スポンサーリンク

HYIPで消耗してる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7
失敗

HYIPでお金を増やそうとしていませんか?ビットリージョンで懲りた人達が更に新たなHYIPに手を出そうとしているなら止めた方が賢明です。

ビットリージョンは2016年から2017年にかけて、日本で流行ったポンジスキーム詐欺の高配当案件のHYIPです。

そもそもHYIPって何?って思っている人には忠告しておきます。それは、誰かが投資したお金を誰かに渡しているだけのつまらないポンジスキーム詐欺と呼ばれる投資詐欺です。

HYIPのほとんどがビットコインを利用した投資詐欺です。ビットリージョンというポンジスキーム詐欺には9万人以上のアカウントの登録がありました。

そして、未だに投資したビットコインは返却されていません。

既に投資ができない程、お金を失ってしまった人達も大勢います。ポンジスキーム詐欺をポンジスキームで取り返そうとすることは、競馬で失ったお金を競馬で取り戻そうとするようなもんです。

つまらない投資詐欺で一攫千金を夢見るよりも仮想通貨のNEM(XEM)やXRPの将来性にかけた方がよっぽどましですよ。

ネムXEM/NEM 仮想通貨の今後は100倍の価値??2018年が激熱、2017年は準備中

スポンサーリンク

HYIPとは?

HYIPで破滅

HYIP(ハイプ)といえば、言われはかっこいいですが要するに投資の出資金詐欺です。集めたお金を少しずつ、ばらまいて飛ぶという感じなので参加しないようにしましょう。自分だけ利益が出て勝ち逃げできると思いがちですが、参加者すべてが参加した時点で負けていると思ってください。

HYIPのほとんどがビットコインを利用したものです。ビットコインは犯罪に利用されることが多く、送り先がどこの国なのか、送り手がどこから送ったかわからなくなってしまいます。

どこの誰に送金されるかわからないビットコインをよくわからないHYIPに投げ銭して泣くのはやめましょう。

HYIPをおすすめしない理由

HYIPには近寄るな。死ぬよ。

ビットリージョン bitregion

High yeild investment program」の頭文字をとって、HYIPとかっこよく言ってるだけ。高収入投資プログラムというのは名ばかりで、ほとんどが投資詐欺です。すべてのHYIPが詐欺と言ってもいいぐらいですが、すべてのHYIPを知らないのでなんともいいませんよ。

詐欺が確定するSCAMという名前に変わります。SCAMは詐欺という意味です。

詐欺が確定するまでは、本当に詐欺かどうか見極めるのは困難です。HYIPそれぞれにビジネスプランがあり(ほとんど偽装ですが)

例えば、「ビットコインのマイニングで資金が必要です、倍額の配当するので投資してください!」とか「どっかの国の油田をほっています、投資してくれたら配当します」、「スピード違反の機械を増設します。罰金を配当します」など色々な胡散臭い理由をつけてサイトを開設しているので、真に受けないようにしてください。

HYIPのビットリージョンも、7つの資金回収方法がある謳っていましたが詐欺でした。

日利1~3%の配当があるということで100日間我慢すれば、資金は倍増なんていううたい文句に多くの日本人は騙されたのでした。

HYIPには、いつもながらアホみたいな投資配当利益がついてきます。投資に頭が弱い人達を集めるために罠ですので、信じないようにしましょう。

そもそも、そんなにいいビジネスがあるなら国単位で参加しているはずじゃないですか?

ハイプで稼げるかもしれないと思っているの?

ビットリージョン Bitregion 最新情報 破綻状態か OTTOCOINがはじまらない

HYIPで稼げるか稼げないかで言えば、稼げるかもしれないと言っているブログを信用してはいけませんよ。

だいたい、投資したビットコインがいつどこに飛ばされるかわからないのに、どうやってその時期を察することができましょうか。

あなたがエスパーか、HYIPを作成している人達と友達ならわかるかもしれないですね。それ以外の人はHYIPがいつ閉鎖するかなんてわかりません。

先行投資で早めにはじめたら、回収できるかもしれないと思っている人もいるかもしれませんが、先行投資したと思ったあなたが最後というパターンの方がほとんどでしょう。

だいたい、30日間ですらHYIPサイトが継続するかわからないし、30日以内でHYIPサイトが閉鎖したら、配当どころか原資すら失なってしまうのです。

投資してから99日目でサイトが閉鎖したら、原資∔99%の配当ごと「さよなら」するわけです。これじゃで儲かるわけがありませんよ。ただのギャンブルです。

儲かったら儲かったで、更に追加してビットコイン投資したくなると思いますし、きりがありませんね。だいたい、その前に資金のすべてが消失するのでキリはちゃんとつきますが。

HYIPのビットリージョンで資金が全滅

2016年中旬から日本で猛烈に流行ったHYIPにビットリージョンというものがありました。

当初はしっかりと配当があったのですが、2017年に入ってからサイトの運営が停止。ビットリージョン内に入っていたビットコインはすべて引き出し不能になるという事態になりました。未だ投資したビットコインのすべてが返ってきていません。

ブログ著者も相当な額をビットコインとして送金しましたが、未だに返却はされていません。それどころかHYIPのビットリージョンは502エラー表示がされ、検索エンジンからもドメインごとはじかれてしまっている状態です。

OTTOCOINとの連携で復活すると思われていたHYIPのビットリージョンでしたが、2018年に入ってもサイト復活のめどはたっていないようです。

HYIP投資でもゴミ案件

HYIPとは、「High yield investment proglam」の頭文字をとったポンジスキーム詐欺の一種です。

これは、サイト自体がもともと計画的に閉鎖するように予定されており、目標金額が回収できた段階で閉鎖してしまうということがあらかじめ決まっているからです。

投資でもなんでもなく、サイト作成者がHYIPを使って意図的にお金を集めているだけのものです。

ただの詐欺師がお金を回収する手段として作成したポンジスキーム詐欺サイトには、投資しないようにしてください。

HYIP投資でもゴミ案件の記事

勝てるわけがないHYIPの投資案件です。いつ終わるかはサイト作成者がきめます。それ以外の人は終わる時期がわかりません。養分になるだけなので参加しないようにしましょう。

ポンジスキーム詐欺はお金を集めて更にそれを配当するだけの詐欺の手法です。集めたお金を誰かに配っているだけなので、全く増えてはいないのです。

ポンジ・スキームとは、詐欺の一種で、日本語で言うところの「自転車操業」に近いものである。「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を(やはり運用せず)以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

Wikipedia

ポンジスキーム詐欺とねずみ講

末端が必ず損をするのか典型的なネズミ講となっています。(現金のやりとりがある場合がほとんど)HYIPのマルチレベルマーケティングいわゆるMLMの勧誘では、末端が直接的に損を被ることはあまりないかもしれません。(金銭的な授受が発生しないため)

宇宙パワーの入った壺を売られるわけではありませんから。

しかし、参加が遅くなるにつれて、HYIPサイトが閉鎖するリスクには近づきますから、遅かれ早かれ誰かが損をすることには違いありません。

日本では「出資金詐欺」という、投資詐欺の一種に分類される。日本語では、「ネズミ講」(あるいは「無限連鎖講」)などと訳されること(訳されてしまうこと)が多いが、実際にはこのポンジ・スキームはネズミ講に特徴的な階層的なシステムに依らない単純な手口を含むため[1][2]、実態と和訳とが乖離してしまう例もある(バーナード・L・マドフ#調査で明らかになった被害を参照のこと)。名の由来となったチャールズ・ポンジの手法も、出資者から得た資金を配当に回す自転車操業的なシステムであった[3][注 1]

Wikipediaから引用

ビットリージョンはMLMを利用したハイプだった

ビットリージョン

ビットリージョンというHYIPはMLM(マルチレベルマーケティング)を利用した投資詐欺でした。日本で有名なのはアムウェイですね。アムウェイはねずみ講でもなく、違法でもありません。

ネズミ講とマルチの違いがわからない方は、一度ヤフーかグーグルでねずみ講とマルチの違い調べてみるといいですね。ビットリージョンはアムウェイと同じMLMのシステムを利用して、多くのメンバーを集めることに成功しました。

勧誘者を増やせば増やす程、ボーナスをもらえる仕組みになっていたので、メンバーは一所懸命に勧誘活動をしたのでした。

そして、1年もたたずして登録者数は9万人以上を超えました。既に参加したメンバーは、登録者が伸びることに安心して、沢山の資金(ビットコイン)をビットリージョンに投資したのでした。それがただの投資詐欺とも知らずに。

ハイプランキングというものは見るに値しない

HYIPのランキングを掲載しているブログがありました。

詐欺のランキングを掲載しているだけですので、確信できるこれといった根拠はほとんどありません。詐欺師が前提を作って、いかに信用できる「詐欺」なのかということなので信用しないようにしましょう。

基本的に私のサイトではハイプ案件は紹介していないのですが、短期間で高い日利を得られるということで、多くの方がこのハイプの投資案件に挑戦していると思います。なので今回は私がもしハイプを今からスタートするのであればこれ!というのをご紹介していきたいと思いますので、今後のハイプ投資の一つの参考にして頂ければと思います。 私が...

詐欺のハイプにひっかかりやすい人とは?

こける

なにゆえ、HYIPなんかにひっかかるのでしょうか?HYIPにひっかかりやすい人の特徴を簡単にまとめてみました。

  • 人を信じやすい人
  • お金を持っている人
  • お金に困っている人
  • 時間が余っている人

 人を信じやすい人は、自分より成功している人に勧められたHYIPを断ることがなかなかできません。何かの事業で成功している人は、自信をもってHYIPを自分の周りで広めることでしょう。

 お金を持っている人は、お金を失うことに対してなんとも思っていないでしょう。数十万円、数百万円程度なら遊び金と思って投資できるので、めんどうな疑う作業を怠ります。

 お金に困っている人は、なけなしのお金を利用してお金を増やそうとします。借金をしてまで、お金をかりてきては投資に参加したりすることもあります。そういった人は精神的な余裕がないので、例え他の投資をしたとしても成功することは稀でしょう。

 時間が余っている人は日々に退屈で暇です。HYIPに興味があるというよりは、HYIPのMLMを利用して人と会うことを楽しむでしょう。薦めた人のお金がなくなってしまえば、すべての信用を失うことになりますから、知識のたりない勧誘はオススメできるものではありません。

というわけで、HYIPなんかそもそも参加する価値もないので、自分が上記に少しでも思いあたるなら止めておきましょう。

ハイプでポートフォリオ(分散投資)なんかできません

かつて、「HYIPでも分散投資をしたら絶対大丈夫だから、みんなでHYIPをやりましょう」という勧誘サイトが流行りました。「ビットポートフォリオ代行事務局」という名前を名乗ってサイト運営していましたが、HYIPが数か月でばんばん破綻してしまうため、ポートフォリオどころではありませんでした。

株やFXなら損切りや途中で投資を降りる事もできますが、HYIPは投資した金額そのまま消失してしまうので、リスク分散どころではありません。

一つのかごに沢山の卵をいれるな!というポートフォリオ(分散投資)は間違っていないと思いますが、HYIP自体が1か月程度で消えてなくなる可能性もあるので、リスク分散するというよりは、HYIPに参加していること自体がリスクすぎて分散の仕様がないないと言えますね。

5つのHYIPに参加したとしても、同時に5つのHYIPサイトが閉鎖することだってあるわけですから。

ちょっと考えたらわかることでも、お金に目がくらんでいる時はよくわからなくなるもんです。

HYIPより仮想通貨、ブログ収入のグーグルアドセンス

HYIPに投資しても、最終的にお金はなくなるのですから、ブログでも書いてアドセンスで広告収入を得た方が賢明だと思います。

こちらのブログは月3~5万円のアドセンスで広告収入があります。現在、ビットリージョンで失った約5分の3はブログアドセンスで回収できています。期間は現在9か月。

広告収入、グーグルアドセンスで必要なもの

ブログアドセンスで必要なことがあります。

  • 文章を長く書く根気
  • 書く事が好きであること
  • SEO対策を学ぶ根気
  • 好きな分野を掘り下げる好奇心

一番大事なのは、文章を書くことが好きであることです。

あとは、自然と学べば、能力としてついてきます。

文章を書く事が好きというのは、どんなに勉強しても得られるものではないとおもいます。

ブログアドセンスは、読者にクリックをしてもらうと収益につながるグールル独自のクリック広告収入です。

広告収入を狙ったブログアドセンスで必要がないと思うもの

書くからにはブログアドセンスから広告収入がほしいわけですが、雑誌のライターになるわけではないので、完璧んば文章を書く必要はありません。情報がほしい人達にむけて、ほしいレベルの情報を提供すればいいだけです。トレンドでもかまいせん。

ブログアドセンスに文章のうまい下手は問われない。

ハイプするなら仮想通貨NEM・XEMに投資するべし

今話題の仮想通貨なら自分の資産のコントロールは可能です。損したと思ったら相場から降りればいいわけですし、やめたくなれば日本円に戻せばいいわけです。2017年でビットコインは20倍の価値に変化しました。まだまだビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は市場が成熟していません。

仮想通貨は今がチャンスです。HYIPなんかで消耗してないでアルトコインのネムNEM(XEM)でも買っておいたら1年後には10倍になってるかもしれません。

オススメのアルトコインは

  • ネム(NEM・XEM)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム

仮想通貨で有名なブロガーのイケダハヤト氏も絶賛中。

ネムXEM/NEM 仮想通貨の今後は100倍の価値??2018年が激熱、2017年は準備中

イケダハヤト氏もHYIPをおすすめしていないみたい

仮想通貨ブログでおなじみのイケダハヤト氏です。かなり前から仮想通貨のブログを書いていて、東京で消耗してるの?とか仮想通貨持ってないの?とか良く言っている方です。ブログ名ですが。

【危ない仮想通貨】HYIP、詐欺コイン、失敗コインをまとめていくよ。

けっこう長い記事で随時更新されているみたいなので、細かくチェックしておくといいかもしれません。

他にも、詐欺コインとか、怪しいHYIPとかも紹介されてます。

昔、HYIPのビットリージョンブログを売却しようとした記事を載せてもらっているので、チェックしてみるといいですね。ちなみにHYIPのビットリージョンがオワコンになった時、こちらのブログを100万円で販売しようとしました。(誰もほしがりませんでしたが、イケダハヤト氏の目に留まって良かったですわ)

意外とHYIP検索では上位表示されないのが、イケダハヤト氏のブログ記事。主にツイッターで拡散されることが多いみたいです。キーワード「HYIP」だとこちらのブログの方が上位に上がってくるので、グーグルやヤフーの検索エンジンは、記事の内容や深さよりも「キーワードに関して専門的に書いているブログを上位表示する」ということでしょうか。確かに、こちらのブログは1年ぐらいHYIPのビットリージョンについて書いていましたからね。

有名にはなってませんけど。これからNEM・XEM太郎として頑張ります。

HYIPで失うものとは?

HYIPで失うものとは何でしょうか?お金でしょうか?ビットコインでしょうか?時間でしょうか?お金は働いたら取り戻せます。ビットコインもお金から換金すれば戻ります。HYIPに費やした時間はどうしても戻りません。

失ってそうとう痛いのは、時間と信頼です。

特に信頼がなくなるというのは、とても重大な事件ですよ。友人に紹介してしまったHYIPの損益を誰がカバーしてくれるでしょう?あなたは、損益を出してしまった友人に対して100万円以上1000万円以上のお金を「はい、どうぞ」と渡すことができますか?

HYIPに参加することは自己責任です」と言っていても、損益が出た場合、紹介された人は必ずといっていいほど紹介した人を恨みますよ。誰も恨まれたくはないでしょうに。

状況が悪い場合は、訴訟問題になるケースもありますから、友人や知人を絶対に勧誘しないでください。

特に儲かるからやった方がいいよとか、MLM(マルチレベルマーケティング)の紹介ボーナスがほしいからといって闇雲にすすめないでください。友人が誰もいなくなりますよ。

アコムや消費者金融から借金してまで借りてきたお金が、一晩で消滅してしまうHYIPです。お金のリスクコントロールできない人には絶対に教えないでください。ビットリージョンでも学生がキャッシングで引きだしたお金を全額ビットリージョンに送金してしまい、戻ってこないというケースもあったようです。

ビットリージョンで勧誘できなかったことは幸運だった

当初、このブログはHYIPのビットリージョンの勧誘を目的に開設したブログでした。

ブログ開設から間もなく1か月程度で、「HYIPのビットリージョンは破綻間近」という風評被害によって、ビットコインの引き出しラッシュに陥ってしまいました。ほとんどの登録メンバーのビットコインはアカウントの中で凍結し、今でさえも引き出しできていない状態です。(2018年1月現在)

ブログ開設から1か月ということもあって、勧誘できたメンバーは1人もいませんでした。ブログ開設した時期は、ブログ閲覧数もほとんどなく、勧誘できる程のポジショントークもできていなかったことが幸いだったということです。

当時、HYIPのビットリージョンで有名になったBileeのブログは、今でも更新しています。ブログ主はかなりの仮想通貨マニアでエンジニアということで信頼がおける人物でしたが、結局は彼のポジショントークで日本全国の投資家達は騙された形になってしまいました。(勧誘すると0.05ビットもらえる形だったはず)

投資は自己責任というのは当たり前のことですが、投資被害者が増えることを助長してしまったのも事実です。私も加害者の一人になりかねなかったことを考えると、彼のポジショントークやブログを責めることはできませんね。

現在は、1か月に50000PV以上はあるブログに成長しました。もし、ビットリージョン成熟期(2016年10月以降)に現在のブログ発進力があったならば、数億円という被害がでていたかもしれません。

もし、そうなっていたら身元がばれて、刺されていてもおかしくない状態だったかもしれません。そう考えると与沢翼はそうとう図太い奴だなと思いますが。

HYIPのビットリージョンの被害者は、1000万円を超える金額を入れていた人達も沢山いました。そういった方から相談のメールも沢山届いていましたが、ブログ著者も被害者の一人だったため、どうすることもできません。

正月に帰ってきた友人にビットリージョンに加入することを薦めましたが、ポンジスキーム詐欺だということにすぐ気づき、加入もストップできました。これだけが自分に対して救いだったと思っています。

「HYIP、ダメ絶対。」を肝に銘じておいてください。

HYIPを推進しているツイッター(twitter)を見つけたよ

これだけHYIPに対して注意喚起をしているブログ主ですが、これもただのポジショントークにしかすぎないということです。ポジトーク全開です。

ツイッターで検索したところ、HYIPを押しているグループ?投資集団もあるようですね。どうれもうまくやったら儲かると言っていますが

そりゃうまくやれれば何だって儲かりますよね。パチンコでも競馬でも株、ギャンブルにしても上手くやれば儲かりますよ。上手くやれないからみんなお金を失うんです。

こういったHYIPや投資案件を案内するグループは、その案件に案内することで沢山の紹介料をもらうことができます。その他には、怪しい投資案件を薦めてきたり、詐欺のカモにされることもありますから安易に参加しないでください。

2018年にも入ってまだHYIPをすすめる人達っているんですね。HYIPのビットリージョンという投資グループで100万円以上の損失を出したブログ著者からしたら考えられないことですね。

詐欺ってずっとなくならないもんなんだって、しみじみ思います。もしかしたら、稼げるかもしれないって思うのが欲望のある人間ですから。

それでもHYIPがやりたい方へ

失敗するかもしれないけどそれでもHYIPに参加してみたいという好奇心がある方は小額で投げ銭してみることをおすすめします。ここまで説明してHYIPがどうしてもやりたいという方はおそらく、ギャンブル依存症か好奇心の塊だと思います。

無理に我慢せずに捨てたお金だと思って1000円ぐらいでやってみるといいですね。しかし、絶対守ってほしいのが増資しないこと。増資しだすとやめられなくなりますから、絶対に増資しないでください。あくまでHYIPは遊びです。

HYIPや主にちょっとグレーな感じのMLMや投資案件、情報商材について書いてるブログ

相互リンクもして頂いてる信頼できるブログです。HYIP関連の記事も多いのでチェックしてみてください。僕はやりませんけどね。

HYIPでまとめると

HYIPのランキングは存在していますが、いわゆる投資金詐欺(SCAM)のランキングです。絶対に出資しないようにしましょう。

HYIPするだけ時間とお金の無駄です。

とりあえず、HYIPなんかするぐらいなら仮想通貨のネムNEM(XEM)リップルXRP、イーサリアムETH買っとけということです。イケダハヤト氏も言ってることだし。(笑)みんなで騙されたら、それは本当になります。

XEM&NEMのネム太郎

NEM&XEMのネム太郎
NEM&XEMのネム太郎
プロブロガー&投資家のネム太郎です。月間10万回読まれている当ブログ(XEM&NEMのネム太郎@仮想通貨とBitcoin)の管理人です。 HYIPのビットリージョンという詐欺にあって、100万円を失いましたが(爆)ブログを作成し仮想通貨投資&ブログから広告収入を得ています。 2018年に注目している仮想通貨はネム(XEM)とリップル(XRP)。短期トレードはしません。ガチホ(ガチガチのホールド)です。お金より時間の方が大事です。 イケダハヤト氏のtwitterにリツイートが趣味。2020年までに総資産を10億円(相当)が目標!日本円に戻さない予定です(笑)税金払いたくないし、政治家の養分になるのはご免だ。NPO「プランインターナショナル」も広めてます。 「働いたら負け」が口癖。

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップルなどの暗号通貨はコインチェックで購入可能です。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビットリージョン2ch

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする