スポンサーリンク

トレンドアフィリエイトのタイトルの付け方・ブログ記事作成方法を解説

シェアする

トレンドアフィリエイトの記事タイトルの付け方・作成方法を解説していく。

ブログアフィリエイトで一番重要になるのは、タイトルの作成だ。

アクセスを集め、収入につながるトレンドブログとなるようにライティングを意識してタイトル選定をしよう。

スポンサーリンク

トレンドアフィリエイトのタイトルの付け方

トレンドアフィリエイトを行う上で最も重要な作業は「タイトル」をつけることだ。具体的に言えば、検索エンジンに上位表示が可能でアクセスを集める事ができるタイトルだ。

この記事では、タイトルに必要なキーワードの選び方、上位表示に役立つテクニックを記載した。タイトルのキーワード選定は、トレンドアフィリエイトだけではなく、一般的なアフィリエイトにも応用可能なので役立ててほしい。

キーワード選定でタイトルを付ける

グーグル(検索エンジン)はタイトルの中にあるキーワードを最も重要視する傾向にある。

トレンドブログのタイトルを決定する場合、絶対にはずしてはいけない項目だ。

文章中に記述した内容がタイトルに沿ったものであることも重要視される。

つまり、タイトル選定と文章の内容は同じぐらい重要になる。

タイトルを無視した文章はグーグルは評価しないだろう。

タイトルの内容と文章の内容が合致していないと、グーグルに上位表示できないどころか、読者に対しても意味がわからない内容となってしまう。

ユーザビリティを考慮したタイトルの選定と文章の記述を意識することだ。

自分勝手にタイトルをつけたり、ライティングをしていると挫折することになりかねない。

アクセスを集めるどころか1円の稼ぎにもならない。

トレンドアフィリエイトで挫折する理由と挫折しない方法を解説

タイトルの付け方で注意すること

トレンドアフィリエイトのタイトルの付け方には、注意するべき点が2つある。

グーグル検索エンジンからの見え方および、検索エンジンから訪れた読者からの見え方だ。

検索エンジンを意識するあまり、読者が興味を持たないタイトルを付けてしまっては意味がない。記事のタイトルをクリックされなければ、文章も読まれないからだ。

しかし、読者が興味を持つタイトルだからといって、検索エンジンを無視することもできない。どんなに魅力的なタイトルを選定しても、グーグルに上位表示されなければしかり、読書が訪れることもない。

検索エンジンからは評価が高く、読者には興味をそそるようなタイトルのキーワードを選定する。

記事ネタをネタ元から決定

トレンドアフィリエイトの記事になりそうなネタを、ネタ元から探していこう。

何もないところから記事は作成できない。

トレンドになりそうなネタをネタ元と呼ばれるニュースサイトやSNSを利用して探す。

ツイッターはトレンドキーワードを探すのに、最も適しているだろう。

アクセスがとれないキーワードもトレンドとして提供されるので、キーワード選定には慣れが必要だ。

トレンドアフィリエイトのネタ元の探し方・情報元を探す方法

メインキーワードをタイトルに選定

トレンドになりそうなキーワードが見つかったら、そのキーワードをタイトル先頭に記述する。グーグルはタイトルの先頭にあるキーワードを重要視する傾向があるので覚えておこう。

関連キーワードを選定

メインのキーワードが決まったら、関連のキーワードを選定していく。

メインキーワードが「新型コロナウィルス」に選定した場合、次に重要(アクセスが集められるキーワード)と思える言葉を選定する。

グーグルでは、メインキーワードを検索欄に記述すると、サジェストとして関連キーワードを提示してくるので参考にしよう。

具体的には、「新型コロナウィルス 日本 感染者」「新型コロナウィルス 日本 対策」「新型コロナウィルス 日本 どこ」といったメインキーワードと関連キーワードをつなげた形になるだろう。

タイトルの選定から読者がどういった情報を探しているかも予測できるので、タイトルに沿った内容や情報を記載する。

「新型コロナウィルス 日本 感染者」と検索した読者は、日本に新型コロナウィルスの感染者がいるかどうか知りたいと予測できる。

「新型コロナウィルス 日本 対策」と検索した読者は、日本において新型コロナウィルスの対策案が知りたいと予測ができる。

グーグルからの視点では、「新型コロナウィルス 日本 対策」でタイトルは問題はないが、読者からの視点ではこういったタイトルは読みづらいだろう。

「新型コロナウィルスの日本での対策は簡単!マスクで防ぐ対処法」などというようなタイトルにしてしまおう。

読者が検索してきたキーワードに対して、情報がもっと必要だと予測できるのであれば、付属して情報を提供しよう。

新型コロナウィルスの日本の感染者の詳細が知りたい読者は、きっと新型コロナウィルスの感染しない対策も知りたいと予測ができる。

関連キーワードは詰めこまない

タイトルを選定するにおいて、あれもこれもキーワードを詰めこみすぎるのは良くない。

芸能人の名前をメインキーワードとしてタイトルに選定した場合、すべての関連キーワードをタイトルに挿入するのはオススメできない。

「クロちゃん アイドル しん 背中 twitter 彼女 年齢 年収」といったタイトル選定では、検索エンジンおよび読者のニーズに答えていないタイトル選定となる。

タイトルの左側にあるキーワードほどグーグルは重要視すると先ほども述べた。

メインキーワードを決定し、アクセスがとれそうであったり、自分の興味がもてる関連キーワードが見つけたら、メインキーワードのすぐ近くに配置しよう。

関連キーワードから読者の目的が推測できる。

「クロちゃん」は「アイドル」を「プロデュース」していて、詳細を知りたい。

「クロちゃん」の「ツイッター」でつぶやく言葉の最後につける「しん」の意味が知りたい。

「クロちゃん」の「背中」の様子、写真が見たい。

「クロちゃん」の「twitter」を見たい。

「クロちゃん」が「彼女」がいるか知りたい。

「クロちゃん」の「年齢」が知りたい。

「クロちゃん」の「年収」が知りたい。

具体的には、「クロちゃんがアイドルをプロディース!アイドルグループのメンバー一覧」といったタイトルが良いだろう。

ブログ作者が興味の持てる関連キーワードや、情報がすでにあるキーワード選定をした方が書きやすい。

アクセスが見込めそうな関連キーワードでも、簡単に情報が集まらないようなものは選定しない方が無難だ。

タイトルで煽る方法

トレンドアフィリエイトでは、タイトルで煽る方法を選定するブロガーが多い。

タイトル前方に「必見!~」「やばい!」「絶対~」などワードをつめるとタイトルのクリック率があがるからだ。

しかし、一時的にアクセスを集められたとしても、内容のない文章では読者のページ離脱率が下がり、ブログ滞在時間も減ってしまい、結果的にグーグルからのサイト評価点も下がってしまう。

こういった小手先だけのタイトル選定だけでは、長くアクセスを集めるブログ構築はできないだろう。

関連キーワードでタイトルで煽る方法

タイトルで意味のない言葉で煽るより関連キーワードを利用して、タイトルに煽り要素を加えた方がグーグルにも評価され、読者のクリック率もあがる。

「新型コロナウィルスは日本で対策は簡単!マスクで防ぐ対処法」よりも

「対策!新型コロナウィルスの日本の感染 簡単にマスクで防ぐ対処法」

要するに、関連キーワードをメインキーワードの前に配置し、メインキーワードを煽る形にすだけだ。

メインキーワードから最重要の関連キーワードの距離も離れていないので、グーグルの検索エンジン対策も万全である。

メインキーワードで検索上位表示が難しい場合であっても、関連キーワードを交えた複合語で上位表示の可能性もあがるので是非、タイトル選定の際は試してみよう。

タイトルの文字数は28~32文字まで

トレンドアフィリエイトだけではなく、一般的なアフィリエイトでもタイトルは重要だ。グーグルに表示されるタイトルの文字数はだいたい32文字までに集約される。

タイトル後方の文字は重要ではないとグーグルが言っているようなものだ。

無意味な文字を詰めこみすぎることは、上位表示に不利になる。

こちらの記事では、

「トレンドアフィリエイトのタイトルの付け方・ブログ記事作成方法を解説」としているが、タイトル内のキーワードの関連性も重要視した。

無関連のキーワードを詰めこむよりも関連性のあるキーワードを詰めた方がグーグルは専門的な記事と認識するようだ。

要するに、

トレンドアフィエイトを行う上で、タイトルの付け方は重要だ。ブログの記事を作成する上で必要な方法を解説する記事です。

という事をグーグルと読者に謳っている。

トレンドアフィリエイトとブログはとても近い存在であることもグーグルは認識している。

無意味な言葉を詰めれば詰めるほど、グーグル(検索エンジン)が認識しづらくなるので、そこも注意しよう。上位表示がしやすいようにクローラー(キーワード等を読み込むシステム)目線でタイトルを選定する。

稼ぐタイトルの選定方法

トレンドアフィリエイトを行う上で、目標とするのは稼ぐことだ。有名になりたいからトレンドアフィリエイトをする人はいない。

稼ぐタイトルとはどういうことか。

ブログアフィリエイトにおいて、稼ぐということはアクセスを集めるということだ。沢山の読者を集め、クリックを集中させブログに誘導し、記事中の広告をクリックしてもらう。

要するに、アクセスを集めるタイトルだ。

アクセス数が集まらないタイトルは稼げない。

アクセス数が集まらないキーワード

  • 検索総数が少ないタイトル
  • 上位表示できないタイトル
  • クリック率が低いタイトル

2020年にトレンドアフィリエイトは稼げない?稼げる理由と方法

検索総数が少ないタイトル

狙ったキーワードの検索総数が1日で100回しかなければ稼ぐことはできない。

検索総数が少なくとも、メインキーワードで一日1万回以上のトレンドキーワードを選定しよう。そうすれば、関連キーワードの複合語でタイトルを選定してもアクセスが見込める。

メインキーワード自体の検索総数が1000回程度ならば、関連キーワードの複合語タイトルで上位表示できたとしても、クリックはおよそ数回程度が良いほうだろう。

グーグルトレンドでは、検索総数を確認できるのでチェックしておこう。

検索総数の多いメインキーワードと関連キーワードを合わせたタイトルで記事を書く。

グーグルトレンド

上位表示できないタイトル

アクセス数が見込めそうなキーワードが見つかり、タイトルキーワードを選定してもグーグルに上位表示できなければ意味がない。

選定したキーワードの競合他サイトが強すぎる場合は、上位表示ができない。

ブログ初心者であれば、Naverまとめやにゅーそく等のまとめサイトと競合するキーワードは選ばない方が無難だ。どんなに内容がある記事を書き、タイトルを厳選しても上位表示は容易ではない。

トレンドはトレンドであり、瞬間的に上位表示できなければアクセスは見込めない。専門性の高いキーワードは避ける方がよい。

「安倍晋三 兄弟」と検索するとWikipediaのページが表示される。

Wikipedia

こういった場合は、きっぱり諦めて他のキーワードを探そう。

クリック率が低いタイトル

あまり魅力的ではないタイトルはクリックされない。

当たり前だのクラッカーである。

「簡単な運動でやせて自宅でできる運動」より

「自宅で1日5分!簡単エクササイズであの頃の自分を取り戻す!」の方がクリック率は高いだろう。

トレンドアフィリエイトに記事タイトル選定に限っては、グーグル上位表示が優先となるので、メインキーワードをタイトル後方に下げるわけにはいかない。

前述した、関連キーワードを利用した煽るタイトルのつけ方を応用しよう。

まとめ

トレンドアフィリエイトの記事タイトルの付け方・作成方法を紹介した。

ブログアフィエイトにおいて、記事タイトルのキーワード選定および配置は最重要だ。

タイトルは無難な煽り要素は使わず、メインキーワードと関連キーワードの配置を換えるなど工夫しよう。

関連:

トレンドアフィリエイトのネタ元の探し方・情報元を探す方法

トレンドアフィリエイトで挫折する理由と挫折しない方法を解説

2020年にトレンドアフィリエイトは稼げない?稼げる理由と方法