ディープボンドが日本の歴史に残る

競馬
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ディープボンドは、日本の名馬の一頭であり、そのスピードと長年にわたるハロンレースでの成功で知られています。パリロンシャン競馬場で開催されたフォイ賞で、ディープボンドが優勝し、新たなトロフィーを手にしました。

クリスティアン・デムーロというアグレッシブな騎手を得たディープボンドは、日本の歴史を作るためにワイヤーからワイヤーへと巡航しました。凱旋門賞の最高位である「聖杯」の獲得を目指していた日本にとって、この勝利は長い低迷に終止符を打つことになりました。

ディープボンドは、このレースで唯一選ばれた馬であり、同馬の2021年の100回目の出走となる10月3日の次の凱旋門賞への出場権を与えられました。これは、JRAレーシングの誇りとして、この馬がいかに長年にわたってデムーロと一緒に良くなってきたかを示している。

4歳になったばかりのキズナの仔馬は、ゲートから先頭に立ち、そのままのペースでゴールしました。ブルームはその後ろを追走していたものの、3ハロン差でクリアしました。ディープボンドはその後も減速する気配を見せず、最後まで粘り強く走り、ブルームを下しました。

2,400メートルの良質な芝の上で行われたレースにおける同馬の58キロ以下の勝ちタイムは、2分31秒82となりました。

スポンサーリンク

ディープボンドの活躍は一勝だけではない

日本代表としての勝利はもちろんのこと、ディープボンドはこのレースでも強い印象も残しています。フランスで最高の評価を受けているスカレティなど、背伸びした評判の馬たちを倒しただけでは収まらず、たたきのめしたのです。

ディープボンドを最初から最後まで追尾していたブルームもサンクルー大賞を受賞していましたが、それでもディープボンドには勝ち目がありませんでした。ディープボンドは、残酷なフォイ賞でライバルたちをただひたすらに走らせ、フランスの最高の馬たちを倒したことは、多くの人にとって大きな救いとなりました。

ディープボンドのこの偉業は、この馬がまだ多くのレースを経験していることを証明しています。通常、レーサーは馬を早い時期に引退させ、交配のためにまだ現役であることを確認し、1歳馬も生産します。

しかし、今回のように重要なレースを勝つことで高い価値を発揮しているため、4歳で引退することはないでしょう。今回の勝利は、最強の馬たちを相手にしても負けないことを証明しました。 

ディープボンドの勝利に称賛の声が相次ぐ

2013年のニエル賞優勝馬キズナの産駒は、Paddy PowerとCoralの付けた優勝オッズでは優勝確率は低いとされていました。ディープボンドのこのレースに向けたトレーニングは壮絶なものでした。この年齢の馬は、長いスタミナを維持するのが大変ですが、ディープボンドは他の競走馬とは異なる体格をしていました。

「大きな馬ですが、非常にダイナミックで、ほんの数歩で加速することができました」と大久保龍志調教師は口を開き、「日本のレースは全体的に速い傾向にあるので、ペースについていかなければなりません。しかし、今日は自分のリズムでレースを楽しめたようで、最後はよく頑張ってくれました」と話しました。

日本馬はこのレースで過去2回、惜しいところまで行きましたが、ライバルに勝つには十分な結果が得られませんでした。2010年にはナカヤマフィエスタがワークフォースに敗れています。最も惜しかったのは、1999年にモンジューに敗れたエルコンドルパサで、これは時代を超えた最高のレースでした。

ディープボンドはしばらく休養に入りますが、調教師たちはさらなる大活躍を期待しています。JRAレーシングの誇りであるディープボンドは、より大きく、より良い馬であることを証明し、レースでは感動を与え続けています。

このアークでの勝利がすべてを物語っています。日本の競馬界の未来を担う、ディープボンドの出番であることは誰もが認めるところです。この先、この馬が勝利することがあれば、日本のビッグレースを制した最高の馬として語り継がれるかもしれません。

コメント