スポンサーリンク

【無料で1話】阿部共実「月曜日の友達」でイケダハヤトが泣ける

シェアする

月曜日の友達

ねむーん!NEM太郎です。(NEM太郎

漫画はたまにしか読まないNEM太郎ですが、イケダハヤト氏がめっちゃおすすめしてるので、NEM太郎もオススメしてみた。

第一話の試し読みができるから読んでみたけど、なんか泣けるそうです。試し読みだけでは全然わからなかったけど。

2冊で完結してるそうで、イケハヤ氏も2回泣いたって。

スポンサーリンク

阿部共実「月曜日の友達」は泣けるらしい

NEM太郎は試し読みでは泣けませんでした。当たり前か(‘ω’)続きが読みたい方は買ってくださいね☆

なんか泣けルような感じではないけど。どうなんだろ。

月曜日の友達の著者 安倍共実

阿部  先ほど「ドラマ性がなく、強い展開や引きもない」といいましたが、『耳をすませば』は、フィクションとしては衝撃的な展開がないのにも関わらず、2時間ずっとおもしろいんですよ。ずっと日常的な描写が続くのに、感情が大きく揺さぶられます。没入します。すごいです。だから自分は「ドラマ性がなく、強い展開や引きもない」なんて悩んでましたが、それは甘えだなって思わされました。子どもの頃は好きなシチュエーションに影響を受けて、漫画家になってからあらためて観ると、新しい発見もたくさんあって、技術的な部分での影響や勉強があって、参考にさせてもらった部分が多くあります。