スポンサーリンク

NEM(XEM)を日本人に交換か ダークウェブ(闇ウェブ)警視庁が男性を聴取

シェアする

litecoin

XEMのNEM太郎です。お元気ですよ。

コインチェックから580億円相当の仮想通貨のxemが流出した問題ですが、盗まれたxemの一部を日本人男性によって、ダークウェブ(闇ウェブ)という呼ばれる匿名性の高いインターネットで別の貨幣と交換していたことが10日に発覚した。警視庁サイバー犯罪対策課は9日までに、国内男性から詳しい事情を任意で聴いたということです。

このタイミングでNEM(XEM)をインターネットで購入するなんて自爆行為としか思えないんだけど、ばれないとでも思ったのかな?

警察に捕まったら共犯になると思うけど、買った人は一体何考えてるか。それとも、もともと共犯だったということ?

ダークウェブでXEMを購入しないで信頼できる取引所で購入しましょう。

【NEMをZaifで購入する】

スポンサーリンク

NEM(XEM)と交換したのはライトコイン

日本人男性が交換したのは取引記録からの分析によると「ライトコイン」だったことが判明。日本人男性は小額のNEMを自己所有のライトコインと交換したという。

→この時期にダークウェブでNEMと交換するってことは、わかって交換している可能性が高いから捕まえた方がいいんじゃないかと思います。

ダークウェブ(闇ウェブ)サイトからNEM(XEM)を購入

XEMを盗んだ犯人がダークウェブで取引に使ったとみられている口座からは、流出当時の1XEM=110円で換算すると5億円以上、現在の価値でも3億円を超えるXEMが既に交換された可能性があるとしている。ネム財団がモザイクの印をつけて追跡していたXEMではあったが、別の仮想通貨に交換されてしまうと追跡が困難になるという。

大手の取引所で交換できなくても、ダークウェブサイトでは仮想通貨の交換は可能だって。それじゃあ、みなりんさんが追跡しているXEMも追えなくなってしまう。。

ホワイトハッカーみずなしりんさんがつけたモザイク(印)は下記のとおり。XEMとしては取引所では交換できないかもしれないけど、他の仮想通貨には変換できてしまうってことなんだね。

mizunashi.coincheck_stolen_funds_do_not_accept_trades:owner_of_this_account_is_hacker

ハッカーがダークウェブサイト自作する

犯人はビットコイン(BTC)かLTC(ライトコイン)と盗んだNEM(XEM)を交換できるように自作で交換取引所を作ったもよう。取引所を介さなければ、XEMの交換は確かに可能。XEMは15%引きで交換できるという文句で販売していたという。

どう考えても15%引きでXEMと交換できるって、盗んだXEMとしか思えないけどよく交換したよね(‘ω’)ノ

ダークウェブというのは、インターネットの裏の裏とも呼べる場所で、
今回のNEM密売が行われているサイトはドメインの末尾が.onionという匿名通信システムであるトーアを使用することでのみアクセスできる場所にあることが明らかになっています。
具体的に何というサイトなのかは明らかではありません。

誰が使用したかもわからないよう追跡困難なトーアを使用することでのみアクセス可能って、もともと軍事用に開発でもされたシステムなのかな?犯罪に使用されたら犯人追う事もできないから、悪い人からした無敵のサイバーネットみたいな感じ。

一般の人がインターネットを介してアクセスできる場所というのは、
基本的には検索エンジンを介してアクセスできる場所です。
それに対し、ダークウェブは検索エンジンには引っかからない場所にある、まさにインターネットの暗部ともいえる場所です。
ダークウェブ上ではアンダーグラウンドなコンテンツや、非合法な取引、ハッキングなどが横行していることから、一般人が気軽に立ち入っていい場所ではありません。

とにかく、やべーサイトだから一般人は近づかない方がいいてことさ。それにしても、交換した日本人はどうやってトーアを使ったんだろうね。詳しい人なら誰でも利用できるんだろうか。

XEM女子のMaminemも言及

ネム女子のMaminemもかなりのXEMを盗難された被害者のようで怒り心頭のようです。ちなみにMaminemのプロフィール画像が変わったようです。(前髪を変えたそうです)

・山本一郎氏のコメント

なぜかメルカリまで巻き込まれているようなコメントをする方もいたり。確かに盗品を売っていてもわかりませんからね。

つい最近にハッカーが盗難したXEMをDASHと交換しようと話をもちかけているメッセージが発見されたばかりだった。

NEMは戻らない可能性が高い気がする

匿名性の高い仮想通貨に交換できるという方法もあるので、盗まれたXEMはもう戻ってこない可能性の方が高い気がします。コインチェックは自社でもっている日本円で賠償責任を果たして、営業再開してほしいもんですね。

DASH(ダッシュ)、Monero(モネロ)、Zcash(ジーキャッシュ)、Komodo(コモド)です。

これらの仮想通貨は、ビットコインでのトランザクションに比べて、個人のアドレスや取引履歴などが公開されないことにより個人情報が漏れないという特徴があります。

こういった仮想通貨に交換されてしまうと、追跡ができなくなるのでXEMは戻ってこないでしょう。犯人がボロだして早く捕まってくれたらいーんですが。そんなアホなら最初からハッカーなんてできないでしょうし。

盗まれたXEMはコインチェックに補償してもらって、補償にあてた日本円でXEMを購入すれば良いだけの話(‘ω’)ノ

【NEMをZaifで購入する】




XEM&NEMのネム太郎

NEM&XEMのネム太郎
NEM&XEMのネム太郎
NEMブロガー&ゲストハウス経営のネム太郎です。薬と不動産の知識もあったり(登録販売者、宅建主任者、住宅ローンアドバイザーなど)テニスが好きでオーストラリアで(野良トーナメント)を転戦。月間10万回以上読まれている当ブログ(XEM&NEMのネム太郎@Bitcoin)の管理人。 2016年にHYIPのビットリージョンという詐欺にあいまして(爆)100万円を失い、2017年はコインチェックハッキング事件に巻き込まれました。2018年に注目している仮想通貨はネム(XEM)とリップル(XRP)。短期トレードはしません。 イケダハヤト氏のtwitterにリツイートが趣味。2020年までに総資産を15億円(希望)