スポンサーリンク

消したい漫画広告をブロック非表示 アンドロイドやiphoneで広告を消す方法

シェアする

ビビットアーミーエロ広告

漫画広告を消したい。

ホームページやブログを閲覧している時に、気持ち悪い広告が表示されて「うざい」と感じたことがあるだろう。

漫画広告では、エロイグロイ広告が表示されることは多々ある。

インターネット上の広告は、閲覧者が広告をクリックすることで手数料が入る形となっているため、クリックされやすい位置に表示されてしまうのだ。

そういった広告の中にはスクロールしても画面下に消えず表示されたままになったり、誤クリックを誘導するような位置の広告もある。

今回はアンドロイド(Android)やiphoneで利用できる広告ブロックアプリの紹介と、Chromeで利用できる広告ブロックアドオンおよび設定方法を紹介する。

広告がすべて不要とはいえないが、どうしてもウザイと思う場合は「広告ブロック拡張機能やアプリ」を利用しよう。

  • 消したい漫画広告とは
  • 漫画広告をブロック非表示にして広告を消す方法
スポンサーリンク

消したい漫画広告とは

インターネットでホームページやブログを閲覧している時に、文章の間やサイドバーに表示されているエロイ、グロイ、うざい広告だ。

下記に表示したビビットアーミーのエロ広告などは代表的なエロ広告といえるだろう。

【画像】ビビットアーミーエ画像のエロ広告【ゲームのバナー表示はNGレベル】

ビビットアーミーエロ広告

漫画広告をブロック非表示にして広告を消す方法

漫画広告をブロックして非表示にするには、広告をブロックするアプリをインストールするかアンドロイドやPCブラウザの設定を変更する。

スマホユーザーのためには、アンドロイドとiphoneで利用できる広告ブロックアプリの紹介していく。

PCブラウザの利用が多いユーザーには、Chromeで利用する広告ブロックの設定方法を解説する。

アンドロイドで広告を消す方法

アンドロイドユーザーなら、広告をブロックして非表示にできるアプリを利用しよう。

広告ブロックのアプリをインストトールしたら、各アプリで非表示設定するのみだ。

Adblock Plus for Firefoxで広告を消す

アンドロイドでFirefoxを利用している場合は「Adblock Plus for Firefox」アドオンをインストールできる。

広告ブロック用のアドオン拡張機能を追加するこで、不要な広告を非表示にできる。

Adblock Browser Android版で広告を消す

Adblock Browser Android版を利用すれば、気持ち悪い広告を消すことができる。

まずはGoogle Playストアで「Adblock Browser」検索し、インストールして起動するだけ。

Javerin Browserで広告を消す

Javerin Browserをインストールして、エロい広告をブロックしよう。

uptodownから「Javerin Browser」をインストールして起動しよう。

Adguard Contentで広告を消す

Adguard Content Blockerをインストールして、うざい広告をブロックしよう。

Google Playストアで「Adgurad Content Blocker」を検索し、インストールして起動する。

iphoneの設定で広告を消す方法

広告は大きく分類すると「ポップアップ広告」と「追跡型広告」の2種類がある。

表示したくない広告を決めて、それぞれ非表示・表示を設定しよう。

Safariの設定を変更して、ポップアップ広告を非表示しよう。

【設定方法】

  1. 「設定」→「Safari」
  2. ポップアップブロック」を「オン」

追跡型広告を非表示

追跡型広告とは、ユーザーのアクセス履歴や検索履歴から分析し、ユーザーの興味にあった広告を表示する。

いつも似た広告が表示される場合は、追跡型広告の可能性が高い。

あまり関心がない広告や不愉快な広告が表示され、ブロックして非表示にしたい時はiphoneの設定から追跡型広告の表示を停止させよう。

広告の誤ったクリックを防ぎたい場合や、広告を非表示にして画面をすっきりさせたいと思うなら非表示に設定すべきだ。

【設定方法】

  1. 「設定」→「プライバシー」をタップ
  2. 「広告」→「追跡型広告を制限」を「オン」にする

iphone コンテンツブロッカーで広告を消す方法

コンテンツブロッカーとは、iOS9から利用できるようになった広告やコンテンツを非表示にする機能。

ユーザーに対して不要だと判断されるコンテンツを、自動的にブロックして非表示にする。

Safariの拡張機能の1つで専用アプリをインストールし、設定をオンにすれば利用できる。

AdFilter for safariで広告をブロック

safariで利用できる「Adfilter」をインストールしよう。

広告ブロックアプリをインストールしたら、指定した広告の非表示設定をする。

1Blocker for safariで広告をブロック

safariで利用できる「1block for safari」をインストールしよう。

広告ブロックアプリをインストールしたら、指定した広告の非表示設定をする。

Legacy.で広告をブロック

iPhoneおよびiPadのApp Storeで「Legacy.」のみ利用できる。

Androidスマホには対応していない。

広告ブロックアプリをインストールしたら、指定した広告の非表示設定をする。

PCブラウザで広告を消す方法

PCブラウザで広告をブロックして非表示にする方法は、各ブラウザの設定を変更するか広告ブロックのアドオンをダウンロード設定する。

AdBlock — 最高峰の広告ブロッカー

AdBlock 】をインストール。

AdBrockは広告ブロック拡張機能の中でも有名で、4000万人以上のユーザーが利用している人気の拡張ツールだ。

ダウンロードすると、ほとんどの広告は自動的にブロックすることができる。

Youtubeのビデオ広告がデフォルトでオフ設定にさせているので、わざわざ自分で設定しなくてもよい。

目立たない広告で例外化したい時には、2回クリックするだけでホワイトリストに登録が可能。

Adblock Plus – free ad blocker

Adblock Plus – free ad blockerをインストール。

Adblocl Plusは、1億以上の端末が使用している定番広告ブロックの拡張機能だ。

バナー、ポップアップ、ポップアンダー、マルウェア、Facebook広告、Youtubeビデオ広告と様々な広告ブロックに対応している。

デフォルトで不快な広告全般をブロックする。

AdGuard 広告ブロッカー

AdGuardをインストールする。

目障りな広告をブロック、オンライン追跡を防止する。

マルウェアや詐欺ウェブサイトからもデバイスを保護。

uBlock Origin

uBlock Originをインストールする。

uBlock Originは、メモリとCPUに対して効率的な広告ブロックをする拡張機能だ。

ダッシュボードから様々な設定ができ、ボタン1クリックで初期設定にリセットが可能。

ContentBlockHelper

ContentBlockHelperをインストールする。

ContentBlockHelperは、必要ない広告・スクリプトをブロックして非常時にする手段を提供する拡張機能だ。

購読フィルタ、簡易フィルタ、詳細フィルタの3パターンが容易されており、細かいフィルタ設定ができる。

Ad Remover

Ad Removerをインストールする。

550,000人以上のユーザーが利用している「Ad Remover」。
ポップアップ広告バナー広告、動画広告などの広告をブロックしてくれる。

Google Chromeの設定変更で広告をブロック

Googleの標準ブラウザ「Chrome」はポップアップのブロックと、広告をブロックする機能がある。

急にに別ページに浮き上がったようなメッセージが表示されるのがポップアップ広告だ。

広告ブロックについては、一部の広告をブロックするものになる。

【ポップアップのブロック設定】

  1. ポップアップのブロック設定はGoogleのブラウザ「Chrome」右上のメニューから設定>サイトの設定>ポップアップを選択します。
  2. メニュー>設定を選択
  3. サイトの設定>ポップアップを選択
  4. 許可→ブロックへ変更

Chrome や他のほとんどのブラウザでは、ポップアップ広告を無効にすることができます。無効にしてもポップアップ広告が表示される場合は、Chrome から不正なソフトウェアを削除する方法についての記事をご覧ください。

【広告ブロックの設定】

  1. 広告ブロックの設定は、右上のメニュー>サイトの設定>広告を選択。許可になっていたらブロックに設定。
  2. サイトの設定から広告ブロックを選択
  3. 許可」の状態ではなく、「ブロックします」でOK

広告をブロックすると、その広告主の広告が表示されなくなります。広告主が複数のウェブサイトを所有している場合は、複数の広告のブロックが必要になります。

詳しくは、すべての端末で広告設定を適用する方法についての記事をご覧ください。

Google Chormeの広告をブロックする方法は簡単だ。

完全に広告をブロックして非表示にしたい場合は、広告のブロックアプリを導入しよう。

まとめ:消したい漫画広告はブロックして消すべし

今回はアンドロイド、iphoneで利用できる広告ブロックアプリと設定の変更方法を記載し、

後半はGoogle Chromeで利用できる広告ブロックのアドオンを紹介した。

漫画広告を消したい場合は、どれか1つ広告ブロックアプリをダウンロードしておくのがよいだろう。

ホームページを閲覧していても、広告ばかりのコンテンツはどこに重要性があるかわかりにくい。

広告がユーザーにとって有益な場合もあるが、エロイグロイ広告をうざいと感じてしまうなら「広告ブロック拡張機能」をインストールしておこう。

Google Chromeにインストールするのみで、簡単に広告の表示をブロックしてくれる。

広告すべてを非表示するだけではなく、目立ちにくい広告は表示するアドオンもあるので利用してほしい。

関連:

バツがない漫画広告を消したい アンドロイドやiphoneで非表示ブロックする方法

【広告の消し方】ビビットアーミーの邪魔な広告を消す方法

【詐欺広告 】フィッシュダムは広告と違う無料パズルゲーム 【スマホゲームアプリ】

【Naverまとめ】消したい漫画広告をブロック非表示 アンドロイドやiphoneで広告を消す方法

不快なエログロ漫画広告をブロックして消す方法 スマホのうざい広告を排除