【2022年】漫画アフィリエイトの稼き方!報酬公開・おすすめASP・やり方も教えます

漫画アフィリエイト
スポンサー

コミック.jp

漫画アフィリエイトが2022年現在でも、ぶっちゃけ稼げるかどうか気になっているブロガーさんもいると思うので、収益公開も含めて記事にしてみました。

2022年から漫画アフィリエイトでブログがバズった経緯も踏まえてね。

結論から言うと「稼げるが額面は多くない」です。

集客手段さえ確保できれば、成果は発生しますよ。

成約率が一番高いのは、「Amazon Kindke unlimited」のアソシエイトです。

自分でアフィリエイトする前にサービスに加入してみて、体験することをオススメします。

無料なんでリスクなし。

「コミック.jpの無料トライアル」をあつかえるASP「Afb」がオススメです。

こちらもアマゾンと同様、成約率が高いです。

「ネタバレ」系のキーワードで集客しても、アフィリエイトの成果になることは難しいです。

最終回のネタバレの内容だけ読んで、さっさとサイトのページを閉じる読者がほとんどじゃないかな。

SEO対策できたとしても、漫画アフィリエイトは収益化が難しいです。

カンファレンスバナー

漫画アフィリエイトは稼げる?10月分の収益公開

A8netやE-JAなどのASPも登録していますが、わかりやすくするため「AFB」の成果報酬だけ掲載します。

1月から10月までの期間で、収益が100万円を超えました。

アフィリエイトASP「Afb」は消費税分もプラス加算してくれるので、3月の収益は「コミック.jp」のみで40万円を超えています。

1月はA8のU-NEXTにアフィリエイト広告を集中させていたため、少ない収益となっています。(ちなみに10万円程度の成果確定)

3月以降は違法漫画サイト「漫画RAW」等の閉鎖がおちついたのと、大手メディアとのキーワード争奪戦に破れてしまい、減収となっています。

漫画アフィリエイトのやり方

2022年に漫画アフィリエイトで収益を出したNEM太郎のアフィリエイト方法を公開します。

違法サイト(海賊版)の名前で集客

2022年1月には、大手の海賊版サイト「漫画BANK」が閉鎖したことをきっかけに、漫画PLAY、漫画RAW等の違法サイトが閉鎖していきました。

漫画を違法サイトで読んでいた読者さんを「電子書籍の無料トライアル」に誘導し、新規登録を促す。

キーワードとしては、

  • 漫画BANK ランキング
  • 漫画バンク おすすめ
  • 漫画PLAY ワンピース
  • 漫画ベイ ファブル

等の複合キーワードで集客し、アクセスがありました。

違法サイトの検索ボリュームは100万回以上

かつて「漫画BANK」「漫画RAW」「漫画PLAY」などの月間検索数は100万回を超えることもあり、違法の漫画サイト名で上位表示すると、アクセスがとれる状態でした。

現在は大手漫画サイトやメディアの参入があり、SEO対策で上位表示することは難しくなっています。

上位表示サイトはMOZランク70以上です。強すぎる。 

コミックシーモアの特別単価はほとんど成約しない

コミックシーモア、DMMブックスの特別単価も頂きましたが、クリック数に対して成果がほとんどあがりませんでした。

どれぐらい成約しないかというと、1000クリックのうち2件程度しか報酬が確定しません。

成約率は0.2%程度です。

  • 「amazon kindle unlimited」成約率2-4%
  • 「コミック.jp」成約率2%前後

おそらくですが、「違法サイトの名前」「無料サイト」で集客した読者はお金を払わず漫画を読みたい人が大半ですよね。

コミックシーモアやDMMブックスでお金を払いたくないから、違法サイトを探しているわけです。

その読者さんたちを再度、コミックシーモアに誘導しても、そりゃお金を払って漫画を買うというのは稀ですよね。

著作権には抵触しないようにした

「ワンピース ネタバレ」「ファブル ネタバレ」など集客性の高いキーワードでSEO対策を成功させれば、ブログ記事上部等に貼ったアドセンス等の収益は簡単に発生します。

しかし、こういったキーワードは専門的に漫画を読んで書いている(外注している)アフィリエイターがいるため、ほとんど参入できません。

ネタバレ記事で著作権に抵触したコマワリや漫画を掲載しているブログもありますが、いずれ逮捕されるか広告の配信停止などのリスクがあります。

報酬は高くないアフィリエイト

漫画アフィリエイトの報酬はぶっちゃけ高くないです。

アマゾンのkindle unlimitedの紹介報酬は500円。

コミック.jpの報酬は税抜き1000円でしたが、現在は半分の500円まで減額されています。

月間100件の成約があったとしても、5万円程度にしかなりません。

高額報酬のアフィリエイトを目標にするなら、漫画アフィリエイトは不向きです。

漫画アプリのダウンロードでは稼げない

漫画アプリで収益化を狙っている方がいるかもしれませんが、収益額が少なすぎるため稼ぐことは不可能です。

アプリがダウンロードされても1件につき数百円程度の額となっているので、100件成約したとしても月に1万円程度にしかなりません。。

漫画アフィリエイトのおすすめのASP

漫画アフィリエイトするなら、高額の特別単価のある大手漫画サイトのアフィリエイトをおすすめするブログが多いようですが。。

実際は「無料トライアル期間」のある電子書籍サイトの成約率が圧倒的に高いです。

ASPはAmazonとコミック.jpがオススメ

漫画アフィリエイトでおすすめできるASPは「Amazon kindle unlimited」と「コミック.jp」です。

両方とも無料トライアル期間が30日間と長く、読者の金銭的リスクもほとんどありません。

無料トライアル期間に解約しても、アフィリエイト成果になるので報酬も確定しやすいです。

Amazonのアフィリエイトをする場合は「Amazon アソシエイト」でアカウントを作り、アフィリエイトコードをもらえば、すぐに開始できます。

コミック.jpのアフィリエイトですが、広告の取り扱いは「Afb」しかありません。

コミック.jpの同一会社が運営する「music.jp」ですが音楽専門のため、漫画アフィリエイトには向いておりませんので、悪しからず。

コミック.jpのアフィリエイトを始める

アマゾンで「kindle unlimited」を体験してみる

まとめ:漫画アフィリエイトは集客が命

というわけで漫画アフィリエイトは集客さえすれば、まだまだ稼げるジャンルではあります。

「ネタバレ」「最新」「無料」「RAW」「海賊版」の複合キーワードで集客しても、電子書籍の購入には至らないですよ。

だって無料で漫画を読みたい人に有料サービスすすめても、成約しません。

せめて「無料トライアル」をおすすめするぐらいかな。

コミック.jpのアフィリエイトを始める

アマゾンで「kindle unlimited」を体験してみる

コメント