スポンサーリンク

流出!ハッキングされたNEMを負い続けるホワイトハッカー Nスぺ「仮想通貨ウォーズ」12日放送

シェアする

仮想通貨ウォーズ

月までねむーん!NEM太郎です。

流出したNEMを負い続けるホワイトハッカーがいるってご存じでしたか?

NEM太郎は知りませんでした。

【ネタまとめ】

NEMスぺで「仮想通貨ウォーズ」12日放送だお。

放送は12日午後9時~9時49分。

スポンサーリンク

ハッキングされたNEMを追跡

コインチェックから盗まれたNEMを追跡していたのがホワイトハッカーとよばれる人達。

仮想通貨ウォーズ ~盗まれた580億円を追え!~

5月12日にNHK総合テレビで放送される「NHKスペシャル 仮想通貨ウォーズ ~盗まれた580億円を追え!~」で580億円分の仮想通貨「NEM」が、取引所「Coincheck」から流出した事件が扱われる。

コインチェックがマルチシグを採用していなかったり、コールドウォレットにNEMを保存していなかったことで、ハッカーにすべてのXEMを奪われた事件です。

前代未聞、史上最大の“580億円分”の仮想通貨が交換会社から流出した事件。仮想通貨の普及を図る国際団体「NEM財団」は、流出した仮想通貨NEMに目印をつけて追跡を続けていたが、先月、追跡を停止したことを発表した。犯人側は匿名性の高いダークウェブを介して、巨額のNEMをビットコインなど、別の仮想通貨に交換。もはや犯人側の“勝利”かと思われた・・・。しかし、警察や財団とは別に、独自に犯人を追跡しているITのスペシャリスト「ホワイトハッカー」たちは諦めていなかった。「こうした事件を放置すると仮想通貨の未来が揺らぐ」という信念の元、各国のホワイトハッカーが犯人包囲網を構築し、交換後も追跡が可能な“独自のプログラム”を開発し、交換に関わった人物から情報を集めるなど、サイバー空間を舞台に一進一退の追跡劇が続いているのだ。果たして犯人は何者なのか?知られざるハッカーたちの攻防に密着する。

NEM太郎のXEMもやられました。。

その後、ホワイトハッカーのみなりんが頑張ってくれたのですが、

結局、ダークウェブでXEMがその他の仮想通貨に交換されて全部売られてしまうという。。

【みなりん】NEM(XEM)ホワイトハッカーの【水無凛】がツイッター消去。

NEMの資金洗浄を完了

犯人側はNEMをほかの仮想通貨に交換する資金洗浄を完了したとみられるが、各国のホワイトハッカーが、交換後も追跡可能なプログラムを開発しているという。

まだ、盗まれたNEMを追ってくれているホワイトハッカーがいるんですね。

みつかったらコインチェックに返還されたりするんでしょうかね。

Coincheckから580億円相当のNEM

Coincheckから580億円相当のNEMが流出したのは1月26日。犯人側は、盗んだNEMをビットコインかライトコインに交換・販売するサイトをダークウェブ上に立ち上げ、3月22日に“資金洗浄”を完了したとみられる。NEMの推進団体「NEM財団」は、盗まれたNEMの送金先のウォレットアドレスに特定のマーク(モザイク)を付け、資金移動を追跡していたが、3月20日に「追跡を打ち切った」と発表していた。

およそ2か月ですべてのXEMが売られてしまいました。

NEM財団は盗まれたNEMに問題はないとして、ハードフォークもしないと断言しましたよね。

みなりんの頑張ったモザイクも打ち切りに。

【ダークウェブ】NEM(XEM)のすべてが換金済。買い増し準備OK?

ホワイトハッカーがプログラムを開発

 Nスペ公式サイトの番組案内によると、警察や財団とは別に、独自に犯人を追跡している各国のホワイトハッカーが、NEMがほかの仮想通貨に交換された後も追跡が可能な独自のプログラムを開発し、交換に関わった人物から情報を集めるなど、追跡劇が続いているという。番組では、ハッカーたちの攻防に密着する。

犯人が誰なのか真相を知りたいですね。

元ネタ:

流出NEM、追い続けるホワイトハッカー Nスペで「仮想通貨ウォーズ」12日放送
「NHKスペシャル」で、NEMの大量流出事件が扱われる。犯人側はNEMをほかの仮想通貨に交換する資金洗浄を完了したとみられるが、各国のホワイトハッカーが、交換後も追跡可能なプログラムを開発するなど追跡を続けているという。

関連:

【NEMハッキング】コインチェックの仮想通貨XEM流出事件のまとめ

まとめ

仮想通貨ウォーズ

 放送は12日午後9時~9時49分。

みんな見ろよなっ(‘ω’)ノ

【NEMが購入できる取引所】

【国内の仮想通貨取引所】

【ほったらかし投資】