人生三つの坂 松下幸之助の名言 結婚式スピーチの言葉「上り坂、下り坂、まさか」

人生3つの坂オンラインカジノ

人生の3つの坂とは松下幸之助が言う名言、上り坂、下り坂、まさかだ。

結婚式の言葉や企業の入社式のスピーチの定番で、よく利用される言葉。

人生3つ目の坂、まさかの意味は「予想もしていない状態であることを表す表現」である。

結婚したら上り坂や下り坂、予期せぬ【まさか】があるから気をひきしめてと。

松下幸之助の企業経営の考え方が、反映されている言葉と言えるだろう。

実は人生3つの坂の教えは仏教の言葉で、親鸞聖人が先に唱えていた。




人生三つの坂【名言】とは

人生3つの坂とは、上り坂、下り坂、まさかだ。

三つの坂【名言】の意味・回答

3つの坂の名言には、1つ1つの坂に意味がある。

  1. 上り坂
  2. 下り坂
  3. まさか

三つの坂の名言ついて、解説する。

上り坂

人生がうまくいき心が躍るような楽しいことが多い時。幸せに人生を歩む道が上り坂。

下り坂

人生で何をやってもうまくいかない時がある。人生の中では必ず苦難に直面していかないといけない時期がある。

まさか(ま坂)

人生において、上り坂や下り坂は予想ができるが、思いもよらぬ事態が起こること。

まさかの事態が起こったとき、どのように行動すればよいか。

その時の行動によって、その後の人生に影響する。

突然の病気や事故、災害で、まさか自分がこんなことになるなんて。

予測できない「ま坂」は常に近くにあるもんだ。

まさかの道を歩むこともあるだろう。

涙が止まらない悲しい「まさか」がくることも。

3つ目のまさかが「自分の本当の試練」になる。

人生3つの坂 名言は誰の言葉

人生の3つの坂の名言は、松下幸之助の言葉として有名。

松下幸之助の名言【言葉】

松下幸之助の名言とされている。

人生には3つの坂がある。

ひとつは『上り坂』、ひとつは『下り坂』、そしてもうひとつは『まさか』である。

色々なことがあるけれど、常に希望をもって歩む、自分と未来を信じましょう。

心を定め、

希望をもって歩むならば

必ず道は開けてくる

 

人生「上り坂」「下り坂」「まさか」

いろんな時があるけど

 

常に希望をもって歩むこと

自分と未来を信じること

仏教の言葉「親鸞聖人」

実は昔からあった仏教の言葉で、親鸞聖人が先に唱えている。

松下幸之助は仏教の教えを元に企業経営していたようだ。

人生にある3つの坂。
上り坂、下り坂、そして“まさか”。
“まさか”この私が最愛の人と別れようとは。
“まさか”この私が癌になろうとは。
夢にも思っていない。
しかしそれが現実。
……“まさか”この私がもういのち終わろうとは。
そのことを承知され、
そんな私をほおってはおけないと、
如来は名号(念仏)となって常に私によりそっておられる。

親鸞聖人はこう示される。

http://sentokuji.minibird.jp/houza-kotoba.html

まさかの意味

思いのよらぬことが起こった時、自分では準備万端だったのに想定外のことが起きた時、どう反応し判断するべきか。

冷静になって行動する必要がある。

まさかの時にこそ自分が試される時であり、真価が問われる場面が「まさか」の時だ。

まさかを使う方法

人生にまさかな事案が起こった時はこうやって使おう。

まさか、こんな問題が起こるとは

まさか、こんなミスをしてしまうとは

まさか、こんな結果になるとは

まさか、あんな奴に負けてしまうとは

人生3つの坂【名言】は結婚式の定番

人生3つの坂と人生3つの袋は、結婚式のスピーチで多用される。

一度は聞いたことがある名言だが、何度聞いても心にしみるはず。

結婚式のスピーチで上司が使う3つの坂

「新郎新婦、これからも2人でいつまでも3つの袋を大切にしながら、三つの坂に注意して人生を歩んでいってください。」

結婚式で上司が使うスピーチのテンプレートだ。

人生3つの坂と人生3つの袋

結婚式のスピーチでは定番の名言で、「人生3つの袋」「人生3つの坂」がある。

人生3つの坂の説明は、上記の説明を参考にしてほしい。

人生3つの袋は「胃袋、堪忍袋、お袋」の他にも諸説ある。

3つの袋は変化する場合もあり、

  1. 胃袋
  2. 給料袋
  3. 堪忍袋

などのようにバリエーションがある。

き〇たま袋のようなうけない駄洒落を、差し込まないことを願っている。

まとめ:人生3つの坂は松下幸之助の名言

人生3つの坂は上り坂、下り坂、まさかのま坂。

松下幸之助の言葉として有名であるが、実は仏教の教えで親鸞聖人が先に唱えている。