SECは暗号投資家の保護に焦点を当てるように求めている。【掲載記事】

仮想通貨




NEM太郎です。

今回は、ゲスト投稿による記事を紹介します。

——————————————————————————-

バイデン米大統領が証券取引委員会(SEC)委員長に指名したゲーリー・ゲンスラー氏は、暗号通貨が直面している問題を積極的対処している。彼は、2021年3月2日の上院銀行委員会の指名承認公聴会で、一部の市場では、詐欺が存在していると語った。

彼の懸念は通貨や資産から来るものではなく、市場に当たる。彼は、海外市場が米国外の詐欺から投資家を保護することができないことを例として説明した。さらに、ビットコインと他の暗号通貨が世界の金融を徹底に変えたと述べた。正直なトレーダーの投資安全性に焦点を当てたいと求めている。

ゲーリー・ゲンスラー氏は、マサチューセッツ工科大学のブロックチェーンテクノロジーとデジタル通貨に注力した教授である。また、2009年に元米国大統領バラクオバマがリードした商品先物取引委員会の会長として務めた。現時点では、ビットコインやその他のデジタル資産の将来に影響を与える人物として、現在の暗号ニュースの情報源となっている。

SECが対処したい暗号詐欺の種類

暗号通貨は現在、世界中で採用されている。一部のデジタル資産の価値が上昇しているが、他は開発者によって革新されている。より多くの政府が仮想通貨に対する規制に取り込んでいるため、分散型金融(DeFi)モデルは標準化されている。とはいえ、悪意のある人々は、次のタイプの詐欺を使って、暗号分野に精通していない人々を利用している。

金融犯罪

贈収賄とマネーロンダリングに分類される。中央当局は疑わしい記録を収集して披露する権利を持っているため、集中型金融(CeFi)はDeFiよりも優れている。この問題に対処するように、暗号ブロックチェーンはネットワークと取引記録を公開することにした。ところが、アドレス所有者のIDは秘密であり、いずれかの中央機関にも公開権利が付与されない。

ICO詐欺

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は、スタートアップ暗号が資金を調達する主な方法である。新たに生まれたコインの開発者は、通常、1コインあたり0.1ドルから1.0ドルの基本価格でコインを売却する(10.6円~106円/コイン)。

この方法で資金を調達するために、Maksim Zaslavskiy氏はREcoinと呼ばれる存在しない資産を導入した。伝えられるところによれば、独占的なメンバーシップツールとしてDiamond Real Estateのサポートを得た。このイベントでは、1000人以上の犠牲者がいて、280万以上のREcoinsが売却された。彼は2018年11月15日に有罪を認めた。

ポンプとダンプのスキーム

ポンプとダンプのスキームは、人々に影響力のある人物を信頼させない詐欺の1つである。この手法は主に、多数のトークンへの投資に関わり、できるだけ多くの人に投資するように促す。価格は需要に応じて上昇する。人為的なピークに達すると、初期の投資家は資産を売却し始める。

相場操縦

相場操縦は、1人または複数のトレーダーが時価総額の価格を積極的に乱高下しようとする慣行を指す。2021年1月中旬に発生したゲームストップ株はうちの良い例である。

 

この事件では、1人または複数の投資家が積極的に資産を取引して株価を乱高下させた。これは、望ましい価格で取引する前に人為的に高値・安値にするポンプとダンプスキームと組み合わせて利用できる。

注意すべきその他の詐欺

暗号通貨は、従来の金融や資産のために開発された同じ種類のスキームの影響を受けやすい。伝統的な盗難、ポンジースキーム、ブローカー詐欺や悪意のあるプロモーターなどはその一部である。SECは高度なテクノロジーと専門知識を借りて、この新しい金融の時代を良い方向に転換できるだろう。現在の暗号ニュースは、より多くの発表と、どのように暗号の状態に影響するかを中心にすることが望む。

タイトルとURLをコピーしました