スポンサーリンク

XEM・NEMのネム太郎が2020年以降の日本円(JPY)が心配な理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 7
ネム太郎

XEM&NEMのネム太郎です。どーもお元気ですか。

XEM&NEMのネム太郎はツイッターで。

オリンピックまで日本経済は大丈夫!みたいなことを、阿部総理や根拠のない政治家が毎日ブロードキャストしていますが、皆さんどうお過ごしでしょうか。私達の生活はいっこうに楽になりませんよね=。なんでかな??

タンスに入っているお金が幻の株投資に消えているわけですから、面白いですよね!

特に根拠もなく2020年まで株が全体的に上がり、オリンピック後にどーんと下がるのは、株の素人が考えてもわかる結果でしょう。(オリンピックまで建設株はずっと上がるんでしょうね)

仮想通貨全体も、徐々に底上げされていっていますので、それまで安心な気もしますが、日本円(JPY)はやばいという危機感が皆さんあるのでしょうか。

仮想通貨>日本円(JPY)という図式が頭で理解できてますか。仮想通貨の価値が上がっている=対仮想通貨の日本円(JPY)の価値が下がってますよ。

2018年も阿部コイン(JPY)日本円あつめてお疲れ様です!っていうイケハヤ氏の言葉の意味が良くわかる今日このごろです。

イケダハヤトのツイッター

仮想通貨全般が底上げされていっているということは、仮想通貨と比べて、日本円の価値がどんどん少なくなっているということですよね。

2020年までに仮想通貨の価値がどんどん上がり続けるとすると、誰も日本円(JPY)を所有したくなくなるのでは??

スポンサーリンク

NEM・XEM(ネム)を日本国の法定通貨に

いや、昨年の段階でわかっている人はみんな日本円を手放しています。所有したくなかったんですよ。だって、ビットコインが20倍になったんですから。

NEM・XEMが法定通貨になれば偽札もなくなるし。めっちゃいいはず。

同じお金なのに、価値が20分の1になった日本円と20倍になったビットコイン。どういう状態かわかっていない日本人は、お気楽なんですよね。財布に入れている貨幣が違うだけなのに。

仮想通貨で、人生が大きく変わる瞬間を見逃し三振している日本人。

2018年は、自分の財布に入れている日本円が100分の1の価値になる前に、いまのうちにNEM・XEMの国の仮想通貨に移住しましょう。こちらのブログはXEM・NEM推しです。

コンビニやスーパーのレジに、ビットコイン決済やNEM・XEM支払いの決済端末が並ぶ日も近いかもしれませんよ??

しかし、日本人は金融の知識がほとんどないので、ビットコインや外貨を持つ人はあまりいないでしょうねえ。これって、めちゃちゃ損してるってことに多くの人は気づいていない。。

NEM・XEM(ネム)所有で億万長者になれる??

仮に、2020年までビットコインやその他のアルトコインの価値が上昇すればどういったことになるでしょうか。2020年までNEM・XEMを所有しておいて、日本円に換金しようとした時に阿部コイン(JPY)日本円はどうなっているでしょうか。

ビットコインやアルトコイン(XEM・NEMやXRPなど)の価格上昇、ビットコインが1bit=1000万円を超えてしまった場合は、どうなるでしょう。

仮想通貨は売るべき?持っておくべき?

2020年のオリンピック以降は大きな節目になるでしょう。(日本円に対して)

オリンピックまでの期待感からか株も上昇傾向にありますし、開発研究が盛んな仮想通貨(NEM・XEMなど)も価値の上昇が顕著です。ビットコインにいたっても、まだまだ実用性が乏しいように思いますが、価値の上昇は顕著に表れています。

2020年以降、仮想通貨の投資家は2択

  • 価格高騰にビビッて、多くの投資家は日本円に変える(もしくは外貨に逃げる)
  • 価格高騰をまだ望んで、多くの投資家は仮想通貨で持ち続ける(その後、半値で売却など)

価格高騰にビビッて、増えすぎたビットコインを日本円に交換する場合、ビットコインが沢山売られるわけですからビットコインの価値が下がりますよね。そうなると、ビットコイン建てで買われた日本円の価値はあがりますね。

買われる日本円の価値はますます上がります。ビットコインは、ますます売られます。そうやって、狼狽売りがすすみ、ビットコインバブルがはじけるという可能性があるかもね。

しかし、それまでにどれほど仮想通貨が世の中に普及しているかもわからないですし、世間の考え方も大きく変わっているかもしれませんから予想は難しいです。

2020年以降の日本円の価値にも注目しないといけないことにないですから、そこもポイントの一つになるでしょう。

Xデーは東京オリンピック後の2021年

経済アナリストなどの間では「2020年までは東京オリンピックという延命措置があるため問題ないが、直後の2021年からは一気に経済が失速する可能性が高い」とも予測されています。

2021年に「1ドル=150~180円」の円安になる2つの理由

2021年に「1ドル=150~180円」の円安になる2つの理由

なるほど、なるほど。日本円は180円ぐらいまでしかあがらないんだ。ビットコインは1年で20倍になったし、XEM・NEMは一年で190倍以上になったけど。

つまりは、日本円なんかいらないよね。むしろ、10億円同等の仮想通貨持ってるなら、そのまま海外に移住した方がいいに決まってるのだ。

日本はアベノミクスのおかげで円安と株高が続いています。20年間も悩まされたデフレも緩和され、長期的なインフレに変わるかもしれません。

しかし、一部の富裕層は日本社会の構造を問題視しており、海外に資金を移しています。日本は財政破綻リスクと人口減少リスクという2つの大問題が解決できずにいるため、人、物、金が同時に減っていく可能性が高いです。

2021年に「1ドル=150~180円」の円安になる2つの理由

日本の経済状況は期待値ばかりが大きくなっているので、株に関しても無理やり投資家からひっぱっているような状況なのかな。

海外に資金を移すぐらいなら、仮想通貨に移すという手があると思うのですが、いかがでしょうか?

つまり、日本は労働力が徐々に減って、物があまり買われなくなり、市場規模が縮小していくわけです。その結果、株価や不動産価格も減少しますし、日本全体が弱くなることによる影響で円安は避けられません。

富裕層たちは長期的な防衛策として、今のうちに「日本円の資産を米ドルなどに両替しておこう」と考えています。

2021年に「1ドル=150~180円」の円安になる2つの理由

不動産価格は、顕著に減少してる気がします。人口が減ってきているし、結婚する人も減ってきています。今の日本人にとって不動産は「資産」というより、必要なら購入するべき「趣味」であって、必ず必要な「財産」ではなくなってきています。

ライフスタイルも複雑化していますし、1970年代に見られたような家族のかたち、日本国民の90%以上が家を買って車を所有するという時代とは現在は全く違います。

多くの投資家達はどこかに資産を移動させないといけません。そうなると、仮想通貨が最良な選択肢になるような気がするのですが、いかがでしょうか。

オリンピック後も仮想通貨の価値が高騰する可能性もあるわけですね。

「今が買い時ですよ、奥さん。仮想通貨はオリンピック後もあがりまっせ。」みたいな投資詐欺も増えると思うので気をつけてくださいね。

仮想通貨は自分でも購入できます。変な投資案件に手を出さないように。クローバーコインのような詐欺丸出しの案件もありますから気をつけてください。

事実、2012年にシンガポールに移住した人は「1ドル=77円」のときに全資産を米ドルに両替しました。現在は「1ドル=110円」ですので、シンガポールに引っ越しただけで約43%も円建てで資産が増えました。

そもそも、日本は所得税率が高すぎるため、例えば年収5,000万円の人がシンガポールに移住すれば、5年間で1億円以上は得をしてしまいます。

2021年に「1ドル=150~180円」の円安になる2つの理由

1NEM(XEM)=200円の時に全資産の5000万円を入れておいて、2020年に1NEM(XEM)=1000円になっただけでも2億5000万円になりますがな!

宝くじ級のワンチャン買えてますよ。皆さん、NEM・XEMでいきましょう。しつこいですが、このブログはNEM・XEM推しです。

というわけで、2020年に外貨に換えるつもりなら迷わず仮想通貨のXEM・NEMに変えておきましょう。

まとめ

2020年までに日本円が180円まで上がる可能性があるかもしれないが、仮想通貨の底あげが半端ないので、5000万円程をNEM(XEM)にぶっこんでおいて、2020年以降は海外で暮らそう。日本円に戻したら税金も高いしね!シンガポールぐらいに移住しよう!

2020年までにNEMが買える仮想通貨販売所はコインチェックです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

XEM&NEMのネム太郎

NEM&XEMのネム太郎
NEM&XEMのネム太郎
プロブロガー&投資家のネム太郎です。月間10万回読まれている当ブログ(XEM&NEMのネム太郎@仮想通貨とBitcoin)の管理人です。 HYIPのビットリージョンという詐欺にあって、100万円を失いましたが(爆)ブログを作成し仮想通貨投資&ブログから広告収入を得ています。 2018年に注目している仮想通貨はネム(XEM)とリップル(XRP)。短期トレードはしません。ガチホ(ガチガチのホールド)です。お金より時間の方が大事です。 イケダハヤト氏のtwitterにリツイートが趣味。2020年までに総資産を10億円(相当)が目標!日本円に戻さない予定です(笑)税金払いたくないし、政治家の養分になるのはご免だ。NPO「プランインターナショナル」も広めてます。 「働いたら負け」が口癖。