Crypto.comがTwitch Rivalsと提携

仮想通貨仮想通貨
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

暗号通貨プラットフォームであるCrypto.comは、Twitch Rivalsのグローバル暗号通貨パートナーになることを確認しました。これは、esportsシーンで盛んな暗号通貨コミュニティを支援するためです。Twitch Rivalsは、Twitchのストリーマーや業界のプロ選手が参加するesportsトーナメントです。

このパートナーシップにより、Crypto.comは、Twitch Rivalsの最初の公式暗号通貨プラットフォームおよびマーケティングパートナーとなります。これには、Twitchイベント中のインストリーム・ブランド・セグメント、独占権、メディア掲載、アクティベーションなどが含まれます。これにより、この暗号通貨プラットフォームのブランディングとロゴは、世界中で250以上のTwitch Rivalsの放送で見ることができます。また、Twitch Rivalsは、esportsのトップタレント、ファンに人気のあるパーソナリティ、オンライン競技を開催するトーナメントです。

「eスポーツの本拠地であるTwitch Rivalsを、スポーツにおける世界最高のブランドを集めた当社の成長中のポートフォリオに加えることができ、非常に嬉しく思います。全世界で10億人を超えるゲーマーがいる中で、ゲームやeSportsのファンはデジタルネイティブであり、暗号通貨は避けて通れないものです」とCrypto.comのCEOで共同設立者のKris Marszalek氏は述べています。このパートナーシップは、11月に開催され、実際のチャレンジやローカルエリアネットワーク(LAN)の競争が行われた「Twitch Rivals: Ultimate Challenge, Live」で開始されました。

最新の暗号通貨ニュースによると、Crypto.comはマーケティング戦略を変更し、俳優のマット・デイモン氏をキャンペーンの新しいポスターモデルに起用しました。この新戦略とTwitch Rivalsとの提携により、世界の時価総額は2.7兆ドルに達しました。

Twitch社のグローバル・スポンサーシップ・セールスの責任者であるルー・ガレート氏は、Twitch Rivalsには忠実でグローバルなコミュニティがあるため、Crypto.comとの提携により、特に技術に精通した視聴者からのエンゲージメントが高まるだろうと述べています。

一方、大手ゲーム開発会社のユービーアイソフトは、ブロックチェーンを中心としたゲームの制作に興味を示しました。

同社CFOであるFrédérick Duguet氏は、「ブロックチェーンは、より多くのプレイヤーがコンテンツを獲得し、コンテンツを所有することを可能にするPlay-to-earnを可能にし、この業界を大きく成長させると考えています」と述べています。

Duguet氏はまた、ユービーアイソフトが小規模なブロックチェーン企業と協力して、テクノロジーがゲーム業界に与える影響の大きさを理解していることを強調しました。これは、彼らがesports業界でトップの主要プレイヤーの一人になりたいと考えているからでもあります。  

スポンサーリンク

Twitch Rivalsでトイレ休憩を拒否される 

Twitch Rivalsは、esportsゲーム業界で最も待ち望まれているイベントの一つであるため、多くのファンや愛好家がお気に入りの選手を見ることを楽しみにしています。参加者の一人に、Mayaという名前で人気のTwitchストリーマーがいます。彼女は、この大会で最も気まずい瞬間の一つになりました。

Mayaさんが仲間のストリーマーであるQTCinderellaさんと話しているときに、ストリーマーが「トイレに行きたい」と言い出したのです。しかし、彼女はトイレの手順がよくわかりませんでした。そこで、彼女は手を挙げて従業員に「行ってもいいですか」と尋ねたのです。公開された映像では、彼女が話しかけた従業員が首を横に振っている様子が映っています。Mayaは「私はおしっこをしてはいけないのですか」と不信感を抱きました。

これが大きな問題となったのは、TwitchがAmazonの傘下にあり、特にトイレ休憩のルールに関して、従業員が不当に扱われたという報告が多数寄せられているためです。

Mayaはインタビューを控えており、トイレ休憩を取る時間がありませんでした。アマゾンの従業員の問題とは異なりますが、「Twitch Rivals」の話題になると必ずMayaの名前が出てくるほど、大きな問題となっています。

Twitchはesports業界のトップストリーミングプラットフォームの1つであり、取引に暗号通貨を組み込む方法を検討していることは否定できません。誰もが注目している今、「crypto bomb」を投下して、現在最もホットな暗号通貨ニュースの一つに含まれる理由の一つになるかもしれません。

コメント