バカラ とは – 歴史、ルール、ベスト戦略

オンラインカジノ
スポンサー

スポンサー

バカラはオンラインカジノで最も人気を集めているゲームの1つです。この記事ではオンラインカジノバカラの歴史、ルール、ベスト戦略についてみてみましょう。この記事でぜひバカラについて学んでくださいね。

スポンサー
スポンサー

バカラの歴史

バカラは、フランスのカードゲームの一種で、最も初期の起源は明確には分かっていませんが、14世紀にイタリアで発明されたと考えられています。このゲームは、その後、フランスに伝わり、19世紀には英国でも広まりました。

バカラのルールは、2枚のカードを使用し、9に近い数値を目指して勝負するというものです。カードの数字は、エースが1、2から9まではそのままの数字で、10からキングまでは0として扱われます。プレイヤーとバンカー(ディーラー)のどちらが9に近い点数を出すかを競い合います。

19世紀後半、バカラはヨーロッパで大流行し、高級なカジノでプレイされるようになりました。その後、アメリカにも渡り、ラスベガスやアトランティックシティのカジノでもプレイされるよう

バカラのルール

バカラは、2枚のカードを使用し、9に近い点数を目指して勝負するカードゲームです。最初にカードを配った後、プレイヤーとバンカー(ディーラー)のどちらが9に近い点数を出すかを競い合います。

バカラでは、カードの数字は次のように扱われます。

  • エースは1ポイント
  • 2から9まではそのままの数字
  • 10からキングまでは0ポイント

2枚のカードの合計が10以上の場合、10を引いた数がその手の点数になります。例えば、5と7のカードが配られた場合、合計は12になりますが、10を引いた2が点数となります。

プレイヤーとバンカーはそれぞれ2枚のカードを受け取ります。もし、どちらかが最初の2枚で9点または8点を出した場合、これを「ナチュラル」と呼びます。この場合、その手が勝ちとなります。

ナチュラルが出なかった場合、プレイヤーはカードを1枚追加するかどうかを決定します。この場合、以下のルールに従います。

  • プレイヤーの手が6または7の場合は、カードを引かない。
  • プレイヤーの手が5以下の場合は、1枚カードを引く。
  • プレイヤーの手が3以下の場合は、2枚目のカードにかかわらず、必ずカードを引く。

バンカーの手の追加は、プレイヤーの手に依存します。プレイヤーが3枚目のカードを引かなかった場合、バンカーの手の追加は以下のように決定されます。

  • バンカーの手が7の場合は、カードを引かない。
  • バンカーの手が6以下の場合は、必ず1枚カードを引く。

プレイヤーとバンカーの手が確定した後、点数を比較します。より高い点数を持つ手が勝利となります。また、プレイヤーとバンカーの両方が同じ点数を持った場合、引き分けとなります。

バカラの戦略

バカラは、ある程度の運要素があるゲームですが、戦略を使うことで勝率を高めることができます。以下に、バカラの戦略について詳しく解説します。

ベットする額をコントロールする

バカラは、掛け金が大きくなるほど勝率が高くなりますが、リスクも高まります。ベットする額をコントロールすることで、長期的に見て勝率を安定させることができます。ベットする額は、自分の予算に合わせて適切に設定することが重要です。

バンカーに賭ける

バンカーに賭けることは、バカラで最も有効な戦略の1つです。バンカーに賭けることで、平均的には勝率が一番高くなります。ただし、バンカーに賭けるときには、一部のカジノでは賭け金の5%の手数料がかかることがあるため、注意が必要です。

タイに賭けるのは避ける

タイに賭けることは、最もリスクが高く、最も勝率が低い戦略の1つです。タイに賭けた場合の勝率は、平均的には約9.5%です。タイに賭ける場合は、ベット額を最低限に抑えることが重要です。

カードのパターンを覚える

バカラでは、カードのパターンを覚えることが有効な戦略の1つです。カードのパターンには、バンカーとプレイヤーのどちらが勝利したか、または引き分けたかが含まれます。これを覚えることで、次のゲームの結果を予測しやすくなります。ただし、カードのパターンはランダムであり、予測することが難しい場合もあります。

コメント