スポンサーリンク

XEMのNEM太郎ブログのアクセス数がBitcoinと同じく暴落

シェアする

xemブログがアクセス減

XEMのNEM太郎です。お元気ですよ。

Bitcoin及びXEM(NEM)の暴落とともにNEM太郎のブログも暴落しております。

多くの人が仮想通貨をはじめようとしていた時に、コインチェックのハッキング事件で意気消沈なんでしょうね。気にせず参入すればいいのに。今が買い時ですよ。

仮想通貨自体のテクノロジーは日々進歩していますが、相場が下げまくっているのも事実ですね。Bitcoinのテクノロジーなんて、どーでもいい人からしたら株や為替で短期FXして稼いだ方が絶対にいーじゃないかと思っている人多数な気がします。

【DMM.com証券】DMM FX新規口座開設

これから仮想通貨に参入してくる方々はラッキーなんじゃないかな。テクノロジーが市場にどんどん広がって生活に浸透してくれば、また仮想通貨自体の相場もあがってくるでしょう。長期目線で見れば、仮想通貨相場の方が圧倒的に有利のような気がしますが。

インターネットが広がる前にアップルやウィンドウズの株を買った奴はあまりいなかったでしょうし、誰も予想できないところに金を入れるのは不安ですよね。

目先のお金だけ増やしたいのであれば、株のイナゴトレードで少しずつ増やせばいいかもしれませんね。

イナゴトレードとは・・・

イナゴ投資家とも言われます。主に材料株に短期売買目的で集まってくるトレーダー、投資家のことを言います。これは、デイトレードを行う上では鉄則のようなものであり、当然の行動と言えます。

イナゴトレードとは何か、イナゴの生態系、イナゴタワーについて説明し、イナゴ投資家のメリットやデメリットについても書いています。イナゴトレーダーはどのようにして利益を出しているのか考えます。
スポンサーリンク

XEMのNEM太郎ブログのアクセスが半減

市場は正直ですね。コインチェックのXEM流出事件(1月26日)前後を頂点にブログのアクセス数も半減してます。同じくグーグルアドセンスの広告収入も半減。コインチェックのハッキング事件で仮想通貨に参入することを見送った人も多いと思います。

むしろ、チャンスだと思うのですが皆さんはいかかがでしょうか。

XEM(NEM)の狼狽売りや本来の価格より下がってしまうわけですから、今は買いのタイミングなんですよね、本当は。イケダハヤト氏や与沢翼などは、底で買おうと思って待ち受けていると言ってましたけどね。。

ネム太郎ブログのアクセス数

通常は一日2000~3000PVとれているネム太郎ブログですが、現在は一日1000~2000PV代まで落ちてしまいました。

xemブログがアクセス減

コインチェックの事件後には一日のアクセス数が3700PV程度とれていたのにもかかわらず、その後からずるずるとアクセス数が減少してしまいました。

多くのメディアが「NEM」「XEM」「ネム」などのビックキーワードで記事を作成したため、検索エンジンからの流入がかなり減ってしまってせいだと思われます。

仮想通貨は流行りのワードなので、アクセス数をかせぎやすかったのですが、ニュースサイトと競合してしますとさすがに勝てないですね。

たかがブログなんで(‘ω’)ノ

といっても、毎月の収入になっているので、ここは踏ん張りどころだ、ネム太郎。

読者が得する情報を集めてアクセスを集めないと死んでしまう。。ネム太郎ぴんち。

XEM「NEM」を盗んだハッカーがダークウェブ取引所で売却

ハッカーが盗んだXEMをダークウェブと呼ばれる取引所で仮想通貨に変換している可能性が出てきたようです。これは最悪。追跡でなくなるかもしれませんね。匿名性の高いダッシュ(DASH)に交換をしようとしているという。

犯人の動きに気付いたのは、coincheckから引き出された5億2300万XEM(ゼム/NEMの単位)が保管されたアドレスの動向を追跡するサイト「CoincheckMate」を立ち上げたCheena(@CheenaBlog)さん。関連するアドレスの取引記録を監視していたところ、2月2日のある取引に気になるメッセージが添付されていたという。

日本語でやりとりしているってことは、犯人は日本人か。内部犯行だったりしたら本当に最悪だな。日本人が多く保有しているXEMを日本人のハッカーの犯行で盗まれるなんて本当に最悪すぎると思うんですよ。

「こんにちは。すみませんお詫びがあります。。匿名ネットワークで取引所を経由している最中に、メッセージを暗号化して送ってしまい、着金に送れが発生してしまいました。少し時間がかかるかもしれません。。ただ洗浄のルートは確立できましたので、次回からはスムーズに行えるかと思います。取り急ぎ、DASHの送金確認をするために、こちらのアドレス(Xr6maJSptxgD6NRBRqnv4YwsqoJvhLc7iB)へ、0.01DASHをお送りしました。着金が出来ているかのご確認をお願いします。txid:e6e8d429afa99b6708e187a3899460a05074ed2090e5d6516cd5a2695160b8df」

洗浄ルートっていっちゃってる時点で確信犯ですよね~。みんなにXEM返して。

XEM盗難

NEMには、メッセージを添付して送金するという特徴的な仕組みがある。このメッセージは何者かが犯人のアドレス宛てに送付したもので、メッセージ内にあるDASHのアドレスの取引記録をブロックチェーン上で確認すると、実際に0.01DASHがこのアドレスへ送金されていることが分かる。

試しにDASHを送ってみた。という。

 犯人にこのメッセージを送ったアドレス「NDUO6J6H253GULLVXJU66CIEYQYBOWU5DOYUZMZF」の取引履歴を見ると、このメッセージを送った犯人のアドレスとは複数回のやりとりをしているようだ。

XEMハッカー

Cheenaさんは、さらに犯人の出金記録をさかのぼると、犯人が添付したメッセージの1つがDASHのアドレスであることも発見した。これらの状況から、何者かが犯人にDASHによる資金洗浄を持ちかけているのではないかと推測している。暗号化されなかったメッセージが日本語であることから、両者が日本語を理解できることもうかがえる。

たぶん、日本人同士の犯行だよね。

のメッセージの後、犯人のアドレスから他のアドレスを経由して、ニュージーランドの仮想通貨取引所「Cryptopia」へ1000XEMのトランザクションがあったという。

ダークウェブ上の仮想通貨交換サイトを犯人が指示か

犯人の動きはこれだけではない。メッセージをやりとりしていたアドレスとは別のアドレスから、さまざまなアドレスに対して「(あるURL) xem -15% off」というメッセージを送っている。

XEMが大安売りで買えちゃうチャンス!コインチェックが買い戻すっていう手もあり。

このURLは「.onion」のドメインで、匿名のTorネットワークからのみアクセスできる。Torネットワークを通してこのURLにアクセスすると、ビットコインかライトコインをXEMと交換できるとうたうサイトが表示される。

さすがにXEMを交換されたらモザイクでも追跡できなくなるんじゃ。

メッセージの「xem -15% off」と合わせると、XEMを15%割引で販売するということのようだ。サイト下部には「1BTC = 16298.806125 XEM」とも表示されており、7日午後2時時点で仮想通貨取引所「Bittrex」のレートを見ると1ビットコイン13511XEM(0.00007401BTC/XEM)であることからも、通常のレートより割安の取引を持ちかけているとみられる。

XEMは大安売りだよ。コインチェックさん買いましょう!

XEM交換所

このメッセージを発見した単眼愛(@mono_i_love)さんは、「何が仕掛けてあるか分からないので、対象のURLへのアクセスは控えてください」と呼び掛けている。

怖いからアクセスなんてしないです。盗まれたXEMなんか買いたくないのだ。というより買う奴もダメ。

画像と文章を

コインチェックから約580億円分の仮想通貨「NEM」を持ち出した犯人は、匿名の仮想通貨「DASH」と匿名ネットワークで資金洗浄を企てているようだ。

からお借りしました。

ITmedia NEWS

XEM&NEMのネム太郎

NEM&XEMのネム太郎
NEM&XEMのネム太郎
NEMブロガー&ゲストハウス経営のネム太郎です。薬と不動産の知識もあったり(登録販売者、宅建主任者、住宅ローンアドバイザーなど)テニスが好きでオーストラリアで(野良トーナメント)を転戦。月間10万回以上読まれている当ブログ(XEM&NEMのネム太郎@Bitcoin)の管理人。 2016年にHYIPのビットリージョンという詐欺にあいまして(爆)100万円を失い、2017年はコインチェックハッキング事件に巻き込まれました。2018年に注目している仮想通貨はネム(XEM)とリップル(XRP)。短期トレードはしません。 イケダハヤト氏のtwitterにリツイートが趣味。2020年までに総資産を15億円(希望)