スポンサーリンク

部分日食・金環日食2020年【日本】ライブ中継でリアルタイム・父の日・かに座の新月・夏至の日食

シェアする

部分日食

部分日食・金環日食2020年【日本】ライブ中継でリアルタイム・父の日・かに座の新月・夏至の日食

スポンサーリンク

まもなく「部分日食」

きょう(21日)、まもなく部分日食が起こります。大体16時ごろから始まり、17時過ぎに欠け具合が最大になります。ただ、地域によって、時刻は多少異なります。上の表の通り、那覇は16時00分頃から始まり、17時17分頃が最大に。東京は16時11分頃から始まり、17時10分頃が最大になります。札幌は16時13分頃からスタート、17時01分頃が最大です。 欠け具合も地域によって異なり、南西諸島や西日本ほど大きくなります。夏至ですが、日食の始まる頃の太陽高度は40度くらいで、終わるときにはさらに低い位置になりますので、西から北西方向が開けた場所から観察すると良いでしょう。 なお、観察の際は太陽を直接見ることは危険ですので、「日食グラス」を使うようにして下さい。日食グラスがない場合は、麦わら帽子をかざして影を作ってみたり、紙に穴を開けて影を映したりすると、影が欠けた太陽の形になり、安全に観察することができます。

まもなく「部分日食」 16時頃からスタート 食の最大は17時過ぎ!(tenki.jp) - Yahoo!ニュース
きょう(21日)、まもなく部分日食が起こります。大体16時ごろから始まり、17時過ぎに欠け具合が最大になりますが、時刻は地域によって多少変わります。各地の時刻と天気をまとめました。

各地の天気は?

沖縄は晴れ間がでそうです。九州は雲の多い天気ですが、中国、四国、近畿、東海、北陸は大体晴れて、観察できる所が多いでしょう。関東は雲が多いですが、多少雲の切れ間もあり、観察のチャンスはありそうです。東北や北海道はおおむね晴れて、部分日食を楽しめる所が多いでしょう。

次に日食が見られるのは?

次に日本で日食が見られるのは2023年4月20日です。14~15時頃に南西諸島や九州南部、紀伊半島などで部分日食が見られます。その後は2030年6月1日で、この時は北海道で金環日食、全国で部分日食が見られます。

部分日食・金環日食2020年【日本】ライブ中継でリアルタイム・父の日・かに座の新月・夏至の日食