市場における人気の暗号通貨【掲載記事】

ビットコイン




どうもNEM太郎です。

今回は、仮想通貨に関するゲストポストになります。

———————————————————————-

好きか嫌いかは別として、暗号通貨はゆっくりと市場に参入している。デジタル資産としても呼ばれている暗号資産は分散型であり、ピアツーピアネットワークシステムを備えている。つまり、政府や中央機関は全ての取引を管理する権利が付与されない。

市場に何千もの暗号通貨が浮かび上がっても、定期的にたくさんの投資家の注意を引き付けるものがある。ビットコイン、イーサリアム、カルダノは、現在上位にランクしている仮想通貨である。

ビットコイン:世界初の仮想通貨

人々が暗号通貨と言うとき、最初に頭に浮かぶのはビットコイン(BTC)だろう。これは、2009年にサトシナカモトという偽名によって開発された、世界初で最大の暗号通貨である。BTCについての面白いことに、市場にたくさんの仮想通貨が活躍していても、BTCが第一位の通貨となっている。

いつも変動していても、米ドルや日本円などの法定通貨に簡単に取引することができる。同時に、これも時価総額の点で、最大の通貨である。BTCはブロックチェーンを採用しているため、安全なトランザクションを保証する。それぞれトランザクションが分散型台帳に保存されているため、改ざんすることはできない。ブロックチェーンの最も優れた利点は、いつでもアクセスできるが、個人情報が隠されている。

ホワイトペーパーによる、BTCは従来の通貨の代替になることを目指している。いくつかの大手企業やプラットフォームがこの仮想通貨を受け入れている。当今、いくつかのビットコインカジノサイトで簡単にベッティングをすることができる。

イーサリアム:二番目の通貨

イーサリアムは実際に最もアクティブなブロックチェーンを備えている。イーサリアムの最大の特徴は、ユーザーが分散型アプリケーションやAppを開発することができるスマートコントラクトとオープンソースネットワークを備えていることである。

ETHは、Vitalik Buterinが率いるチームによって開発された。関連のホワイトペーパーは2013年に起案され、2015年に正式に発行された。イーサリアムは大ヒットとなっているため、イーサリアム2.0は2020年後半に発行され、世界的なノードシステムをサーバーに代えさせることを目指している。

イーサリアム(ETH)はイーサリアムのネイティブコインであり、BTCとほぼ同じ機能を備えている。プラットフォームにおける売却、購入、投票に適用できる。取引の他に、採掘を通じてETHを取得することもできる。これは、複雑な数学の問題を解いてブロックを完成させるプロセスを指す。総供給量が2100万コインに設定されているビットコインと比べて、イーサリアムの総供給量は9千万コインである。

カルダノ:強い印象を与えるアルトコイン

市場には何千ものコインが活躍しているが、カルダノが最も印象的なものである。「日本のイーサリアム」と見なされており、第3世代のスマートコントラクトプラットフォームとなっている。突然に大ヒットとなる理由の1つは、スケーラビリティ、持続可能性や相互運用性を備えていることだろう。

カルダノは2015年にチャールス・ホスキンソン氏によって開発され、2年後にリリースされた。彼はカルダノのプラットフォームを作成し、プルーフオブステーク(PoS)メカニズムを備えた新しいタイプのブロックチェーンを導入した。これは、検証者のコイン数によりブロックトランザクションの検証を実現するプロトコルである。その主な目標は、他のコインと比べて、優れたパフォーマンスを備えたブロックチェーンを作成することでもある。

暗号通貨は分散化されているため、デジタル資産を使用して、必需品を購入したり、一部のビットコインカジノサイトに賭けたりすることができる。第三者を通せず、取引手数料がほとんどまたは全くないということは最も良い点である。

実際には、暗号通貨で取引を行う際に個人情報などは不要。eウォレットアドレスを提供するか、または単にQRコードをスキャンするだけで結構。とはいえ、アクセスしやすくても、取り消しできないため、取引を行う際に注意を払ってください。

タイトルとURLをコピーしました