スポンサーリンク

持続化給付金、対象外だったフリーランス・個人事業主も申請可能に=梶山経産相

シェアする

持続化給付金マイページ

持続化給付金が対象外だったフリーランス・個人事業主なども申請可能となった。=梶山経産相

スポンサーリンク

持続化給付金の対象外だったフリーランス・個人事業主も申請可能に

[東京 22日 ロイター] – 梶山弘志経済産業相は22日夕に会見し、収入を「雑所得」や「給与所得」で計上していたフリーランスも持続化給付金の対象とすると述べた。また、新型コロナウイルスの流行が拡大する今年3月までに創業した事業者についても、1―3月の平均事業収入に対し任意の1カ月の収入が50%減少する場合に持続化給付金の対象とすることとした。 梶山経産相は「現在進めている給付作業に影響を与えることがないように細心の注意を払いつつ、今後、具体的な制度の詳細設計や必要となるシステムの構築を進めていく」とし、6月中旬に申請受付を開始できるようにしたいと述べた。 持続化給付金は、売り上げが前年同月比で50%以上減少している事業者を対象に、中小法人等の法人は200万円、フリーランスを含む個人事業者は100万円を上限に現金を給付する制度。ただ、収入を「雑所得」や「給与所得」としていたフリーランスは対象外となっていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba23a17d45487f5be8462ace46dede390f77a865

これで、今年開業の個人事業主・フリーランスの事業主もしばらく安心。

雑所得で申請していた事業主も給付金をもらえる。

関連:

持続化給付金の入金がなかった今年創業のフリーランス・個人事業主も給付の対象に調整

入金ない?持続化給付金の入金報告あり!給付金が振り込まれない理由と対処法

持続化給付金の入金がない時は持続化給付金申請マイページで修正申請しよう

入金あり!持続化給付金の入金通知確認完了 入金時期は5月15日でした

持続化給付金で個人事業主に入金がない理由 申告の区分【雑所得】【給与所得】は対象外

持続化給付金の入金申請前に個人事業主は給付金額を知るべき【シミュレーションあり】

入金時期は2週間後 持続化給付金の申請後 登録の口座に振込み支給される