スポンサーリンク

ペンギンモバイルとは?怪しい?格安SIMのネットワークビジネス【代理店権利収入】

シェアする

ペンギンモバイルとは?怪しい?格安SIMネットワークビジネス。

ネットワークビジネスだと必ず怪しいと言われてしまいますね。

勧誘する人が強引だったり、実際はお得ではないプランだったりするものを薦めてしまうからでしょうか。

格安SIMのネットワークビジネスなら、ACNなんていうアメリカから来たものもありましたねえ。

格安SIMネットワークビジネス自体は特に問題ないと思いますが、マルチ商法する人達に問題があることがほとんどみたいです。

スポンサーリンク

ペンギンモバイルの怪しい噂を探してみたよ

ペンギンモバイルが怪しいと言っている人は怪しくないと思いますww

それが普通の人間の考え方です。マルチレベルマーケティング商法では、ダウンをつけなければ利益になりませんから営業力のある人はいい商売になると思いますよ。

怪しく思う人を怪しいとかたずけてしまうから、よけい怪しく思うわれるんだと思いますww

ちゃんと論理的解説すれば、マルチも悪くないと思いますが。

ペンギンモバイルは格安SIMの代理店

残念ながら旬ではないですねww

ACNという格安SIMを扱っている代理店マルチ商法は2年前程から日本に上陸してましたよ。

LINEモバイルや楽天モバイルがCMでばんばん宣伝していますしww

マルチ商法でダウンを沢山つけられる人にとっては、おいしいかもしれません。

ペンギンモバイルはマルチ商法

自分が代理店契約をどんどん増やすことができれば稼げると思いますよ。

ペンギンモバイルはマルチレベルマーケティング

新しいネットワークビジネスの形ですかね(‘ω’)ノ

2年の根拠がよくわからりませんけど、頑張ってくださいww

頑張って営業されている方がツイートしています。

日本人は信用を第一にする傾向があるので、よほど権利収入に興味がある人しかペンギンモバイルを使う人はでないような気がします。

レンドロイドの代理店がペンギンモバイルの宣伝をしている。

なんでも屋なんかな。

マルチ商法の話になると必ず所ジョージの話がでてきますね。

要は、権利収入がほしい人をうまく丸め込んでダウンを沢山作った人が勝ちというゲームと思えばいい。

大手の楽天モバイルやYモバイルより保証がしっかりしているという根拠がないので勧誘は少し難しいでしょうね。CMでも打てば話は違うかもしれないけど。

ペンギンモバイルの代理店の権利が3万円から2万2千円程度になるそうです。

営業が得意な方はチャレンジしてみては、どうでしょうか。

価格は安いかもしれませんが、会社がどういう状況なのか。

電話がつながらなくなったら、他のSIMネットワークに変更すればいいわけですから、そこまで恐怖に感じることはないかもしれませんね。

営業力のある人には最適な副業となるか??

どれぐらい流行るか見ものですね(‘ω’)ノ

営業力に自信のある方は、ペンギンモバイルの代理店でチャレンジしてみてww

ペンギンモバイルは怪しいのか?

結論としては、格安SIMの販売代理店権利を利用したマルチ商法(マルチレベルマーケティング)です。

特に怪しいとは思いませんでした。

ねずみ講ではないので法的には規制がなく、プランもしっかりしているようなので詐欺案件ではなさそうですが。

ペンギンモバイルの経営がどうなっているか、さっぱりわからないのでNEM太郎は利用したいとは思わないですが。

営業力があり、権利収入に興味のある人には、もってこいかもしれませんね(‘ω’)ノ