需要が高まるフリーランス業。最も人気のある仕事は?

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターネットの普及以来、世界の労働力は大きく変化してオンラインで働く独立した、最近言われるデジタルノーマッドが増えています。近年に起こったパンデミックの影響で、強制的なロックダウンが行われ、殆どの人が自宅で仕事をする様になりました。リモートワークが当たり前になると将来に向けて多くの人がこの様なワークスタイルを求める様になるでしょう。

様々なエンターテイメントもオンライン化されました。例えば、ゲーム業界はこの2、3年で最も大きな変化があり、コロナ渦の影響がさらに拍車をかけました。多くのカジノプレーヤーは遠く離れたランドカジノに行く代わりに、オンラインカジノサイトでお気に入りのカジノゲームをプレイするようになりました。多くの企業は、単発のプロジェクトの様に、フルタイムのスタッフを雇用するより、フリーランスの専門家がパートタイムで働いた方がより良い効果を上げる事に気づきました。パンデミック発生当初は、不況の影響でフリーランスは打撃を受けていましたが、今ではより多くのチャンスが訪れて需要も急上昇してきています。

ここでは、毎月、毎年、需要が増え続けている人気の高いフリーランスの仕事をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ウェブデザインと開発

ウェブ開発に使われるプログラミング言語を学べば、どこでも需要のあるプロになる道が開けます。手始めに、HTML、CSS、JavaScriptを、オンラインで公開されている数多くのチュートリアルを駆使して学ぶ事が可能です。又、WordPressによるウェブ開発は、中小企業のサイトを簡単に立ち上げる方法として注目されています。簡単な仕事をこなして基本的な収入を得られるまでには約6カ月がかかります。その後、積極的に学び、実践する事により、12カ月以内にその分野のプロになり、年間10万ドル以上の収入を得られる様になります。

データサイエンスと機械学習

研究プロジェクト、インタラクティブなデバイス、予測モデル、インターネット上で利用可能な多くのデータの増加に伴い、データサイエンスの専門家は多くの仕事を抱えています。このキャリアパスは収益性が高く、このフリーランスのデータサイエンティスト達は、高額な報酬が得られるとされる機会に飛びついている様です。この道を歩み始めるには、RやPythonなどの統計的プログラミング言語を学ぶことから始めると良いでしょう。

ソフトウェアプログラミング

殆どのアプリ開発プロジェクトでは、そのチームにフルタイムのプログラマーは必要ありません。Java、Swift、C#、ASP.NETなどのスキルがあれば、独立して働くソフトウェア開発者などは様々なプロジェクトや異なるチームで働く事が可能です。コンピューターサイエンスの学位を保持していなくても競争力のあるプログラマーになる事が可能です。経験と優れたコミュニケーションスキルがあれば、自分のポートフォリオを多くのクライアントに売り込み、高額な報酬で複数の仕事をこなす事が出来るのです。米国のフリーランスのソフトウェア開発者の平均年収は約11万4,000ドルです。

ビデオ、オーディオ、グラフィック制作

ウェブ上では、毎秒毎に投稿される視聴覚コンテンツの数が膨大になっています。競争に打ち勝つ為に、ゲーマーやインフルエンサーなどのコンテンツ制作者は、ビデオやオーディオの編集をプロに委託し、オンラインに投稿する前にコンテンツを編集します。これにより、より、多くのコンテンツを短時間で制作して収益を最大化する事が可能となります。編集ソフトやグラフィックデザインソフトを駆使する事で、これらの仕事を獲得する事が出来ます。フリーランスのビデオ編集者は、米国で約53,900ドルを稼いでいますが、オーディオ編集など他のスキルと組み合わせることで、さらに高くなる可能性があります。

ソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアマーケティングは、ブランドの構築、オーディエンスの特定、ターゲティング、製品へのユーザーエンゲージメントの促進に不可欠な要素となっています。トレンドは常に変化しているので、ソーシャルメディアマーケティングを始めるのに遅すぎるという事はありません。現在のトレンドを理解していれば、すぐにでも始める事が可能です。

例えば、ソーシャルメディアマーケティングのオンライン講座を受講したり、既にソーシャルメディアでトップを走っているブランドをフォローしたりする事から始める事が出来ます。又、ターゲットオーディエンスやクライアントのニッチが多様化している為、様々なソーシャルメディアネットワークを理解してどのネットワークがどのクライアントに有効かを知る事も重要となります。

未来はどうなる?

2020年には、パンデミックの影響で4億人以上の雇用が失われました。そのため、創造的なお金の稼ぎ方を期待するしかありません。特に、これまで以上に野心的な事が確認出来ているZ世代の大学卒業生に期待したいと思います。9時から5時までの仕事を放棄する傾向が強まっており、米国だけでもZ世代(18歳から22歳)の50%がフリーランスの仕事に参加しており、世界的にもフリーランスの採用率が高まっています。

若い人達は仕事をギグとして捉えて複数の収入源から生計を立てる様になっています。需要が増えれば、この傾向は更に強まると予想されます。勿論、ここでの主な要因はインターネットです。インターネットに接続出来る環境があれば、フリーランサーであっても世界中の様々な地域のクライアントと簡単に繋がる事が可能となります。更に言うと、クライアントとフリーランサーが簡単に繋がる事が出来るプラットフォームがたくさん、存在している事です。

コメント