりにも特徴的なので目に付きやすいという側面の方が強い。また、僅かながら他の疾患にもみられる。

トゥレット症候群

トゥレット症候群はチックと呼ばれる症状が複雑に現れる状態をさし、多くは小学校入学前後の小児期に発症するという。そうであるなら、性のよろこびおじさんは小学校ごろからずっと汚言や罵倒する言葉をずっと言っていたのだろうか。

周りに人はよってこなかっただろうと推測できますね。本人では意識しない運動、付随運動という名称で呼ばれており、行動が発作的に生じる。

咳、瞬き、首を振ったり、叫ぶなどの症状が突発的。無意識に生じるので本人もそうとう消耗するに違いない。

1000人に1人~10人程度に発症するということで、けっこう多いようです。男児に多いという。

トゥレット症候群とは、「チック」と呼ばれる症状が複雑に現れる状態を指し、多くは小学校入学前後の小児期に発症します。チックとは医学的な症状名であり、不随意運動、すなわち自分では意識せずに行動が生じる症状のことを指します。トゥレット症候群では、咳や瞬き、首振りなどの運動、叫ぶなどの症状が突発的・無意識のうち生じています。時には意識的にやっているのではないかと思われるほどの複雑な行動を示すこともあり、精神的な病気と誤解されることもあります。トゥレット症候群の治療として、手術が行われることもあります。トゥレット症候群という「精神疾患かもしれない」と誤解を受けるような病気に対して手術を行っているという、間違った認識を与えてしまうことがあります。このあたりの誤解には充分留意することが大切です。 正確な発症率についてはいまだ不明な部分も多く正確な疫学情報を得るにはさらなる調査が必要ですが、1,000人当たり1〜10人ほどと推定されています。この数字は国や人種によっても異なります。主に男児に多い傾向があります。

トゥレット症候群について
トゥレット症候群とは、「チック」と呼ばれる症状が複雑に現れる状態を指し、多くは小学校入学前後の小児期に発症します。チックとは医学的な症状名であり、不随意運動、すなわち自分では意識せずに行動が生じる症状のことを指します。トゥレット症候群...

運動チック 

性のよろこびおじさんは顔面の素早い動きをしていますね。勝手に身体が動いているような印象をうけます。自分の身体を触ったり叩いたりするという。

顔面の素早い動き(まばたき、顔をしかめるなど)、首を振る、腕や肩を振り回す、 
体をねじったり揺すったりする、自分の体を触ったり叩いたりする、口の中を噛む、他人の身体や周囲のものなどにさわる、など 

音声チック 

変な音を出すチックですね。咳払いや短い叫び声をあげたりするそうなので周りにいる人はびっくりしてしまいます。汚言症になると人を罵る言葉や卑猥な内容を連呼したりするなど、性の喜びおじさんにぴったるあてはまっています。うなり声や、ため息も症状の一つだということ。

咳払い、短い叫び声、 
汚言症(罵りや卑猥な内容)、うなり声、ため息をつくなど 

まとめ

性の喜びおじさんは、精神疾患ではなく汚言症およびトゥレット症候群の可能性が大。変なおじさんではなく、病気だったということか。

 

シェアする

スポンサーリンク