スポンサーリンク

リップル 1000円になる可能性は?XRPの可能性がやばい。。

XRP ripple リップル

リップル 1000円になる可能性は?

リップルの可能性がやばいんだよ。。

XRP買い増しや(‘Д’)

スポンサーリンク

リップル 1000円になる可能性

リップルが1000円になる可能性を調べてみたよ。

リップルが1000円を超える理由

世界の大手銀行だけではなくみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの日本の大手金融機関もすでにリップルを活用するプロジェクトに参画しています。

さらに三菱東京UFJ銀行は2018年からリップルの技術を活用した国際送金サービスを開始すると発表しているので、実用化はすぐ目の前にまで迫っているといえます。

リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています。この記事ではリップルの将来性が高いと噂される理由と2018年の価格予測を紹介します。※初回公開日2018/03/02

UFJ銀行もリップルの送金を利用することを発表しています。

リップルは大手金融機関だけではなく、以下の中央銀行などとも提携しています。

  • イングランド銀行
  • インドネシア銀行
  • シンガポール金融管理局
  • インド準備銀行

中央銀行はいわば国家が運営する機関なので、リップルへの期待がいかに大きいかわかります。

さらに2017年7月21日にはアメリカのFRB(連邦準備銀行)が、「Rippleが次世代国際送金の土台となることができる」と公式に言及しました。このように、もはやリップルは世界中の銀行や金融機関にとって注目の的になっているということです。

リップル(Ripple)は早くて安い国際送金を実現するための仮想通貨で、将来性が高い仮想通貨として注目されています。この記事ではリップルの将来性が高いと噂される理由と2018年の価格予測を紹介します。※初回公開日2018/03/02

イングランド銀行がリップルを送金に利用するのか!こいつはすげえや。

 

XEM&NEMのネム太郎

NEM太郎
NEM太郎
仮想通貨ブロガーのNEM太郎です。月間最高12万PV。当ブログ(http://bitregions.com/)の管理人。 2016年にHYIPのビットリージョンという詐欺で資金を失い、2018年はコインチェックハッキング事件に巻き込まれました。 注目している仮想通貨はネム(XEM)とイーサリアム。COMSAは化けるかもしれないけど怖いね。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク

Fatal error: Cannot declare class Lazyload_Videos_Youtube, because the name is already in use in /home/bitregion/bitregions.com/public_html/wp-content/plugins/lazy-load-for-videos/frontend/class-youtube.php on line 5