動かないカカシの意味「あなただけを見ています」隠し言葉は意味が深い

シェアする

カカシ

動かないカカシの意味を、ご存じだろうか。

隠し言葉で動かないカカシは「あなただけを見ています」という意味だ。

隠し言葉は、本当に意味が深い。

逆に言うと相手が意味を知らなければ、さっぱりわからない。

夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と日本語訳した」というのは逸話らしい。

動かないカカシの意味

カカシが動かないというところから、じってしている様子。

カカシは、じっと見つめているようだ。

あなただけを、見ています。

動かないカカシのような隠し言葉一覧

動かないカカシと同じような隠し言葉は、沢山ある。

月が綺麗ですね

貴方を愛しています

夏目漱石が言ったとされている逸話の隠し言葉。

雨音が響いてますね

貴方のことがすきでした

心に響いているってことかな。

海が綺麗ですね

貴方に溺れています

海に溺れているってことでしょうか。

夕日が綺麗ですね

貴方の気持ちが知りたいです

沈む太陽は神秘的。

夕日が綺麗ですね

貴方の笑顔が素敵です

単純に夕日と笑顔を重ねたのか。

明日は晴れますか?

明日私の想いは晴れますか

自分の気持ちと明日の天気を比べて。

今日は肌寒いね

手を繋いでください

寒いから手を繋いで。

明日の月は綺麗でしょうね

殺す

明日は何か起こる予感。

虹が綺麗ですね

貴方と繋がりたい

虹なだけに架け橋がほしい。

寒いですね

抱きしめてください

寒いから抱きしめて。

雨、やみませんね

もう少し傍にいてください

雨がやまないので、そばにいて。

風が冷たいですね

貴方を抱きしめたいです

風が冷たいので、あなたを抱きしめたい。

永遠に続く青空

ずっと澄んだ気持ちで貴方を愛します

永遠に続く青空のように、澄んだ気持ちで愛したい。

あたりがやけに静かですね

貴方の声が聞きたいです

静かなので、何か話して。

太陽が眩しいですね

私の横に来て一緒に歩きましょう

太陽が眩しい。私も眩しい存在。

雪がやみませんね

貴方への想いが止まらない

止まない雪のような想い。

こちらは朧月夜ですよ

本当の思いがあるなら月がなくても迷わないでしょう

月の明るさが必要ないぐらい。

貴方なら月明かりがなくとも来れるでしょう

はよ来い

はやく来てください。

今日は暖かいですね

貴方が傍にいてくれて幸せです

昨日の月の方が綺麗だったわ

前の男の方が良かった

日が沈みますよ

さようなら、また会う日まで

桜が綺麗ですね

私達はまたこの場所で逢おう

雨が強くなってしまいましたね、傘をささなきゃ

私の想いが大きくなってしまいました

月は綺麗だけど、遠いよ

貴方を愛しているけれど、もう届かないよ

傾く前に出会えてよかった

貴方の気持ちが変わらぬうちに出会えて良かった

雨音が煩くて気づかなかったよ

皆といることが楽しくて君の想いに気づかなかったよ

月が見えなくなりそうです

貴方とずっと一緒にいたけど貴方は私のことを想ってくれてないみたいね

今でも月は綺麗ですか?

今でも貴方は私を愛していますか?

未練がましいさま。

今日はとても幸せです

あなたと会えて幸せ

うれしい!

貴方は太陽のようですね

まともに見たら目が潰れるね

眩しい存在だ。

楽しいね

この時間が永遠に続けばいいのに

楽し!

星が綺麗ですね

貴方は私の想いを知らないでしょうね

純粋に星がきれいなのは、私の想いを無視している。

私は一生愛してる

いつでも自分の元に来ていい

いつでもどうぞ。

足音が響かない

貴方がいない

誰もいないのか。

今年は太陽が二つ有りますね

可愛い(輝く)太陽が二つある

浮気者か。

足が綺麗ですね

踏んでください

そういう趣味なのか。

まとめ

動かないカカシは、「あなただけを見ています」という意味。

動かないカカシの意味は「あなただけを見ています」隠し言葉の意味が深い