スポンサーリンク

プロレスラー木村花さん自殺か 遺体発見直後の様子「異臭、警報、心臓マッサージ」

シェアする

プロレスラーの木村花さんの遺体が発見された直後の様子が、ヤフーニュースで掲載されていた。

スポンサーリンク

木村花さんの遺体発見直後の様子

「(女性の)表情は見えなかったですが、力はまったく入っていないようで首がガクッと下を向いていて……もう意識はなかったです」  救急隊員が駆けつけ、搬送されるまでの一部始終を目撃した近隣住民はこう振り返った。

現場は入居募集が始まったばかりの新築マンション

木村花さん(インスタグラムより)

 5月23日金曜日未明。東京・江東区の亀戸駅から徒歩数分、今春から入居募集が始まったばかりの新築マンションで事件は起きた。変わり果てた姿でマンションの一室から運び出されたのは、女子プロレス団体「スターダム」に所属し、看板レスラーとして活躍していた木村花さん(享年22)だった。  彼女が所属していたスターダムは23日、HP上で以下の通りコメントしている。 《当社所属選手 木村花選手が本日5月23日逝去いたしました。突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません。詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります。木村花選手のご冥福を深くお祈り申し上げます》  第一発見者は母親だった。23日未明に娘と連絡が取れないことを心配した母親がマンションに駆け付け、部屋で倒れている木村さんを発見したという。 「死因は明らかにされていないが、自殺を図ったとみられています」(社会部記者)

「午前3時半くらいにサイレンが鳴り響いて」

 現場となった自宅の近くにスターダムの事務所がある。彼女は今年1月に東京ドームで行われた新日本プロレスの興行にも出場するなど、将来を嘱望される女子プロレスラーだった。 「深夜、午前3時半くらいにサイレンが鳴り響いて、目が覚めました。外を見てみると、目の前のマンションに救急車と消防車が何台も停まっていました。表の通りにも3台の消防車が停まっていたそうです。

「水! 水!」と叫んでいた

 10人くらいの救急隊員が外階段で3階まで上がっていって、バタバタとしていました。消防隊員は酸素マスクをしていて、救急隊員は慌てた様子で下に向かって『水! 水!』と叫んでいました」(前出・近隣住民)

Twitterの誹謗中傷のせいで、死ぬなんて( ;∀;)

辛すぎる。