コミック.jp

ポーカーの歴史。ポーカーの起源から今日の姿まで

オンラインカジノ

皆さんはカジノの定番ゲームと言ったら、何を思い浮かべ流でしょうか?ルーレット?バカラ?スロット?挙げ出したらキリが無いほど、カジノには定番の人気ゲームが数多く存在しますよね。そして、忘れてはいけないのが、ポーカー。言わずと知れた一大カジノの都市のラスベガスやマカオ、そしてアイスカジノのように最近注目のオンラインカジノまで、今やカジノ界に無くてはならない、圧倒的存在なのがポーカーです。今回は、古くからカジノ愛好家に親しまれてきた、歴史あるテーブルゲーム「ポーカー」の起源と、現在に至るまでの姿をご紹介したいと思います!




ポーカーの発祥地

そもそも、元来のポーカーの起源とされているのは、中東・ペルシャ。16世紀にペルシャ人が発明したAs Nasというゲームだと言われています。このゲームでは、25枚のカードを使用し、ハンドのランキングを階層化し、ベッティングラウンドを採用していました。このルールは現在のポーカーとも似ているように感じられます。

しかし、それよりも前の時代、遡ること10世紀には既にその原型とも言えるゲームが中国の穆宗皇帝によって作られたという説もあるのです。そう、麻雀です。なんと、麻雀にヒントを得たペルシャ人がAs Nasを作り、そこから時代を経てポーカーになったという説があるのです。ポーカーの起源は一般的にペルシャとされていますが、元来は中国とも言えるかもしれませんね。

ヨーロッパでのポーカー

その後、As Nasはペルシャの水夫からフランスに持ち込まれたとされています。その一方で、1800年代初期のフランスでは「Poque」(ポケ)というゲームが流行りました。これは、ポーカーのもうひとつの先祖と考えられているゲームです。Poqueは非常に人気のあるカードゲームでした。また、ドイツでは「Pochen」(ポッヘン)と呼ばれ、同じように大流行しました。これは、16世紀のスペインのゲーム「Primero」(プリメロ)に基づいているゲームと言われています。このゲームでは、ブラフの概念を導入しました。ブラフは、現代のポーカーで使用される有名なツールです。プレイヤーは3枚のカードを持ち、ブラフがゲームの大部分を占めていました。Primeroの歴史は1526年頃にさかのぼると考えられており、現在のポーカーの直接の祖先として認識されています。

アメリカでのポーカー

Poqueは後に、フランス人入植者がニューオーリンズやアカディアなどの北アメリカの入植地に到着したとき、アメリカ大陸に持ち込みました。その後、英語を話す入植者がこの地域にやって来ました。そしてPoqueを発見し、それを現代のファイブカードポーカーのゲームに取り入れたのです。アメリカで、このファイブカードのポーカーは次第に人気になっていきました。そして、このゲームがギャンブルとして開拓者の町から川船にまで広まってプレイされ始めると、その人気はさらに高まっていったのです。1800年代初頭には、アメリカ南西部の開拓地でギャンブルはすでに認められていましたが、1830年代になるまで人々はギャンブルに対して寛容ではありませんでした。ギャンブルはあまり歓迎されなかったため、ほとんどの西部開拓地ではギャンブルに関する条例を認めず、ギャンブラー達は多くの町から追い出されてしまったのです。その後、これらのギャンブラー達はミシシッピ川を航行する川船でプレイするようになります。しかしながら、ルーレット盤のような重い装備は蒸気船に持ち込むのが難しかったため、手軽に持ち運べるトランプを船内に持ち込んだのです。こうして、簡易なカードゲームであるポーカーの人気がさらに高まりました。ポーカー人気が高まるにつれて、1834年までにはカードデッキは20枚から52枚へと変更されていきました。ニューオーリンズとその周辺地域から始まり、ポーカーはアメリカ大陸全体に拡大し、1870年代から1880年代にかけて酒場や西部開拓時代の文化に定着しました。カリフォルニア州は1987年にオマハ、ホールデム、スタッドフロップゲームを合法化し、引き分けゲームのみを許可、最初のポーカーブームの発端となりました。翌年、米国のインディアンゲーミング規制法により、ネイティブアメリカンの土地でカジノゲームを開催することが合法になり、さらに多くのポーカールームがオープンしました。

1970年以降のポーカー

ワールドシリーズオブポーカーは1973年にテレビで放映されました。初めてのテレビ放映されたポーカーのイベントだったので、注目が集まりました。報道のおかげで、ポーカーはさらに脚光を浴び、人気が再び高まりました。

さらに時代は進化し、90年代半ばまでにインターネットは一般的になりました。そして、リアルマネーでのポーカープレイがサイトで出現したのは1998年のことでした。ここまでポーカーは進化したものの、過去100年間、ポーカーは変わっていません。デッキとルールは標準化されています。個々のゲームの人気は長年にわたって変化しています。可能な限り最高の5枚のカードのポーカーハンドを作成し勝利しようと試みます。

実は先ほど紹介した、インターネットの登場により、人々は自宅で快適にポーカーをプレイし始め、オンラインカジノが提供するボーナスや特別オファーを利用しました。この頃から、オンラインポーカーの歴史があるので興味深いですね。そして、プレイヤーは人気のあるライブのオンラインポーカートーナメントなどに参加し始めました。

ここで有名なのが、ポーカー史上最悪の日の1つが2011年4月15日に発生し、世界中のポーカーコミュニティにブラックフライデーとして知られています。当時オンラインポーカーをプレイしていた方なら、何が起こったか覚えているでしょう。アメリカ司法省は、業界をリードしていたドメインを押収し、プレーヤーのアカウントと資金のすべてのアクセスを禁止しました。

しかし、ブラックフライデーの大きな影響にもかかわらず、2013年に記録的なオンラインポーカートーナメントを開催することができました。

現在のポーカー

オンラインポーカーがプレーヤーの関心がある一方で、ライブゲームは年々急速に成長しており、2019年も例外ではありませんでした。多くのトーナメントが記録を打ち破り、ワールドシリーズオブポーカーのメインイベントには8,100人以上のプレイヤーが参加し、これも史上最高でした。

しかし、2019年から発生したCOVID19のすべてのカジノとポーカールームが閉鎖を余儀なくされたため、世界の他のすべてと同様に、ポーカーは深刻な打撃を受けました。それでも、プレイヤーはゲームの熱狂を忘れず、この時期にオンラインポーカーへの関心が急上昇し、多くの新しいプレイヤーがオンラインに参入しました。

ゲームを可能にするために、トランプ、チップ、テーブルなどの物理的なアイテムは必要ありません。技術が向上するにつれて、プレイヤーは携帯電話やタブレットなどのモバイルデバイスを使用してどこでもプレイできるようになります。今では1億人がオンラインでポーカーをプレイしていると言われています。ブラックフライデーやCOVID19を乗り切りながらも、少しずつポーカープレイスタイルは変化しています。歴史的瞬間のすべてが、ポーカーをオンラインとオフラインの両方で人気のある時間の過ごし方の1つにしています。ポーカーの歴史は何世紀にもわたってさかのぼり、今後も成長を続けるでしょう。ポーカーの歴史は本物でこれからの発展にも注目です。

コメント