DMMブックス

仮想通貨の実用例

オンラインカジノ

仮想通貨の実用性について解説しています。




仮想通貨は実生活でどのように利用できるのか

ここ数年で世界中で話題となっている仮想通貨。エルサルバドルなど一部の国では、ビットコインが法定通貨として認められるなど、世界中で大きな変化が起こっています。

ただ、日本ではまだ仮想通貨が受け入れられていないため、人々にとって身近なものだとは言えません。

しかし、国によってはすでにかなり実用化が進んでいます。暗号通貨を受け入れる多くのウェブサイトがありますと入金不要ボーナス 最新。カジノボーナスファインダーのプロダクトオーナーを務めるTony Slotermanは、エンターテインメントにおいて新し決済方法を導入することの大切さを主張しています。

では早速、仮想通貨を実生活でどのように利用できるかについて解説していきます。

不動産の購入

国によっては、すでに不動産の購入に仮想通貨が利用できることがあります。ビットコインの価格は現在700万円に近付いており、かなり高騰しています。そのため、不動産など金額が大きいものを購入する際の決済手段として利用されているのです。

ドバイなどでのこの動きがかなり進んでおり、家、マンションなどの購入にビットコインが使用されています。

ドバイやシンガポール、マルタなど、仮想通貨先進国によってこのような動きが進んでいるといえます。このような国では仮想通貨によるキャピタルゲインに税金を課していないので、税制においても魅力的だといえます。

オンライン決済

仮想通貨はオンラインショッピングなどにも使用されています。これまではオンラインでの支払いにはクレジットカードや電子決済サービスを利用するのが一般的でしたが、最近では仮想通貨での支払いを受け入れているものもあります。仮想通貨であればブロックチェーンテクノロジーを利用しているので、決済スピードが高く、匿名性が高いのが魅力です。

また、オンラインショッピングだけではなく、ホテルなどでもビットコインでの支払いを受け入れていることがあります。外国人の利用が多い観光業界では為替手数料がかからない仮想通貨は非常に魅力的だといえるでしょう。

給与の支払い

最近では給与の支払いで法定通貨ではなく、仮想通貨を使用していることもあります。特に仮想通貨関連のビジネスをしている企業は法定通貨を給与の支払い手段として使用していません。

また、フリーランスの支払いにも仮想通貨がよく用いられます。フリーランスの場合、国に関係なくビジネスをするので、為替手数料が発生したり、国際送金の手数料が高くなってしまったりすることがあります。そのような時に仮想通貨を使用して支払うことで、手数料を節約しつつ、給与の支払いを完了することができます。

ただし、仮想通貨で給与を受け取った場合源泉徴収が難しくなるので、個人での手続きが必要となります。

マクドナルド

ビットコインを法定通貨として受け入れているエルサルバドル。エルサルバドルでは、すでに日常にビットコインが浸透しつつあり、2021年9月からはマクドナルドで利用できるようになりました。

これを実現したのがカリフォルニアに拠点を置くビットコイン決済プロセッサーのOpenNode。OpenNodeはマクドナルドとパートナーシップを結び、ビットコインでの決済を始めたのです。

現在約20のマクドナルドがビットコインでの支払いに対応しており、オンライン注文やデリバリーアプリでも利用できるようになっています。

OpenNodeはマクドナルドだけではなく、エルサルバドルに拠点を置くその他の大手企業とのパートナーシップの提携を進めています。

この流れが進めば、外食の決済手段としてビットコインが当たり前になる日もそう遠くないでしょう。エルサルバドル以外にも、アメリカ、ヨーロッパでこの動きが加速することも十分考えられます。

コメント