DMMブックス

新しい決済方法vs古い決済方法

オンラインカジノ

昔に比べて、現代ではさまざまな決済方法が登場してきています。最近では人々の生活の中で、オンライン決済が重要なツールになっていることがわかっています。現金、小切手、クレジットカードやデビットカード、銀行振り込み、インターネット決済システムなどが支払い方法として挙げられますよね。新しい決済方法と古い決済方法のそれぞれを見ていきましょう。




新しい決済方法

今では、世界中で数多くの新しい決済方法が使用されています。最近の決済方法ではお金のやり取りや金融取引をより簡単にすることができます。これらの種類を紹介します。

クレジットカード、デビットカード決済

では、実質、カード所有者は持っているクレジットカード会社からお金を借りて、そのお金で商品やサービスを購入することができます。ほとんどの場合は、翌月に自身の銀行から引き落とされるため、クレジットカードの発行時には審査が必要です。デビットカードは審査はクレジットカードよりも厳しくありませんが、買い物をした直後に残高から引き落とされます。

モバイル取引

モバイル機器を使って行われるあらゆる支払い方法をモバイル取引と呼びます。スマホへの依存度が高まっているため、ユーザーがスマホを使って支払えるよう、様々な方法が生み出されています。

銀行間のオンライン送金

ある銀行口座から別の銀行口座に送金することを電信送金といいます。銀行口座からの送金は通常、現金を引き出して支払うよりも迅速で安価、かつ安全です。

電子財布

 パソコンやスマホを使ったオンライン取引に利用される電子カードです。クレカと同じような機能を持ち便利です。支払いを行うには、電子財布をユーザーの銀行口座にリンクさせる必要があります。

 

古い決済方法

現金

現金は、紙幣や硬貨などの現物のお金です。

クレジットカードと違い、現金の場合、決済手数料がかかりません。

 

小切手

現金やクレジットカードを持ち歩く代わりに、小切手での支払いを選択できることがあります。支払いや請求書発行の際にも、小切手は優れた選択肢です。

小切手もクレジットカードと同じように販売時に電子的に処理できるようになりましたが、ほとんどの場合、より低コストで処理できます。

 

新しい決済方法のメリット・デメリット

新しい決済方法のメリット

クレジットカードやデビットカードは、盗まれた時点でカード会社に連絡すれば、その後行われた決済をすぐに止めることができ、場合によっては申請すればお金が返ってくることもあります。銀行間のオンライン送金を使用すれば、すぐにお金を送ることが可能です。しかし、銀行の稼働時間に影響するため、最近ではモバイル決済を使ってモバイル間の送金を行った方がさらに便利で早くなっています。現物のクレジットカードやデビットカードを持ち歩かなくても、電子財布があれば便利に買い物もできます。オンライン上の取引の場合は、古い決済方法に対応していないことも多く、例えば、このページを読めば新しい決済方法でオンラインゲームをプレイする方法がわかります。

新しい決済方法のデメリット

クレジットカード払いを選択して、翌月に使いすぎてしまっていたと落ち込んだ経験はないでしょうか。クレジットカード利用は、リボ払いなどもでき、自分の手元にあるお金の感覚が少し鈍ってしまうのが難点です。モバイル決済は支払い方法が複雑化し、見えない手数料が含まれている場合もあるので、サービスの見極めが大事です。

古い決済方法のメリット・デメリット

古い決済方法メリット

 

地方へ行ってもどこに行っても通用するには現金決済。お店側も電子決済の導入料や決済時の手数料がかからないので、現金しか扱っていない店はまだまだあります。

また、大きな額の取引を行う場合は、現金よりも小切手の方がコストがかからなく、安全で良いでしょう。

古い決済方法 デメリット

現金や小切手の場合は盗まれたり、落としてしまう危険性があります。

もし、銀行がオンラインでの取引に対応していなければ、頻繁に銀行やATMまで行くことになり、時間やお金の無駄になってしまいます。

コメント