スポンサーリンク

【金融庁】仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)に警告

バイナンス

ねむーん!NEM太郎です。

稼いでますか?

日本国内で無許可の仮想通貨取引を斡旋していた、

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)に金融庁から警告を受けました。

金融庁のHPでめっちゃさらされてます。(‘ω’)ノ

各社が掲載しているバイナンスの記事をまとめてみました。

※参考サイトは、記事最後に掲載。

バイナンスの取引がいつ停止になるかわからないので、口座に仮想通貨を預けている方がいたら、国内取引所に戻した方がいいでしょう。

コインチェックの時にように口座凍結になったら、また資金を動かせなくなります。損切りもできないような状態が続いて投資資金が半分以下になる可能性だってあるわけですから。

【NEMが購入できる取引所】

【国内の仮想通貨取引所】

【ネタバレ】

  • 金融庁の警告については、日経が先に報じる
  • バイナンス警告後にビットコインが値下がり
スポンサーリンク

無登録で仮想通貨交換業を行う者の名称等について

Blockchain Laboratory Limited 代表者 Jay Liu
Binance 代表者 Changpeng Zhao
参考:https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/kasoutuka_mutouroku.pdf

Binance に対する警告書の発出について

参考:https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/Binance_keikokushilyo.pdf

バイナンスCEOのChangpeng Zhao氏のTwitter

「日経のジャーナリズムはいい加減なものだ。我々は日本の金融庁と建設的なやりとりを続けており、どのような命令も受けていない。

やり取りが続いている中、金融庁が私たちに知らせる前に日本の新聞社に伝えるとは考え難い。」

しかし本日、金融庁から通知を受け取ったとTwitterに投稿している。

https://twitter.com/cz_binance/status/976997061156519937

「1時間前に金融庁から通知を受け取りました。私たちの弁護士はすぐに金融庁に連絡をしており、解決策を見つけようとしています。私たちはユーザーの利益を守ることを最優先に考えています。」

「ネガティブなニュースも長期的に見ればポジティブになりうるので、心配の必要はありません。中国にはこのような諺があります。新しい(そして良いことが多い)ニュースは変化の中から生まれる。」

金融庁が問題視していた点とは?

金融庁が問題視していた点とは何だったのか?

金融庁は日本人の口座開設時に、バイナンスが本人確認をしていなかったことを問題としたようだ。

コインチェックのNEM流出事件で問題になったように、本人確認ができていない口座おいては個人が特定が非常に難しくなる。

資金洗浄(マネーロンダリング)にも利用されてしまうため、事件が起こった際に捜査が難航してしまうのだ。

仮に「日本からのBinanceへのアクセスが禁止」されたとしても、いくらでも迂回する方法はあるし、そもそもその他の取引所もありますし。DEXなんか規制しようがないです。、

イケダハヤト氏

イケダハヤトのブログ→金融庁がBinance潰しにかかってきてる件。

バイナンスの取引を停止したところで、他の仮想通貨取引所があるでしょうからあんまり意味はなさそうですね。

金融庁の警告を無視してバイナンスが営業を続ければ、警察東京に改正資金決済法違反の疑いで告発する方針だという。

バイナンスが日本で営業ストップになった場合に、口座保有者の仮想通貨の返還がどういった形で行われるか不明。

 バイナンスに口座を置いて取引している投資家だとしたら、早い段階で日本の取引所に資金を移しておく方が無難だろう。

ビットコインが下落

22日の金融庁の警告を受けて、ビットコインの価格が下落した。ビットコインは4.4%安の8506ドルまで値を落としている。

金融庁の計画については、日本経済新聞が先に報じていた。

参考サイト:

イケダハヤトのブログ

ブルームバーグ

コインテレグラフ

コインチョイス

【ほったらかし投資】