漫画・コミック・小説なら【DMMブックス】

【初心者必見】サッカーを最速で上達する7つのコツ|考え方と練習方法

サッカー漫画

サッカーを練習して始めるなら、早く上達してうまくなりたいですよね。そして目標は試合で活躍すること。

この記事はサッカーの初心者のテクニックを早くうまくさせる7つのコツと練習方法をご紹介します。

サッカーのコーチングに悩んでいる方や指導者にとっても勉強になる記事です。

  • サッカー初心者が知るべき基本の知識
  • 一人で簡単にできる!練習方法
  • 上達しない人にむけたおすすめ指導者




サッカー初心者必見!7つの基本事項

1.ゲームのルールとポジションの役割

サッカーのルールとポジションを学びましょう。

基本的なルールとポジションの役割がわからないと、次のステップに上達することは難しいでしょう。

サッカのルールについては、

日本サッカー協会

各ポジションの役割については、

元海外プロサッカー選手である浅岡大貴さんが監修した記事

が参考になります。

ルールや各ポジションの役割がわかっていない人は確認しましょう。

だいたいのルールがわかったら、サッカー ブック メーカーで色々なチームを応援できます。

2.トラップ

サッカーのトラっプとは、ボールを受け止めるテクニックのことです。

ボールを正確にトラップして止めることができるようになれば、パスやドリブル等、自分が次に行動したいすべての動作がスムーズにできるようになります。普通の大きさのボールをトラップするために、テニスボール等の小さいボールでリフティングしたりすることは良いトレーニングになります。

 

3・ドリブル

ドリブル初心者がよくするミスは、ボールを見すぎてしまうことです。

ボールばっかり見ていると、進むべきスペースやパスを出すべきところ、相手プレーヤーの居場所、自分がフィールドの何処にいるのかさえも分かりません。

ボールだけで見てドリブルすると、真っ暗な中でドリブルしているのと同じです。

まずは、ボールを持っている状態でも、頭を上げて常に周りの状況を把握しながら、ゲームにをプレイしましょう。

4・パス

サッカー初心者のうちは、相手がどにように動くのかを予想するのが難しいです。足元にパスを出すようにしましょう。

慣れてきたら、味方が走りこめるようなスペースにパスを出すことを意識しましょう。ボールをパスするのは味方の動作を予測しながらすることが重要です。

味方の利き足の方にボールを出したり、トラップしやすいようにグラウンダーのパスを出す、味方がパスを出してほしい先を予測してボールを回すなどを意識しましょう。

5・ シュート

サッカー初心者によくあるので、シュートチャンスがくると焦ってしまい、思いきってボールを蹴ってしまうことが多いです。

シュートのコツは、ゴールの枠内でキーパーの届かないところ、キーパーが予測していないところにめがけて打つことです。

どんなにすごいドリブルやパスがあったとしても、ゴールで得点を決められなければ試合には勝つことはできません。

シュートを打つときは、焦らず冷静にプレーすることを心がけましょう。

6 ディフェンス

ディフェンスの最終的な目的は、対戦相手に得点をとられないようにすることです。

ボールを奪うだけではなく、相手の攻撃を遅らせるために圧力をかけたり、パスコースを限定されたり、阻止したりすることもディフェンスの役割になります。

ディフェンスのポジショニングの基本は、相手ボールと自分のボールを直線でつないだところに立つことです。

初期のころは、ポジション取りを徹底することで、相手のシュートコースを狭めることから始めると良いですね。

7 仲間同士で声をかける

チームメイト同士の掛け声は、周りを観察する癖がつきますし、仲間を助けることができるので試合には大事な行為になります。

その時に、「頑張ろう」「モチベーションあげていこうぜ!」といった具体的ではない声をかけるのではなく、「左にスペースがあるから、パスを回して!」「ディフェンスラインをもっと上げていこう!」「フォワードにパスを出して!」といった、試合を円滑にすすめるための効果的な声かけを意識しましょう。

恥ずかしいといったことは考えないように、チームが一丸となって試合に臨めるよう大きな声でのぞむと良いでしょう。

サッカーはボールをもっていない時間の方が長いです。積極的に回りの状況を感じ取って声をかけていきましょう。

コメント