スポンサーリンク

NEM(XEM)ネムの今後と仮想通貨の将来性 2018年1月4日に暴騰と予言

ネムXEM・NEM

仮想通貨のネムNEMXEM)が今後、2018年1月4日に暴騰すると予言します

予測ではなく予言です。多くの日本人が仮想通貨に手を出してきています。連日テレビなどのメディアでビットコインが暴騰し、儲かった人達が沢山いることを煽っています。

2017年の年末でかなり価値のあがったネムNEMXEM)。

しかし、その状況の中で買えない人も多かったと思います。なぜなら、年末年始に銀行が閉まっていたから。そんな単純な理由かよと思うかもしれませんが、けっこうお金もっている人ってアナログな方が多いんですよ。

年末年始の銀行営業日はこちらから。 4日からの営業がほとんどですね。

コインチェックではクイック入金のペイジーを利用すれば、即入金の反映ができるのですが、ネットバンクをもっていなければペイジーの利用が基本的にはできません。(できる場合もあるが時間がかかる)

そうなると、あらかじめネットバンクを利用している方しか使えません。ヤフーオークションやインターネット取引をしている方などは一つはもっていると思います。

1月4日の銀行開店日に入金の列ができるという予言。その後、反映された日本円でアルトコインを買うというわけです。

コインチェックでは、コンビニでも入金できます。しかし、ローソンのロッピーやファミマの機械(名前は忘れた)を利用した入金の方法がよくわからない方も多いでしょう。コンビニが近くにない場合もありますし。田舎ならなおさらコンビニすらない。

コインチェックやビットフライヤーなどのCMもかなり多く流れており、仮想通貨バブルが目の前まできています。

ビットコインは200万円程度が天井になり、現在は下がり相場中。すでに参入していた投資家はビットコインの下げ相場に魅力を感じていないことでしょう。

そうなってくると他のアルトコインが注目されるわけです。そこで注目されるのがネムNEMXEM)というアルトコインです。

スポンサーリンク

なぜ、ネムNEM(XEM)の今後に期待するのか?

どうしてネムNEM(XEM)の今後に期待するのかということは、以前のネムXEM/NEM 仮想通貨の今後は100倍の価値??2018年が激熱、2017年は準備中で書いていますが、ぶっちゃけると仮想通貨長者になりやすいから!ということです。

そんな単純な理由かいなと思う方もいるかもしれませんが、それってとても重要なことなんですよ。NEMXEM)長者になれるってことは、NEMXEM)が世間に知られて、みんなに購入されないといけないわけです。

みんなが購入する理由はただ一つ。金持ちになりたいからです。

そもそも金持ちってなんでしょうか。1憶円を投資して10憶円にしたら金持ちでしょうか?

そりゃ、確かに金持ちには違いありませんけど。

いえいえ、みんなが望んでいるのは少ない投資額で莫大な利益を生み出すチョーウルトラスーパーハイリターンの年末宝くじ級のラッキーを手にする金持ちになりたいのです。

貧乏だけど、ウルトラスーパーラッキーで1億円ゲットだぜ!という夢ですよ、夢。

そうなると10倍程度のリターンではつまらないし夢もない。

イーサリアム(ETH)は今後、ビットコインに代わって10倍程度にはなるでしょう。期待値の高いアルトコインです。でも、それでは仮想通貨長者にはなれませんよね。100万円いれたお金が1000万円になったところで、住宅ローンが少し早く返せる程度しかできません。

それではつまらない。

NEMXEM)は現在140円付近をうろうろしていますから、100円が14000円になれば100倍なわけですよね。ビットコインが0.07円から200万円になったのですから、今後のNEM(XEM)に期待できると思いませんか?

仮想通貨のNEM(XEM)を買うということ

仮想通貨のNEMXEM)購入は相場に入るということです。株とかFX(為替相場)のような相場に参入するということです。なんとなく、出川哲郎がCMしているから、流行りだし買っておこうでも問題ありませんが、相場をしっかり理解してから始めた方がいいでしょう。

なんとなくお買い物するのとはわけが違います。

もしかして、投資した額が半分になる可能性だってあるわけですから、大きな利益を追求しますよね。2倍以上?5倍以上?少なくても10倍以上はほしいでしょうか?

人によって欲望と目的の金額が違いますから、途中でおりる人もいれば、参入する人もいます。そうやって、お金の奪い合いをしているということを理解してください。

あなたの売ったNEMXEM)を誰かが買います。あなたが買ったNEMXEM)は誰かが売っています。(取引所に関しては)

コインチェックやZaifなどの販売所からNEMXEM)は購入できます。そういった場合は、販売所がもっているアルトコインを個人が購入するということになります。少し割高な価格で購入することになりますが、きっちりと約定するので安心感はあります。

NEM(XEM)の将来性に期待してみよう

NEMXEM)にはカタパルトという処理速度が4000倍にもなる装備が配置予定だとあちらこちらで噂されています。

1秒に4000件って半端なく速いんですよ。ビットコインやイーサリアムなんか目じゃないぐらい速いんですよ。というわけでNEM(XEM)にカタパルト実装があるということで期待しましょう。

※NEM財団「ロン氏・ジェフ氏」やインサイドNEMからも2018年中ということだけで正確な日付は公表されていません。公表され次第、最速で記事を更新します。

参考までに他の仮想通貨の処理能力と比較してみました。

  • ビットコイン:7件/秒
  • イーサリアム:15件/秒
  • リップル:1000件/秒
  • mijin:3,085件/秒(最大4142件)

※毎秒4000件は世界一のユーザー数を誇るクレジット会社「VISA」のスループットに匹敵する早さです。

こちらからお借りしました。

カタパルトについては、めちゃくちゃ難しいので難しいことが好きな方は、「NEMカタパルト」で検索してみましょう。

簡単にまとめると「mijin」というところにカタパルト実装されて、めっちゃ早くなった!2018年にはNEMにもカタパルトが実装される予定。それってめっちゃすごいことなんだよ。処理速度が1秒に4000件にもなるだって。じゃあ、ビットコインよりもすごく使いやすくなるんだよね。

そうなるとビットコインより価値があがるんじゃね?ということです。

おわかり頂けたでしょうか。

日本人って投資力が半端ない。そしてミーハー。誰かNEMを買えば誰かもNEMを買い増す

日本人の投資はかなりミーハーです。誰かがNEM買えば、私もNEM買ってイナゴトレーダーになっちゃいます。日本という国は物価が高く裕福な人が多いです。流行りものに敏感。そして、経済力もある。相場を動かす力も相当にあると思います。

ベトナム人10000人の投資力と日本人50人の投資力では、日本人の方がまさる場合もあるでしょう。物価の高い国の攻撃力は非常に高い。

かつて、ビットリージョンの攻撃力が高かったのは、ほとんどの参加者が日本人だったからでしょう。フィリピンの参加者もいたようですが、特に影響力はなかったように思えます。

ビットコインに代わってNEM(XEM)がメジャーになったら価値100倍は可能か?

NEMXEM)に期待している投資家は多いです。とにかく、処理スピードが速いのですが、実際には金融機関に特化した仕様となるようなので、ビットコインのような個人で保有したり、決済に使用するようなことはない仕様のようです。

現在はビットコインは毎日の価値が乱高下しすぎて、そんなものを決済に利用しようと思わないですけど。昨日、保有していたビットコインが次の日には倍の価値になってしまうのであれば、それを使って決済したら大損こいてしまいます。

ビックカメラあたりでビットコイン決済をしているようですが、恐ろしくて利用できません。

ビットコインなんて個人の決済に使える代物でもないにもかかわらず、1bit=200万円超えてしまうわけですから、人の欲望って果てしないですね。

要するに「シンプルで応答が早く、大量集計、大量更新が可能となる」こんなイメージで問題ないかと思います。それによって、シングルノードのNoSQLを実装したAPIサーバーからの利用でも、月間若干数十万円の環境で、秒間数千以上のトランザクションを処理する環境を構築可能となったようです。

こちらからお借りしました。

NEM(XEM)の今後 予言してみた

2018年1月4日の銀行開業日にNEMXEM)を買い漁る投資家達でいっぱいになるのではないかと予言してみた。アナログな人達は銀行に1億とか10憶とか入れている人が多いと思うので、1月4日に期待して先にNEMXEM)をコインチェックで購入しておこう。

1月4日に1億単位でNEMXEM)が購入される可能性はありっちゃありですがな。